ソラの記録

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

労なくして食む者、地震・台風の警告、決死の覚悟、地震雲、中国四川省九寨溝M6.5

2017年08月08日 23時59分59秒 | 「地球の謎解き」の情報
関連記事
・「穀物模様、労せずして地球の富を奪って金満の生活をしている人たち来世では反対の立場、核を認める政府

地震雲などの画像より
2017年8月4日 三田市 16:04《目玉雲》【西表島付近M5.3、茨城県北部M4.1】
2017年8月4日 20時19分頃 西表島付近 M5.3 震度3
2017年8月5日 07時55分頃 茨城県北部 M4.1 震度3
2017年8月4日 三田市 19:03
2017年8月4日 三田市 19:07《2本》【西表島付近M5.3、茨城県北部M4.1】
2017年8月5日 福井市 11:50
2017年8月5日 茨城 16:03
2017年8月5日 札幌市 17:48
2017年8月5日 札幌市 18:42【中国四川省九寨溝M6.5】
08-AUG-2017 13:19(日本時間 22:19) 33.20 103.86 M6.5 深さ9km GANSU, CHINA(35km WSW of Yongle, China)
2017年8月6日 石狩市 15:33
2017年8月6日 石狩市 15:40
2017年8月6日 名古屋 18:50
2017年8月6日 石狩市 18:51【中国四川省九寨溝M6.5】
2017年8月8日 名古屋 18:13
2017年8月8日 名古屋 18:15【沖縄本島近海M5.0、中国M7.0】
2017年8月8日21時27分 熊本県熊本地方 M3.9 深さ約10km 震度3
2017年8月8日17時51分 沖縄本島近海 M4.0 深さ約10km 震度2
2017年8月8日14時49分 沖縄本島近海 M5.0 深さ約20km 震度3
2017年8月8日07時35分 宮城県沖 M4.0 深さ約50km 震度2
2017年8月8日22:19 中国 M7.0 深さ約20.0km
2017年8月8日16:42 トルコ M5.3 深さ10.0km
2017年8月7日22:24 ニュージーランド M5.1 深さ35.0km
2017年8月7日22:12 中国 M4.5 深さ31.58km
2017年8月7日21:12 パプアニューギニア M5.3 深さ10.0km
2017年8月7日21:02 パプアニューギニア M5.3 深さ10.0km
2017年8月7日20:07 パプアニューギニア M5.2 深さ10.0km
2017年8月7日19:47 コスタリカ M4.7 深さ22.43km
2017年8月7日15:26 パプアニューギニア M5.8 深さ34.53km
2017年8月7日15:15 エルサルバドル M4.7 深さ10.0km

2011年8月6日
宗教法人の非課税、復興資金、いろいろなビジョン、倭の国、悪の金星、プレの悪あがき、ペルセウス座流星群

宗教法人は広大な土地に、大きな建物を持っていても非課税です。
ソラからの情報では一貫して、宇宙は平等であり、支配はいけないと伝えられています。
宗教は人間を支配するという宇宙の法則に反した組織で、あたかも死後の世界を知っているように、巧妙に誘導し、お布施と称して多額の寄付をさせています。
そしてそれらの資金は宗教組織の資産として一部の人たちだけが労せずして食むという特権と、これでもかというくらいの広大な土地に巨大な建物などに変っていますが、全て無税です。

今回、NPO法人・地球の平和のための謎とき会の集会所として田舎の中古の家を個人から借りて、活動を始めていますが、それに対してはしっかりと不動産取得税がかかってきました。
そのことで以前から宗教法人の非課税に矛盾を感じていたのと、ソラからもとても厳しい言葉になって、公開するようにと、口内にポリープもできましたので書かせていただきます。

宗教という名の元に、平和を訴えていますが、その裏では争い好きで、崇めてほしい巨大なリュージンのエネルギー体を世界中にばら撒いているので、世界中が争いの構図から抜け出せないと伝えられています。
宇宙は意識で満ち溢れているそうで、宗教は一番嫌なもの(=支配しようとするエネルギー体=リュージンなど)を崇めることなので、信じれば死後に救われるというのは真っ赤な嘘になります。

それなのに信じれば救われると人を欺いて入信させ、多額のお金を寄付させますが、その集金に対する税金は取らないで、一生懸命働いている人たちの、厳しい仕事に対してはそう多くもない収入からはしっかりと税をとる今の制度は、どうしても納得できません。

今回の震災の復興に関して、巨額の資金が入用です。
宗教も皆を助けると公言しているのであれば、寄付などという施しでなく、しっかりと払うべきものは払うようにして、政府はこの悪しき制度に対して真剣に取り組んでほしいと思います。

それとこの国の危機に際してもうひとつ決断をしていただきたいのが、皇室制の廃止です。
以前から何度も書いていますので今回は詳しくは書きませんが、宇宙の平等を壊しているこの制度が廃止されないので地球の平坦化が進んでいると何度も伝えられています。
わずかな皇族の人たちのために、巨額の税金が使われています。
皇室の資産で運用されているというのも、元は国民の税金を回しただけです。
そしてホームレスも多くいるというのに、皇族のために都心の広大な敷地を専用にしています。

囚われ人のように皇室の人たちの悲劇が現に起きていますが、皇族の方も普通の家族として暮らされるとどれほど幸せかと思います。
是非、皇居は国民のために解放し、入園料を取って国の財政に当てていただければと思っています。
国家存亡さえ心配される今の危機に、以前から思っていたことを書かせていただきました。

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

2008年1月23日
十勝地震、世界連邦、異常な社会、寒波

2008年1月23日 真夜中

「外のことについてです。
なぜ異常な寒さが続いているかというと、ヘビ(座)が支配しているのが嫌だからです。
そしていつまで経ってもソラのお知らせに意識を向けないからです。
(左下腹部に一瞬だけきついサインあり)」

軽い地震の揺れ(十勝M4.9)で目が覚める。その後、

「悪者が日本人からパレスチナに与える絵本はこれだけだと、世に知らせたのです。
それは(『ソラからの物語の冊子』をパレスチナの人たちにプレゼントしたことを)世に知られないようにするためでした。
悪者とはいつもきれいな言葉を並べて平和を唱えている人で、ヘビ座(のイシキ)の人なのです。
いかに世界連邦(の宗教者)の人たちが平和を唱えながら、ソラの情報を邪魔しているかわかったでしょう。
悪者とは世界連邦(の宗教者)の人たちなのです。
表では平和を説きながら、裏では隠れた悪者が(宗教で支配して)争いを止めないようにしているのです。
悪者に星たちが(地震を起こして)知らせるように頼んだのです。
(地震で家屋が)壊れるほどには知らせないで、と頼んだのです。
悪いこと(以前『友達物語』がパレスチナへ贈られていると知って、それに対抗するために世界連邦が用意した絵本をパレスチナの子供にプレゼントして、マスコミに公開させた)を知らん顔して知らせたのがヘビ座の人でした」

【2008年12月28日追記】
このことが12月27日にガザ空爆という悲劇につながったのです。
↓もより深刻になっているでしょう・・・

昨日、お昼休みにお世話になっている税理士さんの所に寄ったのですが、その時、その近くの喫茶店で異常な光景を見ました。
普段はそう込んでないお店に、中年?の男性でいっぱいでした。
それらの方たちは1月が越せないかもしれないと税理士さんに相談に来られた方たちでした。
極簡単に用はすませたのですが、税理士さんも悲壮な感じで、政府は全くの無策で、こちらでお金をかけて対策を宣伝するようにというだけである。
このような厳しい景気なのに、アメリカに高い石油を無料であげることに全力を挙げていた内閣に、普段は穏やかな方なのに激しい失望感を訴えられていました。

そして中小企業は今でも消費税が負担になっているというのに、17%もアップされれば、想像がつかない状態になると言われていましたが、格差が広がる現状に日本のお金はどのような流れをしているのでしょう。
やはりお金=ヘビ座というので、へび座が支配しているようです。
あの悪法案(新テロ対策特別措置法に基づきインド洋で給油活動)を強引に通した内閣は、安倍総理と同じくらい悪い内閣になるでしょう。

《ビジョン》
“左側は白い丸で、右側は竹で隙間なく編まれた竹垣のような模様。その真ん中に穴が開いて白いものが見えるが、竹垣の模様が次第に穴を閉じようとするので穴が小さくなる”
意味は
「竹垣は宗教のエネルギー体、白い穴は真実の情報のソラからの物語の冊子。
それを直接パレスチナへ持って行ったが、真実の情報を覆い隠そうとしていること」

チャネリングなので真偽のほどはわかりませんが、最初に出合った時から3度共に同じこと、大学教授でありながら統一教会の信者?ということを隠して世界連邦に参加していると厳しいことを言ってきます。

「イシキの世界ではがっちりと竹垣で見えないようにされているということは、竹垣=宗教のエネルギー体でエルサレムの人たちは遮断されているが、直接、『ソラからの物語』をエルサレムに持って言ったことで、一部のエネルギー体がやられて穴が開いた。
けれども他のエネルギー体の竹垣で再び閉じられようとすること。
ソラからの物語』が日本から持っていかれたが、世界連邦の絵本をマスコミに紹介することで、日本の絵本というと、世界連邦の絵本だと思わせようとしたのが、へび座の王子。
ただ左側は白い丸なので、現実には届いている?」

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

2011年3月18日
平らな地球へ、水星たちの暴走、波動、水からの伝言、アラブの王族

厳しい寒さが続いて想像を絶する厳しさで心よりお見舞い申し上げます。
その寒さも原発の冷却には少しは役たち、雪を集めて水に変えておられるので水も少しは手伝っていると思いました。
昨日はとてもはっきりと、長い時間【ビジョン】を見ました。

それは、
“平らな土地で土がズームアップされ、極わずかな土が動いて細くて浅い溝ができていきます。
次にその細くて浅い溝に極少しずつ土が移動していき、その先にとても小さな穴があり、その中に極わずかな土が吸い込まれていくようでした。
そして少しずつ溝が深くなっていくも、本当にゆっくりと土がその穴に吸い込まれ、次第に穴が大きくなっていくものでした。
それでも穴はとても小さな穴でした”
意味は
「宇宙の計画で地球が平らになることになったが、イシカミたちはこのようにほんの少しずつしか動かないので、ほとんどのイシカミは今回の地震のように急激な変化はないということをあらわしたようです」

それに対して水が津波として暴走したことを、次のような思いもよらないに知らせてきました。
波動の「水からの伝言」はヨーロッパでとても広まったそうですが、それで水の原子たちが暴走をしたというのです。
それは他の水の原子たちが、いろいろな働きをしているのに、限られた水の結晶ばかり意識を向けられちやほやさせていること。
そして波動の器械で水をコントロールできるとお金儲けをしていることが間違っているということです。
人間の思いだけで水の結晶がきれいになるというのなら、なぜ器械を通した高い水を買わせるのでしょう?

波動はヨーロッパ=ナトーでとても流行ったことで、それで名取川(ナトり川)で暴れたことを知らせたそうです。
そして反対に原発の暴走を水の散布で止めたと威張る予定だったそうです。
水の原子たちは人間にコントロールされることを嫌がり、人間よりもっと大きな仕事をすることができることを気づかせるために、水星の悪たちがミナシゴの原子たちを総動員させて、甚大な被害を与える津波を起こさせたようです。
そして地球が平らになった時に端になるイシカミに、地球を平らにする計画が進んでいるので、一気に断層を創るようにけしかけ人間に思い知らせたそうです。
又、人間の肉体には水は不可欠ですが、あまりにもその働きを認めることなく、水はただでいくらでも飲めると感謝をしていないことへの抗議でもあったようです。
これらの計画は水星の王と水星の神官とその仲間のプレアデナイの司令官が3つの輪を創り、若いイシカミやミナシゴの原子たちに指令を発したそうです。

掲示板より、
人間の不平等の典型なアラブの王制についてのお知らせです。

・「2007年11月2日 カナンの意味、ホームズ彗星、サウジアラビア、イスラムの法律

「(非業の死を遂げた人の)イシカミに取り付かれる者がいます。
それがアラブの王族です。
なぜならこの情報を知りながら、イスラム主義を守るために(イスラム原理主義のテロリストに)お金を渡しているからです。
自分たちは贅沢三昧な暮らしをしながら、テロリストを死に追いやっているからです。
その悪いことしているのがアラブの王族たちで彼らは悪いと思っていません」

ソラのものは、コクゾウムシのビジョンであらわしています。
すなわち労せずして、一番地球の贈り物のおいしいところを食べているということです。

2007年3月21日
ニウの集団=ファー、労なくして食む者、ラオコーン、ヘビ=アルカイド、タルムード

(前略)

もっと成長をしていろいろ、これまでや現在の地球の出来事を知らせてくれるようで、早速次のことを知らせてきました。

《ビジョン》
“白米の袋の口がファスナーになっているが、そこに小さい蛆虫が数0匹隠れている。それを庭に掃き集めたゴミの小山の中に入れる。それで駆除できると思うが覗いてみると蛆はゴソゴソとゴミに中に歩いて入っていく。そこでハエになるかな?駆除できるかなと思いながらそれで終わる”
その後そのゴミを燃やすイメージをする。
意味は

「宇宙から見ると、蛆は地球の富を労なくして食む者をあらわします。
すなわち他の人たちが汗水流して作った食べ物(地球の富)を取り上げる人たちのことです。
それは人間は平等であるべきなのにまだ王侯、皇室制が続いているからです。
又、地球の富を欲張って他の人から取り上げる人たちも同じです。
それらを蛆であらわし、いつも白米(地球の富)を狙っていて、ゴミの中でも生きているということです」

「アッパレなことをする人です。(=アッパス議長、エルサレムの城壁になったイシカミのイシキを持つ人?) 」

「(三陸沖の)プチ・スポットは『タノムゾー』と言って地球に突っ込んだイシカミが『タノムゾー』と必死の思いで伝えたのが“タルムード”なのです」

先日、離婚の慰謝料に1兆円というニュースがあったのが、頭に浮かびます。

・【原子とニウ物語(雲、虹、地震雲、などの意味)

(後略)

2006年9月17日
夜空の星は怖い、台風13号、アトランティス。肝臓、リュージンのエネルギー体の増強、旧宮家復活説に対する怒り、《労なくして食む者》

(前略)

16日に、台風がなぜ九州に向かうのか聞いても13号は「ムー君です」というだけで黙っていました。
頭に浮かぶのは伝統芸能というだけで、市を挙げてもてはやしている“長崎くんち”のリューや同じくリュー頭の“ベーロン船”で、リュージン支配の強いことを嫌がっているようです。
特にベーロンというのは、大蛇がベロリと舌を出しているようで音だけで気持ちが悪いです。

(中略)

昨夜寝る前に、旧宮家の復活を考えていると記事を読んで寝た後、いつものことなのになぜかこのことが頭に浮かんで、怒りがこみ上げてきてなかなか寝付けないほどでした。

今日、出かけた車の中で
「ふいに来るものです?」と。
(これはなかなか意味がわかりませんでしたが、急に進路を変更した台風13号のムーノイアのようでした)

「怒りが沸き、怒っていたのは私が知らせていたのです」
と言葉になりました。
イシカミのムーノイアの怒りを感じていたようです。

それはこれだけ貧富の差が開いているのに、これまでの福祉のお金を削減し、弱者からも増税しようとしています。
そうでなくても弱者から取り上げたお金で、意味もない(イシキの世界ではとんでもないと言っている)一部の人に、なぜ贅沢させなければならないかと思うと、無性に怒りが沸いてきます。

ソラのものも《労なくして食む者》として、昨年も“お米に湧く虫”のビジョンで知らせてきていますが、皇室崇拝がますますひどくなっていくからのようです。

(後略)

2010年12月26日
二つの巨大地震、切り開かれた地球、バックはしない宇宙の計画、コウフクノカガク、宗教の無税、税の不公平

1)バヌアツ島近海M7.3の地震と地震雲などでの警告
25-DEC-2010 13:16 M7.3 深さ24.4km VANUATU ISLANDS REGION
26-DEC-2010 02:13 M6.2 深さ8.5km VANUATU ISLANDS

2)宇宙の進む道を知らせる穀物模様NO233
「宇宙の進む道をあらわしています。
大きいのが、宇宙の大元で以下ホシノミナ、射手座の女王で以下イシカミ、両側の丸は名の無い星たちです。
それらが一生懸命働いてくれています」

3)ヨーロッパ、アメリカのクリスマスの猛吹雪=宗教による地球支配のソラの警告。

地下空洞から出て行くものたち
父島とバヌアツの大地震(M7.3以上)によって、先日からのお知らせの北半球と南半球の間の地下から出て行くモノをあらわしています。

2010年12月23日 朝、目が覚めて

「今に真実のことが広まるかというと、そういうことはないことがわかりました。
今、知らせることが知られるようになるには、地球が平和になってからです。
(現実には無理ということ?)
そのことをアセンションと言っているようです。
それが地球の現実です。
今に星たちが見るものの世界を今以上に知らせてきます。
それが岩戸開きになります?
日本人が知らん振りをすることが地球を苦しめているのです。
マに組する人が、今なお増え続けていることで、見るものの世界が変わります」

(特にマスコミがとても大きな影響があると思います)

2010年12月24日 真夜中寝ていて突然目が覚める。その後の
《ビジョン》
“黒くて三叉の真ん中が長いような刀”
意味は
「見えない世界で、地球を切り開いたのです。
何もかもお知らせすることとは、お掃除をしたいと思っていることです。
大元が刀で地球を切り離したのです」

↓の読者が見られた地球を切り開くというのとあっているようです。
12/19読者からの報告です。
「18日の夜、夢のようなビジョンのようなもので、変わった光景を見ました。
地球の一部分からソラへ向かって稲妻ようなものが逆三角形の形で放射しました。見た後、地下空洞から何かが出たのかなと思いました。光が出た後、地球がパカッと二つに分かれて、地球さんがすっきりさっぱりとした様子でした」
最近、これまでにない大腿などの裏側にサインがあるのも関係しているかな。と思っています。
今は右足クルブシにサインがあります=本当?。

12月25日10時40分
右親指のツケ根の内側にサインあり。

「ムーはなかったとムナカタと教えたのは、シリウの長官でした。
すなわち地球でした。
なぜかというと、(沈んだムー大陸を)丸くなって地球の中に入れてしまったからです。
アトランティスは原子が分解しましたが、ムーは沈んだだけだったからです。
それでムーのイシキはしっかりと残って知らせてくるからです」

左足首前部にサインあり。
12月26日 真夜中、目が覚めて

「バヌアツ(M7.6)の地震は、地球が割れたことを知らせています。
小笠原(父島のM7.3)が北半球、バヌアツ(M7.6)が南半球で割れたのです。
(ロールケーキの端が離れたのと同じ)
(クリスマスのヨーロッパやアメリカでの)大雪は地球を浄化しています。
(宗教による支配をあらわす)クリスマスを警告しています。
これから知らせることはシリウの長官が知らせます。
いて座の司令官の言うとおりにします。
大きな被害を出さないで地球が平らになっていくことはできません。
(地球が死ぬ前に)間にあうようにしました。
(どんな風になっていくのか?)
それは必ず地球が変って行くということです。
いわへびが???なったからです?
何もわからないうちに(地球が)平らになることはできません。
毎日の(チャネリングの)言葉でこれからの地球の進む道がわかります」

左ひざの内側にサインがあり、目が覚める。

「地球が割れたことで、まずアメリカが沈みます。
(イシキの世界のこと?ロールケーキが伸びると、アメリカは反対側になる?)
福岡の事故がそれを知らせています
ひのされ???・・・」

(福岡の大宰府で7人が2台の自動車の衝突で池にはまって亡くなられたこと)
右ひざの内側にサインあり、目が覚める。

「そして???なのです。
(アメリカの)亡くなる人たちのイシキが、次の人(生き残ったユーラシア大陸の人?)に知らせます」

右足親指にサインあり。

「それが2回の(大地震の)お知らせです。
(生き残った人たちとはどこで起きるのか?書いていると右手人差し指のツケ根にサインあり。南北アメリカ以外?)
それが違うのです」

《イメージか夢》
“車の後ろバンパーが、上下に分かれていて、ボルトで止めてある?のが外されている”
意味は
「以前(バックをしてバンパーをへこませた)の事故で知らせています。
(宇宙の計画の)後戻りはしないということです。
(読者より大元が引っ張っていくというのを知らせてくれた穀物模様と関係がある?)
前に進むだけということを、ソラの人に伝えてください。
一刻も早く知らせたいのです。
ムナカタはシリウの長官の指示で動いていたのです」

(右目がゴロゴロする)
右手首にサインあり。

「伝えたいことは醜い人たちが、気づくことを待っていることはできないと言うことです。
それがスカン指導者につながります?」

朝、目が覚めて

「悪くなることは、地球が死んでしまうより良いのです」
(大きな変化が起き悪いことが起きるけど、地球が死んでしまうより良いということ)
知らん振りをしている権力者に必ず知らせてください」

#)大阪と福岡で、二人がコウフクノカガクの豪華な建物に誘われるように道を間違ったのはなぜか?

「それ(豪華な建物を)建てさせる人は死後の世界を知らないからです。
見える世界で豪華にするのは、死ぬと見える世界と反対の世界に行くことになるのを知らないからです。
悪いことではありますが、それが本当のことなのです」

12月26日 

「マイナス面ばかり言いました。
けれども地球にとってもは良い流れなのです。
これからは真実がわかる人たちが救われます」

「春までに地球は四角になります。
(イシキの世界だけ?)
急いで政府に知らせてください。
そして本にしてください」

《ビジョン》
“モスグリーンの中に白い丸っぽいものがあり、それが遠くへ去っていく”
意味は
まだわかりません。
(追記、このビジョンは2011年にも何度か出てきて、その後へびつかい座の王と木星の王の悪がわかりました)
その後、生臭い臭いが一瞬だけする。

「名のない星のものです。
ヘビの星が息も絶え絶えになっていることを知らせました。
(これまで)知らせたことは本当のことです」

先ほどチャネリングと言う形でなく、頭に浮かんできたことが本当かと聞くと、
「その通りです」と。
それは宗教団体は人をだましてお金を取り上げ、それには税金がかからないということで、ご存知のような贅沢三昧な教祖の生活や建物に使われます。
それに対して、平和のために活動をするのにも、必ず税金がかかってくるということがどうしても納得できません。

そしてこの情報を政府に届けてほしいと言うことですが、それをしても変わりなく(特にアカデミー、マスコミなど)ヘリコプターでのサインだけで終わるようなら、更に計画は早められると言うことです。

地球が死ぬより四角に戻ると言うほど、地球は宗教や精神世界などでイシカミの封印がなされ、瀕死の状態のようなのは、真っ黒な頭部のビジョンでわかるようです。

2003年9月29日
労なくして情報を利用する人、尖った雲

次のことはチャネリングで知らされたことですので、判断はご自由になさってください。
又この情報により何らかの損害を受けられても一切の責任は負いません。

【ビジョン】が見える。
“まず、真横に薄白色の光の帯がはっきりと見える。次に縦に同じ光の帯が現れる”
意味は
「地震雲を写真であらわしたことをビジョンで知らせたそうで、意味を聞くとやはり同じ事で、‘情報を信じる人と信じない人にしっかり別れている’
ということをソラのものは伝えたかったようです。
意味を聞いた後、もう一度はっきりと同じ【ビジョン】が見え強調。
“その後一面格子柄になり、とてもはっきりとした白い稲妻?よう模様(=白い木)が現れ、その後小さな複数の顔が現れ、消えていく”
意味は
「格子(思い込みに捕らわれている?)の中から見ている人もある」
という意味だそうです。
最後に
「この情報を労なくして得て、自分や身内のみの安全を図ることに専念し、ましてやその事で利益を得ようとしても、イシカミのロボットはしっかりと見ているでしょう」
とも付け加えていました。

夏ごろより“先が3つに分かれて尖った雲”を数回見ていました。
意味を聞いても分からないのでイカの足の3本かと、勝手に解釈していました。
今日はその尖がりが一つしかない雲があるので、しっかりと聞いてみました。
なかなかわ分らなかったのですが、ようやく「厳しいお知らせのことなのです」と伝えてきました。
又角張った雲の上に帽子をかぶったような雲はいて座の女王の姿だそうです。
クロップサークルでは冥王星の女王(=白色星団の団長)が、やはりいつも帽子をかぶった模様で描かれていました。
クロップサークル(穀物模様)NO.106参照。

イシカミのロボットとは、意識体で光の玉としてデジカメなどで撮られますが、この情報に出会われた方の側で見ているそうです。

2004年9月6日
スカル&ボーンズ、お知らせ

2004年9月6日 真夜中目が覚める

「緊急事態なので起きて貰いました。
(ソラからの)お知らせを読み乍ら他人事のように思っている人たちへ。
その事(他人事)が 一番気に入りません。
自分さえ知ってお知らせされる事無く、平穏無事に過ごしたいと思うだけでソラのものに対して何の助けもしない人たち。
ロボットたちの情報によると、なんとその人たちが多い事が判りました。
その人達は今度のいろいろな事件に加担しているのと同じなのです。
ましてやこの情報を妨害する人たちは思い知らされるでしょう。
エヴァンゲリオンを製作して多くのお金を得た人たち、
知らせても知らせても、恐怖を売り物にお金を儲ける人たちが若者の生きる希望を奪い、
折角人間として生まれてきたのに、その素晴らしさを放棄させているのです」

咳が出て目が覚める。

「次のことも書いてください。
これまでプレアデナイの宗教に支配され悲惨な歴史であったのに、それを美化している指導者(創○学○、石○都知事)やマスコミに我慢なりません。
(石○都知事は 霊○会の信者で、その事が嫌で、三宅島のイシカミが長い間噴火したと以前知らされました)

悪の頂点だったリューやキトラ(黄色のトラ)を神と崇めていたものを、多額のお金をかけて保存しようとする事に????(文字が乱れてわからない)
悲惨なこれまでの宗教に支配された歴史をひたすら美化するTV局(特にNHK)も同じです。
大雨で何度もお知らせをしているのに聞く耳を持たないからです」 
(四国、和歌山奈良の大雨)

再度咳で目が覚める。

「すみませんがこれも書いてください。
一国の大統領(ブッシュ)がいにしえに作られた秘密結社に入っています。
(スカル&ボーンズ)
スカル&ボーンズこそ、イルミナティーの本拠なのです。
スカル&ボーンズの名前があらわすように、この結社は死体製造結社なのです。
これまでのいろいろな出来事を思えば判るでしょう。
民主党の 岡○も会員なのです。
(イシキの世界の事なのでこれは現実にはわかりません)
彼の訪米先の発言で判るでしょう。
(先日アメリカで、国連主導の元に日本も軍隊を作り派遣すると発言して驚きました。イシカミに対抗するために、見えない力が必要と思った?)
スカル&ボーンズ、すなわちイルミナティーにエネルギーを与えているのは、人間のあくなき欲望の思いの固まりに発生するエネルギー体です。
宗教界のエネルギー体にエネルギーを与えていたのが、このイルミナティーのエネルギー体と判りました。
一番いけないエネルギー体でした。
それを消滅するために、イシカミ達は決死の覚悟で台風や地震でお知らせしているのです」

ソラ辞典より
イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
・【ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月8日のソラ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穀物模様、労せずして地球の... | トップ | クロップサークル解読2017そ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む