INSIDE SORAMAME

私の頭の中のキオクを綴っていくつもりです・・

2017年3月25日ダイヤ改正(8)

2017年03月22日 |   ┣ ダイヤ改正2017
(つづき)
香椎花園南口行き新設の記事の補足で、

“香椎花園南口に乗り入れる「22N」は、藤崎を発着するものも数便設定され、また、香椎花園→天神方面へは、天神北ランプ経由の「22T」も設定されるもよう”

と書いた通り、天神より西側からも香椎花園南口まで直通で行くことができるようになる(需要があるかどうかは別として)。
本数は、藤崎からは土曜2本、日曜祝日4本、大濠公園からは土曜日にプラス1本)。


今から33年前、藤崎から香椎花園行くことができた頃の時刻表。
ただし、当時は南口ではなく、駅がある正面ゲートがある「香椎花園」バス停が終点。


連休中に香椎花園南口を発着する便(この期間は臨時便として運行)を何度か目にする機会があったが、目にした便に限っていえば利用状況はいずれも低調な感じだった。

やはり、香椎花園の利用者だけでなく、沿線の住民の利用にもターゲットを拡げることを期待してしまう。
香椎花園南口への進入路がある交差点から正面ゲート方面への道路も拡幅が行われるようなので、将来的にはそういう方向にも行きそうな感じもするのですが。
西鉄貝塚線の香椎花園駅の利用客が減ってしまう懸念はたしかにあるのだが、西鉄新宮三苫から西鉄電車で来て、香椎花園でバスに乗り換えてイオン香椎浜、天神へ…みたいな利用が生まれれば、それも相殺できるのでは?などと考える。

今回のダイヤ改正では、御島崎地区への乗り入れ西鉄大橋駅~福岡空港の路線新設「46-1番」の徳洲会病院乗り入れ若久団地の奥へのバス乗り入れ…など、過去に妄想していた路線が多く現実のものとなったのだが(妄想路線とイコールではありませんが)、「全滅」ではあまりにも寂しいので(笑)、1つか2つは成功してほしいところ。



新宮中央駅周辺の運行ルートはこのように変更。

渋滞回避のため、中央駅に立ち寄らない系統とか、中央駅から直接上の府へ抜けるルートなどができるかも?と、以前の記事で書いたが、特にそういうことも行われず、「縮小均衡」に向かっている感じ(「中央駅から直接上の府へ抜けるルート」は、踏切を通るので、このご時世、実現性は低いのかもしれませんが)。

「26A」に、光陽台行きに続き、日中にも新宮中央駅行きができる、ということはあり得るかも。
(つづき)
『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年4月1日ダイヤ改正(1) | トップ | 2017年4月1日ダイヤ改正(2) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小林香織)
2017-03-22 21:00:20
はじめまして。小林香織と申します。
soramameさんの記事、いつも楽しく読ませていただいております。

私、22N香椎花園南口行きの運行初日3便目に乗りました。
乗客は全体で10~15名ほどいましたが、留学生会館前までで全員降りて、終点まで残ったのは私だけでした。

Twitterのフォロワーさんたちによると、初日はどの便も空気輸送で、バスオタくらいしか乗っていなかったとか。
(詳細はブログに書いています)

かしいかえんそのものは賑わっていたので、22Nの存在が一般層に認知されていなかったのだと思います。

せっかく御島崎地区にバスが乗り入れるようになったんだし、新設区間をうまく利用できないものか、というのは私も22Nに乗ってて感じました。
伸びしろがありそうな路線なので、このまま不採算でフェードアウト……なんて悲劇にならないことを願います。
香椎花園南口と香椎花園前の直通、ぜひ実現してほしいです。
Unknown (soramame)
2017-03-24 12:01:10
小林香織さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ブログの記事、読ませていただきました。

香椎花園南口行き、乗られたんですね。
厳しい利用状況とのことで、やはりおっしゃる通り、一般に認知されていなかったということなんでしょうね。

「かしいかえん」は、バスで行くには遠い場所、というイメージを持つ人が多いのは確かだと思います。

香椎花園の利用者をターゲットにするなら、いろんな経由地と行先があって既にわかりにくい「22N」という番号をわざわざ使わずに、「花1」とか「急行チューリップ」などを行先番号として使って、香椎浜ランプ経由で運行してみては?などとも思います。
でもそうすると、空気輸送のリスクもあって、だったら名島運動公園~留学生会館でも利用してもらえれば…という感じで、保険をかけている状態なのかもしれません。
どっちつかずの中途半端になっている感は否めませんね。

香椎花園まで最速で行けて、さらにそこから先の香住ヶ丘地区の住宅地の利用者もある、ということなら、新路線成立の余地はありそうですよね(新宮急行のIKEA+高美台のように)。
牧の鼻公園、香椎花園(正門)を通って和白通り経由で新宮緑ケ浜…とかにすれば、和白通りからイオンへの足にもなりそうですし。

イオンの駐車場に停めてイオンで買い物したら、留学生会館~南口を半額で乗れて、入園料も少し割引…のように、イオン香椎浜とのコラボレーションも考えられるのでは?とか、いろいろ思い付きますが、考えているうちに運行終了、ということにはならないでいただきたいものです(笑)。

今後とも、よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL