ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


「秋篠宮さまは光っていました」とは高校生の感想です

2017-02-25 | 秋篠宮家の福祉活動

一昨日の記事で、紀子さまが大好きと書きましたが、
勿論、秋篠宮さまも大好きです

3年程前、次男の友人が高校生の時に、ある科学の賞を取りました。

次男の友人に会った時に、「おめでとう」と言いましたら、その子は

「ありがとうございます。
秋篠宮さまの前で授与式があったんですが、
秋篠宮さまも、紀子さまも、本当に光っていて、ビックリしました

と語ってくれました。

特別な思想を持っているわけでもない、普通の高校生の感想なのですから、
かなり、真実に近いと思います。

皇室の方々とは、そのようなものなのかな~と思ったのでした。

 

最近の秋篠宮さま御夫妻のお写真で、とても素敵な1枚を紹介したいと思います。

 
笑顔で利用者の子供に声をかける秋篠宮ご夫妻=2016年10月25日午後、静岡市駿河区の静岡医療福祉センター(代表撮影)

画像


秋篠宮さま御夫妻の、優しさが伝わってくるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中学生のレッスンで心がけていること

2017-02-24 | ピアノ教室

私の教室で、ピアノを習っている生徒さん達は、
たいてい中学3年生の夏までは、レッスンに来てくれています。

中3の夏休み前に、入試の為に辞める~と云うのが一般的です。

中には、明日は入試!という日にもレッスンに来る子がいますが、非常に稀だと思います。

そこで、私が中学生のレッスンで心がけているのは、
①飽きさせない、②無理をさせない、と云うことです。

最近の中学生はとても忙しく、部活は勿論のこと、塾通いも週に2~3日入っています。

こちらも、そのあたりを考慮しないといけないな~と思っているからです。

特に、私の教室は男の子が多いので、工夫が必要になってきます。

真面目な女の子達と違い、男の子は、やりたい事しかやらない、といった傾向があるので、
チェルニー等の練習曲は、ほとんどの子が練習せずにレッスンに来るのです。

そこで私は思いきって、中学生達には、チェルニー等の練習曲を課題に出すことを
止めました。

毎週の課題は、ハノンと名曲だけにしたのです。

趣味で続ける子達にとって、テクニックの習得は、ハノンを使えば充分かな~と、
考え方を切り替えたのです。

勿論、余力のある子、将来、音楽関係、教育関係に進むかも~と思う子には、
練習曲の宿題も出しますが。

そのように割り切ってから、レッスンも、笑顔が増えたように思います。

 

--------------------

1時間45分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紀子さまのやりくり

2017-02-23 | 秋篠宮家の福祉活動

2月14日の記事にも書きましたが、私は紀子さまが大好きです。

お綺麗だし、上品だし、聡明で、本当に憧れてしまいます。

そんな紀子さまの情報は、なるべく漏らさないようにチェックしているのですが、
先日、秋篠宮家の収入の記事を読みました。

それによると、秋篠宮家の収入は、家族5人で、年間6710万円です。

一般庶民からすると、かなりの年収になりますが、
たとえば、御公務で地方へ行かれた場合の交通費、宿泊代も、
すべてこの中から支払われているのだそうです。

また、使用人の方々のお給料も、この中から支払われていると知り、
本当にビックリしました。

また、紀子さま、眞子さま、佳子さまは、品位に見合ったお着物や、ドレスも
仕立てないといけないでしょうし、お財布事情は、かなり厳しいのではないでしょうか。

そういえば、眞子さまが渡英する時は、エコノミークラスに座っていらっしゃった~
と云う目撃情報があり、驚いたことがありましたが、あながち嘘ではないのかもしれません。

まあ、本当のことは、庶民がうかがい知ることではありませんが、
もう少し、予算を付けて差し上げたらな~と、紀子さまファンの私は思うのです。

 

--------------------

2時間

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトを弾くと頭が良くなる?

2017-02-22 | 音楽&ピアノ

最近、心身共に忙しく、疲れも溜まっていましたので、
ピアノの練習も、なかなか思うようには捗らない日が続いていました。

今日は、久しぶりに時間が取れましたので、ゆっくりとピアノの練習をしています。

今日は、モーツアルトを中心に、練習しているのですが、これが思いの他、
気分が良いのです。

一時【モーツアルト効果】が、持て囃された時期がありました。

1993年に、「モーツアルトを聴くと、頭が良くなる!」と云う論文が、
アメリカの学術誌『ネイチャー』に発表されたのです。

しかしその後、【モーツアルト効果】は、モーツアルト以外の楽曲でも効果が生じる、
と云う結果が発表されました。

しかし、モーツアルトを聴いたり弾いたりすることは、とても心地好いことですので、
心身に良い影響を与える、と云うのは事実だと思います。

私の場合は、モーツアルトを練習すると、非常に心が落ち着く様な気がします。

モーツアルトの音楽は音階がとても多く、その練習をしていると、
気持ちが「無」になるような気がするのです。

音階を美しく弾くのは非常に難しいので、音の粒を考えて弾くうちに、
心から雑念が消えるのかもしれません。

今日は、最近の忙しさで疲れた心身を、
モーツアルトを弾きながら、癒やそうと思います。

 

--------------------

2時間25分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐の日に忘れ物をしたら~

2017-02-21 | 日記

昨日の記事の従弟とは、1歳違いです。

従弟の母親は教師でしたので、従弟は、学校から帰ると私の家で過ごしていました。

ところで、私が子供の頃住んでいた地域は、台風の通り道(2016年9月5日の記事)です。
秋になると、しょっちゅう台風が通過しました。

台風が来ると、暴風雨に見舞われますので、学校はお休みになったり、
早引けになったりします。

そんなある日のことです。  私が2年生、従弟が1年生だったと思います。

従弟が「ららみちゃん、僕、学校に傘を忘れたから、一緒に取りに行って。」
と言うのです。

真面目な私は「えっ?  ダメだよ。  今、台風だし、外に出たら危ないでしょ。」
と言いました。

すると、従弟は「だって、傘を忘れたら、お母さんに怒られるよ。
ららみちゃん、一緒に行ってよ。」と頼むのです。

お姉さんの私は、従弟が叔母さんに怒られたら可哀想だな~と思い、
一緒に小学校まで行くことにしました。

外は暴風雨で、丘の上にある小学校に着くまでに、私は何度も転びそうになりました。

「ねえ、もう帰ろうよ。  危ないよ。」

と私が言うと、従弟は澄ました顔で言うのです。

「大丈夫だよ。  僕、さっき学校に行って来たけど、何ともなかったよ。」

 

えっ   さっき、学校に行ったの?   何の為に?
じゃあ、何でその時に、傘を持って帰らなかったの?
そんな思いが湧いてきて、私は呆然としました。

すると従弟は
「雨が沢山降ってきて楽しかったから、ららみちゃんを誘ったんだよ。」
と言ったのです。

その先の記憶は無いので、その後、どうなったのかは覚えていません。

 

今思うと、大人達は何故止めなかったんだろう?とか、
台風の日の下校時に、学校に傘を忘れるわけが無いんじゃない?とか、
学校に傘を取りに行く為に、私達、傘をさして歩いているんですけど?とか、

色々と、突っ込み処満載の出来事ですが
何度思い出しても笑ってしまう、私と従弟の、懐かしい思い出です。

 

--------------------

1時間30分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加