ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


祝 ♪1周年・ブログを始めた理由

2017-05-12 | はじめに

気が付いたら、ブログを始めて1年が過ぎました
あっと云う間に1年が経ち、私自身がビックリしています。

私がブログを始めようと思ったきっかけは、ある友人の言葉です。

その友人は看護師さんで、医療や教育に造詣が深く、
ブームになる前から【★ユマ二チュード】の本を薦めてくれたりする方です。

その友人に、発達障がいのお子さん達にレッスンをしていることを話したら
「ららみさん、それは記録として、書きとめておいた方がいいよ。
絶対、いつか役に立つから。」と勧めてくださったのです。

何度も強く勧められたので、
「そうだブログに書いて、大勢の方々に読んで頂こう
と思ったのがきっかけでした。

多くの方々に読んで頂くと、もしかしたら、
「ピアノを習わせたいけど、ウチの子は障がいが有るから~」
と躊躇している親御さんの、背中を押すきっかけになるかも~とも思いました。

果たして、そんな立派な役割を果たしているかは疑問ですが、
毎日、何かを書くと云うことは、レッスンや、自分の生活を見直すきっかけにもなります。

~と云う訳で、私はこれからも、このブログを大切に続けていきたいな~と思っています。
今後共、どうぞよろしくお願い致します。

★ユマ二チュード:ケアする人とは何者か~と云う哲学に基づく認知症ケアの手法。
認知症に限らず、様々な症例の患者さんに応用できる。

 

---------------------

20分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

障がい児教育 はじめに

2016-05-12 | はじめに

私が障がい児教育に、興味を持ったきっかけは、
独身の時に参加した、地元の特別支援学校のサマースクールです。
その時に担当したMちゃんは、言葉も喋れない程の、重度の自閉症児。
初めて自閉症児に接した私は、言い様のない程のショックを受けました。

世の中には、喋れない程、重度の自閉症が居る。
そんな事を、考えもせずに生きてきた私は、自らをひどく恥じました。
私が、ピアノを通して接してきた子ども達は、
みんな健康で、経済的にも恵まれた子どもばかりだった、と気付いたのです。

私は、その支援学校の先生に、
「ボランティアでピアノを教えたいので、どなたか私に紹介してください」
とお願いしました。
それからしばらくの間、自閉症とダウン症の、2人の女の子にピアノを教えました。
2年位教えたと思いますが、その後私は結婚して、地元を離れることになります。

子供が生まれてからは育児に専念していましたが、
いつか役に立つかもしれない~と思いながら、放送大学の教育専門課程に編入しました。
そこで、発達障碍や、心理学を改めて勉強し、卒業しました。

そんな時、自閉症のお子さんを、友人に紹介して頂き、N君と云う男の子を教えるご縁を頂きました。
そのN君については、また詳しく書くとして。。。

N君を教えることが、感動的だったので、私は再び学びの場を探し、
近くの国立大学の、夜間講座を受講しました。

現職の幼稚園や、小中学校の教師向けの、発達障碍児教育の講座です。
私は、学校の教師ではありませんが、事情を話して参加させて頂きました。

そんな感じで学びながら、障がい児へピアノを教える事に、益々意欲が出てきたのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加