ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


不登校だったMちゃんが語ったこと

2017-10-04 | 不登校

中学2年生のMちゃんは、中学生活を満喫している様子です。

クラスの事、美術部の事、色々な話をしてくれます。

そんなMちゃんですが、小学6年生になってから暫くの間は、
あまり学校へ行っていませんでした。

確か、4月から12月いっぱいまでは、ほとんど行っていなかったと思います。

たまに行ったとしても午後からで、朝から学校へ行くことは無かったようです。

 

先日のレッスンの時、6年生の頃の話を聞いてみました。

その頃から2年経ち、そろそろ聞いてもいいかな?と思ったからです。

「Mちゃん、学校が楽しそうだけど、
6年生の頃は、どうして学校に行けなかったの?」

「何でだろう。。。」

「何でだろうねぇ。」

「多分、起きられなかったからだと思う。」

「起きられなかったの?」

「うん、起きられなくて、遅く起きたら、もう、学校に行きたくなくなって。」

「ああ、遅刻して行くのは嫌だもんね。」

「遅刻するくらいならば、休もうって思って、それが続いた感じかな~」

「そうだったんだ。」

「自分でも、これではいけないって、ずっと思ってたんだけど。
やっぱりズルズルと休んでしまって。」

「自分でも、これではいけないって思ってたんだね。」

「うん、それは思ってた。」

「行くきっかけになったのは、何だろうね。」

「普段、何にも言わないお母さんが、
漫画買ってあげるから学校行こう、とか、行ったら本買ってあげるよ~
と言い出したので、これはそろそろ、本当にやばいかな?と思って。」

「年が明けてからは、毎日行ったんだよね。」

「うん、行きだしたら、毎日行けるようになった。」

「そうだったのね。 行けるようになって良かったよね。」

「うん。」

 

そんな話を、淡々としてくれました。

今が充実しているから、語ることが出来たのだと思います。(続く)

 

--------------------

2時間10分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加