bu

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無量義経の甚密の義

2016-11-20 09:41:46 | 仏道 

此の無量義経に付いて歌詩として発表致します事は、古今未曾有なる事なのであります。

世尊は、四十余年間側近の阿羅漢衆に対して度々の御説法を給わりながら一千二百五十人中、

一人もお受け到さなかった事は、仏道の、要義を悉く聞き流してしまつた事実として、いなめないのであります。

世尊は、是等・声聞衆の爲に是等を・依転改造遊ばされんと思召されて、華手経より反省期間として、

三ヶ月をついやされましたが、されど一人の申し出もなく此の処に世尊は・姿を消されて・天界なる生母

摩耶婦人の爲に亦も三ヶ月の説法に、入り給い その後衆生哀愍の爲に下界へ御帰還遊ばされたのであります。

しかし後改めて 阿羅漢衆の爲に・仏道再出l発の爲に 無量義経が説かれたのであります。

是の時に当たりまして、四十余年に亘る 未見真実とは 出家の阿羅漢に対しては 授記を與へられないと云う

原則を破られて是の仏道再出発に際し、是れを動機として・声聞にも、授記を与へられる事になったのであります。

     是の事実は

       無量義経中にある 四十余年未見真実の密意として

       発表しなくてはならぬ。重大な事件なのであります。

 

是故に華手経においては・・・・・・・・・・・・・・・・・次回につづく


                   是の故に 華手経に於いては・五百と八十の他方世界の菩薩は如来滅度後の仏道湮滅の時に当たり

        其の時こそ我・此の如来乗を守護せんと誓われたのであります。

        是の仏道再出発に際して 再認識の爲に釈迦牟尼仏の滅後の仏道湮滅の時に当たり 其の時こそ 我。

        此の如来乗を守護せんと誓われたのであります。


        是の仏道再出発に際して 再認識の爲に釈迦牟尼仏の滅後の仏道を守護せんとされ

        亦其の一切の疑いを滅せられんとして 其の要義を知る能わざるを哀愍遊ばされた大御心を

        皓道聖師に依って拝聴させて戴いた次第であります。

        皓道聖師は、若し阿羅漢にして、此の無量義経を信解せりとするならば 法華経を説く必要はなかったのである。

        この世尊の密意は二千五百年年後の今日迄、只の一人も解き明かす者も無き現状を痛感して・

        如来世尊の御意志を伝えんと、良法久住と衆生成就を誓う翼従の者に対して仏力を受けて解明すと 仰せ

        られたのであります。

        此の処に於きまして、此の光輝ある法輪に浴しました感激のあまり

        歌となったのであります。


        

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  普 回 向 | トップ | 真実の仏道と模造の仏道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仏道 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。