ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


デンマークのフレデリック皇太子様の東松島市訪問

2017-10-13 | 日記

【石巻日日新報・10月11日の記事より】

デンマークのフレデリック皇太子(49)が10日、東松島市を訪れた。

平成23年6月以来6年ぶりとなる訪問では、震災復興メモリアルパークを視察したほか、
小学校で子どもたちとサッカーを楽しんだり給食を一緒に食べるなどして交流した。

皇太子は、がれきが随所に残っていた6年前から様変わりしたまちの姿に驚きながら、
今後も復興を見守り続ける思いを伝えていた。

皇太子は
「震災は多くの犠牲者を出した悲しい出来事で有り、皆さんも大変な思いをしたと思う。
しかし、街が着々と復興に歩んでいる姿を見て、素晴らしいと感じた。
皆さんとの繋がりをこれからも大切にしていきたい」
と思いを語っていた。

以上、石巻日日新聞 よりお借り致しました。

 

~~~~~

今月8日から、デンマークのフレデリック皇太子様とメアリー妃が
来日していらっしゃいます。

今年が、日本とデンマークの外交関係樹立150周年にあたり、
その記念の行事に、御出席される為の来日だそうです。

そのフレデリック皇太子様が10日、東松島市を訪問されたとの記事を読み、
非常に感動しました。

フレデリック皇太子様は、震災直後の2011年6月14日、
世界の王族の中で1番最初に、東日本を慰問してくださいました。

放射能の汚染が危ぶまれていたその当時、
東日本を訪れることは、大きな勇気がいったと思います。

そして、デンマークの企業からの義援金を、大きな被害を受けた東松島市に贈ったり、
同市の、幼稚園や小学校を訪れてくださいました。

その時も、児童達と一緒に給食を食べたり、遊んでくださったりしたのですが、
当時、その報道を見て、有り難いなぁ~と思ったことを、思い出しました。

そして再びの訪問です。

6年経っても、未だに気にかけてくださっている優しいお心遣いに、
益々感動したのでした。

フレデリック皇太子様、本当にありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加