ソラの記録

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

キュウジョウ(宮城)が人々にとって必要か、宇宙(ソラのもの)は問いかけているのです

2017年07月16日 21時20分11秒 | 「地球の謎解き」の情報
皆様からのお便りより
2015年11月25日
【裕仁昭和天皇の戦争責任について】まとめ

【昭和天皇の戦争責任について】
8月15日号のタイム誌に昭和天皇の戦争責任が載ったそうですが、これまでソラから知らされたことや、新たに連絡があったことなどをまとめてみました。

・・・・・・・・・・・・・

・「2012年6月5日 都の地震?、政治家への警告、ミナノコ、太陽、ペトラ=カシオペア座、プレの王=ミケーネ(三毛猫)、キンリュウ=金魚?、稲妻」より

「ナラクにいるものです。
ソラにあがりたいのですが、悪いことをしたのであがれません。
若者が殺してやると襲ってくるのです。学ぶことは死んでからの方がいつまでも責められるということです。
早く皇室を無くすように伝えてください。
それが続く限り、地球に平和はきません。

その原因は人間の平等と壊している皇室制がなくならないからです。
そしてあまり知らないのですが、宗教のせいだと言われ続けています。

今、人々の苦しみをさらに強めようとしていること(消費税増税)が行われようとしています。
その税の行き先をしっかり知らせてください。
大勢の人を従えて見物したり話をすることは、人々から取り上げた税金を使っているだけです。
遊びほうけた子弟を海外で学ばすために税金が使われることも許されません。
(人間を通してこちらの世界から見ていると)ソラが怒るのもやむをえないと思っています。
かって神と呼ばれたヒロヒトより。
ナラクにくる事のないように知らせてください」

ちなみに昭和天皇の葬儀は約100億円だったそうです。
毎年、
皇室費:62億3千9百万円+宮内庁:106億2千5百万円=170億円
が10数人の皇族のために使われていることになります。

・・・・・・・・・・・・・

・「2011年3月14日 放射能、本性が出てきた石原都知事=ラダ星の長老」より

皇族10数人に部下(宮内庁)の職員1000名、その費用数百億。
そのためだけの専属の警察、消防署、病院、牧場などの無駄遣いで、仕分けになぜメスが入らないのか不思議です。
根拠もないのに遺跡を勝手に皇族の古墳に指定し、学者すら入らせないなど時代遅れもひどいものです。
皇族も籠の中の鳥の状態で、その悲劇を皇太子妃が知らせています。
一人の葬儀や結婚式に1億円、何よりもこれまでの戦争は全て天皇の名の元に行われたのに、なんら責任を取る出なく優雅に人生を送りました。

その戦争責任の実体は、ネット上ではこれでもかというほど出ています。
厳しい環境の中、ホームレスがあふれているのに、広大な土地で自然に囲まれ優雅に暮らすというのは
平等とは程遠いものです。
ソラからの情報もそれは詳しくいかに皇室の祖が悪事をしてきたか、
いかに今の皇室が隠れてリュージンを祭っていたか詳しく知らせてきています。

・・・・・・・・・・・・・

・「2011年5月31日 ピラミッドの謎、石炭博物館、トンネル内の電車の脱線、ソラの警告、カゴメ紋の時代へ、アンモナイト=宇宙の大元、地球の変革計画の推進、ノアの箱舟」より

#)地球の変革がすすめられるひとつの原因が、人間の平等を壊す皇室制と以前から知らされているのですがなんら変りありません。

被災地の読者からの連絡です。

「先週は秋篠宮夫妻が被災地訪問として二日間滞在していきましたが、ソラには大きく雲でバツ印がありました。
避難所の人たちを励ましに来たのでしょうが、護衛の人たちで仰々しい感じでした。
あの方々に対応する時間を割いた分、1日復興が遅れるのですが、分からないのでしょう。
帰ってホッとしました。
いろんな偉い人が視察に来ていますが、復興は実感できません。
肩書きのない、普通の人たちがボランティアで活躍しています。
天皇・皇后が岩手にヘリで来たときは、ものすごい嵐でヘリが飛べなくなり延期したことがありました。
暴風を起こして、来ないでと、訴えたのだと思いました」

・・・・・・・・・・・・・

・「2014年12月14日 宇宙の平等を壊すモノ」より

被災地などの受け入れる人たちは、自分たちのことだけでも大変なのに、迎えるためにそれはいろいろと準備が大変でぼやいているのを聞きます。
又、10数人の皇族のために、都心の広大な土地に、専用の病院、警察、牧場など以外に我々には知らされていないモノがたくさんあるそうです。
都心で働く人たちは、それこそウサギ小屋と言われる狭い部屋でも驚くほど高いのに、地図で見ればいかに広大な土地を皇族19人が独占しているかが良くわかります。

平成26年度は、総額170億円弱が、それらの皇族のためと、宮内庁の職員職員(特別職52人、一般職員955人)皇室の物として使われますが、もちろん国民の税金からです。
そしてまともに学校へ通えない子供でも将来は女性天皇ということで、SPは5、6人付いているそうです。

まだ存命中の天皇夫妻のお墓が山を削って大がかりな工事がされています。
狭い土地でこうして天皇家だけの特別巨大なお墓が造られていくのですが、そのお墓はイシカミの石室を真似ているのです。
そのことでもソラはとても厳しく糾弾しています。

・・・・・・・・・・・・・

・「地震雲:2011年4月7日 東京 16:48《光環》【宮城県沖M7.4、M4.7】
以下、重要ですので繰り返します(by投稿者)
2011年4月7日 23時32分 宮城県沖 M7.4
2011年4月7日 23時49分 宮城県沖 M4.7
2011年4月8日 05時47分 福島県沖 M4.4

なぜ“宮”の名前のついた地名にいろいろな災害が起こるか?
ソラからの警告をもう一度見直してください。

昨日のお知らせの警告から
#)両陛下、避難所を歴訪へ 復興状況視察の意向も(2011年4月6日ニュース)
#)皇太子夫妻、アキシノミヤ夫妻も同じく避難所へ(2011年4月7日ニュース)
↑の言葉はそのためだったようです。
これから何が起こっても不思議でないでしょう。

掲示板より
・・・皇居の水道代約932万円(2001年5月分)、電気代約841万円(同)、ガス代約340万円(同)、テレビ受信料約179万円(同1年分)・・・
皇居だけで841万円も電気代ということで驚きました。
牧場、別荘や宮内庁やらあわせたら十数名のために使われてる電気はすごい量ですね。

・・・・・・・・・・・・・

・「ソラ画像:皇居
この広大な土地に10数人の皇族と、いわゆるお世話をする人たちだけが住んでいます。
勿論、国民の税金で、あらゆる最高の設備を備えられているようです。

・・・・・・・・・・・・・

・「2007年1月24日 削除した一部の文」より

「(サイパンへ天皇、皇后が)周りを巻き込みながら(高額の費用をかけて)慰霊に行く事は、なんら罪滅ぼしにはなりません。
天皇制を無くすることが一番大切な事なのです。
そのことを若者が知らせたのです」

世界一長く続いた皇室と言われていますが、人間を創りだした神聖な石室を、勝手に個人のお墓にして世界一長く封印しています。
このような遺跡は人類、皆のためにあるものです。
そして、この情報を知りながら全く無視し、古代から支配星に教えられた儀式をありがたい伝統と思わせ、勝手にお墓にしておきながら、墓を暴かせないと遺跡の研究すらさせないは国民を愚弄していると思います。
貴重な巨石遺跡を個人のお墓として、古代の権力者が勝手に使用しただけであって、人類の歴史の検証のために、早急に公開をしていただけますよう宮内庁の決断を切に望みます。
これまでなぜ、何度も宮城沖で発生するのか?
キュウジョウ(宮城)が人々にとって必要か、宇宙(ソラのもの)は問いかけているのです。
人間の根本の平等を壊している、王室、皇室制度が続く限り、地球は生きていくことはできないでしょう。

※戦前は皇居のことは「宮城(きゅうじょう)」と呼んでいたそうです。
・「皇居」より
・・・第二次世界大戦後に宮城(きゅうじょう)の名称が廃止された。・・・

・・・・・・・・・・・・・

天皇の戦争責任で、東条の言葉を取り上げていますが、これが本当と思います。

・「2006年7月30日 天皇の戦争責任について」より
・・・、『いやしくも日本人たるもの、一人といえども陛下のご意思に反して行動するがごとき、不忠の臣はおりません。いわんや文官においておや』・・・

・・・・・・・・・・・・・

・「2011年2月25日 月虹と赤い月、ニュージーランドの地震、エン・マ、エン・クウ、エンの仲間、王族=労せずして食む、如意棒、トリ・ポリ

2011年11月19日(土)より
#)掲示板より
昨日ニュージランドで大きい地震がありましたが、3.11の前にもニュージーランドで地震が起きました。
18-NOV-2011 07:51(日本時間 16:51) -37.61 179.24 M6.0 深さ26.0km OFF E. COAST OF N. ISLAND, N.Z.

・・・・・・・・・・・・・

・「2011年11月19日 宇宙(ソラ)からの警告」より

ニュージーランドはイギリスの宗主国で前時代的な、皇太子の王子が結婚することで、王制が変らないことを警告しているようです。
又、キリスト教を示す名前で(クライストチャーチ)、一番の名所の大聖堂が倒れているのも、宗教による支配が変らないことを警告したようです。
今回もチベット仏教・リュージン信仰のブータン国王の来日(=宗教による支配が変らない)、天皇の病気(肺炎)で皇室報道が増えている(=王制が変らない)、それに加えてひどい政治(=一部の金持ちしか徳をしない、結局天皇制維持)と条件は十分にそろっています。

ちなみに、アル中で入院した三笠宮寛仁は「皇族は国民健康保険に入っていないから、病院代は全部払わないといけないんですよ」と言っているのを読んだことがありますが、それも国民の税金のお金です。
東大病院の特別個室は1日の部屋代は19万円だそうです。

その後はひげの殿下のアル中入院も何度もニュースで見ました。

・・・・・・・・・・・・・

・「2006年8月25日 イラクからのメール、ドゴン族、シリウスB、C、部落開放指導者」より

*)「反天皇制は部落解放の核心である」?終戦時10代だった人の論文より
>部落差別の原因は個々の人間関係を超えた社会の仕組みやさらに歴史に求めるほかなく、これらの領域を見極めることによって、はじめて理解できる。
>「天皇は木曽のご料林はじめ、全国にたくさん土地を持っていて全国一の大地主なんだ。それに日本郵船や大阪郵船などの株主で日本一の大金持ちでもある。このことを忘れるな」
>天皇陛下のために戦い、死ぬことこそが、臣下であるわれわれのつとめだということを、なにかにつけて教えられてきた天皇が、その責任をどうとるのかということに尽きた。
>(天皇巡行で) 軍人としての姿を背広にかえて、天皇でありつづけている。よくこんなことができるな。いい加減な男。近衛はじめ重臣の多くは死を選んだ。自殺することを求めるのではない。せめて天皇の位から降りるのが、礼儀だと思った。
>「天皇制の打倒なくしては部落民の解放はありえない」1933年(昭和8年)3月全国水平社第11回大会の運動方針討議会の意見書から「日本における政治的反動と封建制の一切の残存物と強力な主柱である天皇制は、特殊部落民を封建的身分関係に束縛する根拠である」
>「天皇・華族等のいわゆる貴族搾取階級全体に対して抗議したのである。…身分の低い卑しいものがあるから、崇められるべき、身分の高いものがわかるのであり、天皇その他をあがめさせるためには、ぜひ賤しいものをつくっておかねばならないということである

ソラの情報でも、98年から天皇制の始まりが被差別部落の始まりと伝えてられています。
ヤマタイコクは四国にあって文字も作られ文化が栄えていたが、ジンム率いるヤマトに攻め滅ぼされ、仏教の88箇所で封印されて四国は死の国と呼ばれ、ヤマタイコクの人々はヤマトへ奴隷として連れて行かれて、被差別部落民として、田を作らされては取り上げられていたと伝えられました。

*)【ヤマタイコク物語

その後も次々と情報が知らされ、現在残っているいろいろな行事、伝説などと一致し、情報の内容には確信を持っていますし、このことを知ることで差別に苦しんでいる人が一人でも自信を持ってくれるとうれしいと思っていました

・・・・・・・・・・・・・

・「2004年4月23日 ダイアナ妃、ビジョン、人質被害者への請求と王室の儀式の費用」より

皇太子様が、デンマークとスペインの王室の結婚のために渡欧されるという記事を読んでいると。

「華やかな王室の儀式に参加する費用と、今度の(人質の)事件のお金の意味を思ってください。
わずかなお金を集めて、貧しい子供になんとか文具を与えようとした人に(損害賠償を請求する)冷酷な政府のお金の使い方をよく見てください。
外国の人には温かな言葉があるのに。
(ル・モンド紙やパウエル長官は、あの3人を讃えるべきだと発言した事) 
(小泉首相は)見えない世界を信じるのに(靖国神社や伊勢神宮に参拝する)、長い間争いをさせてきた支配星の作り上げた神社しか信じません。
(ソラからの情報を)無視し続け、アラブの人たちまでこの情報が届かない事で今の惨劇がさらにひどくなっているのは、日本の政府、マスコミ、学者達のせいなのです」

数年前、スペインの王宮の前に立った時。
「ここにも無念の血がたくさん流され、その上に建っている華やかな王宮です。
これまでに多くの人々の犠牲の結果得た権力や華やかな生活は、充分に体験したはずです。
世界の王侯貴族は、地球の贈物を人々に戻すように伝えてください」
というような事を言われました。

・・・・・・・・・・・・・

・「2004年12月19日 斂葬の意味」より

高松宮妃の葬儀の値段、1億3100万円。

・・・・・・・・・・・・・

・「2005年11月9日 新しい太陽と黄砂、低温核融合、苦しむことを楽しむ者、昆虫の星、西遊記、ソラからの天皇制など」より

メールより抜粋させていただきます。
「皇室有識者会議で女性天皇が認められたことに対して、新聞ではあまり論じられていないのということは、マスコミが及び腰ということで残念・・・。
その中でA新聞は3通りの意見が載っていて、女性学者は皇太子妃と同姓の立場や人間の平等の原則から、皇室制度そのものに疑問を投げかけた意見があったが、そのことすら反論している週間文春にはあきて・・・。
(中略)
他人が汗水たらしたお金を、嫁入りに1億5000万円も持たせたり、動物に着物を着せた悪神の絵の保存に1億かけたり、猛暑の中、暑さで死ぬものもいると言うのに、そのような悪神の絵を冷房装置で守ったり、・・・。
それに比べて、巨石遺跡に対する地図すら日本にはない、今の学問の向かう先に希望はない・・・」

これは私も同じ思いです。
増税がささやかれているのに、税金の使い道が気になります。

2015年11月26日
天皇制についての感想【追記】

読者からのメールです。

・・・・・・・・・・・・・

昭和天皇はイルミナティの仲間だったとは!
これで謎が解けました。

日本の太平洋艦隊が真珠湾を攻撃した時に、米国の哨戒機は、前もって日本艦隊が真珠湾に接近していることを探知したらしいのですが、それをトルーマン大統領に報告したところ、彼はその報告のメモ用紙を丸めてぽいと屑籠に放り込んだという情報を過去に読んだことがあります。

結局太平洋戦争も、イルミナティが計画してわざと日本に真珠湾を攻撃させて、トルーマン大統領は日本艦隊が近づいてくるのを今か、今かと待っていたとは!
そしてパールハーバーを日本にメチャクチャにさせて、米国人に「リメンバー パールハーバー」と叫ばせて、戦争したくない一般米国民を戦争に引き釣りこんだのですね。
トルーマン大統領は、日本が真珠湾を攻撃することは、イルミナティからずっと前に知らされていたのですね。
パールハーバーに停泊していた主要な軍艦が、前もって他の場所に退避させられていた謎がこれで解けました。

とすると、日本が米国に宣戦布告をするのが開戦より数時間遅れてしまったのも、わざと日本側の事務上の手違いが起こるように工作されていたに違いありません。
ここでも、戦争したくない米国人を怒らせる手が真珠湾以外にも打たれていたと考えると筋が通ります。

世界の首脳がイルミナティの仲間であれば、なんでもやりたい放題ですね。

・・・・・・・・・・・・・

終戦後、日本は全てを失ったと国民を騙しツギをあてた背広を何年?も来ていたという海外で紹介された絵本があったと思ったのですが、検索しても見つかりませんでした。
(これは子供の時に親から直接に聞いたことがあります)

・「2007年2月2日 皇族、ヤモリ、爬虫類、金正男、巨大なリュウジンのエネルギー体」より

*)「週刊文春が報じた 女性皇族「奔放HP」の中身」(2007年2月1日ニュース)

「私も親さえ良いなら胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ?…間違いなく縁切られますからね(笑)」(06年8月1日の日記)

留学と称して税金をこのように使っている人に敬語を使った記事を読んで、やはりおかしいと思います。
今、格差がひどくなっているのに、これを読んでも天皇制を支持する人たちは天皇制を必要と思われるのでしょうか?
そしてこの記事がすぐに消えていくのもふしぎです。

金正日は戦前の天皇を真似していると伝えてきています。

宗教の違いで起きる戦争は、その悲惨さで宗教の弊害をあらわしていますが、人間の平等を壊す王制などが昔と同じなので、狂信者は昔と同じように今も争って、そのことを一生懸命知らせているようです。
ノーベルの火薬がこれほど悲惨な自爆テロなどに使われ、火薬によってお金が儲かることにノーベルのイシキはなんと思っているでしょう。

・・・・・・・・・・・・・

【追記】
天皇・皇室に関係があるソラの情報です。

・「2005年5月16日 戦死者の想念、たまらない怒りが涌いてくる地球(の意識)より、日光の地震」より

真夜中突然目が覚めて

「・・・死んで行ったのです。
(この前に何か言っていましたがメモが間に合わなく忘れました)
なぜこのように (わざわざ起してまで) 伝えてくるかというと、
(昭和)天皇陛下の為に死にたくないのに死んでいった兵士が100万もいたからです。

【日本の兵員死亡者数=1,174,000名余、日本の民間人死亡者数=670,000名余】

(昭和天皇は)一度も死ぬほどの恐怖にあう事もなく死んでいった人です。
死ぬ事が国のためだと言われて、動物以下の暮らしをさせられ、あらゆる生き物(ヘビやネズミ)が極上の食べ物だった私たちは、父や母、妻の元に帰りたいと、気が狂うほど思い半ばやけになり突撃していきました。
その多くの若者達のこの無念の思いは、天皇という名前が存在する限り消えていないということを(その事を伝え聞いている者は)示さねばなりません。

王侯貴族が極上のワインと贅を尽くした料理に舌づつみをうっている時、ゴミ捨て場をあさり、病気の母親と幼い弟の為に必死で食べ物を探していましたが、そのTVを見てなんと思ったでしょう。
(実際はとても厳しい言葉で、、書けない)
(TVでゴミ捨て場で暮らす親子を放映していました)

地球人が平等に受け取る事ができるようになるソラの情報が、世界に広がらないのは上に立つ人(政府、マスコミ、科学者、皇族も含む)が認めないからです。
それで、今もなお毎日多くの人々が絶望し、爆弾を巻きつけた人の道ずれの犠牲になっています。

今、地球(の意識)はその様な人間を(人間の目を通して)見る事ができるようになりました。
新緑や咲き乱れる花々を見て、天国とはこのような所かと心うれしく思っている人もいれば、想像を絶する空腹とゴミの臭いの中で暮らす人々、お腹一杯食べても食べきれずゴミとして捨てている人々、親が子と、子供が親を殺すこの地球の人たちを見ています。
(目がゴロゴロしてイシカミが降りている様子)

射手座では皆平等でした。
地球を希望の星にしたいと思う気持の強さで、王や女王が決まりました。
他者を犠牲の上に成り立つ地球の王侯貴族とは全く違うのです。
その同じ仲間同士(王侯貴族や皇室)で遊びに行く事が国の友好の為という事はして出来るものではありません。

人々の(税金で)お金で贅沢をしているのは、親のお金で贅沢をして遊びまわっている若者と同じです。
このことを、ソラのもの、イシカミ、シリウスたちは良く知っています。
(皇室制度は)人間皆平等という法律からずれています。
(皇室の人たちの)自由を認めず、操り人形にしています。
それは(日光で象徴される)将軍と同じということを、(栃木県の)地震と、(関東地方の)雹であらわしました。
たまらない怒りが涌いてくる、大人になった地球(の意識)より」

・・・・・・・・・・・・・

・「2014年10月25日 日本の文字、ペルシャと倭の国、教育とテロ、メキシコの大学、長い野、日月神示、槍ヶ岳とセイタカアワダチソウ、脳」より

日本にはかっては長い年月の縄文時代という高度な文明があり、残されている証拠もありますが、文字として残されていないために謎とされたままで認められていません。
なぜ、日本古来の文字が残されなかったかというと、大陸から侵略してきた一族により、それまでの文字は書くとヘビになると脅かして、文字を残させないで、自分たちの都合の良いように物語(古事記や日本書紀)を創って、日本国民をだましてきたということです。
実際に古い神社にはヘビ文字の掛け軸などが残されています。

詳しく知らされてきたこれまでことは、弊社(ソラ星出版)の『ソラからの真実の歴史』に書いていますが、新たなビジョンによりさらにはっきりとつながってきたと思います。

けれども現実には人間の力では到底不可能な巨石遺跡や、前方後円墳なども全て天皇など権力者のために人間が創ったという机上の空論で、あたかも謎が解けたように解説しているNHK番組のヒストリアなどで放映されていることに、ソラのモノ達はどのように思っているか気になるとこです。

・・・・・・・・・・・・・

・「2011年11月6日 本の値引き、アフガニスタン、着袴の儀の意味、ソラは見ている、ジャ・ニ・ワリ、ダッシュ村、タイムトラベラー、ハロウインの意味、大槻義雄」より

深曽木の儀(ふかそぎのぎ)の皇太子の時の記録では
・・・古伝では、日置盤(碁盤)は高天原を表象し、二個の【小石】は高天原から眺めた地球と月とを意味するものである。御髪先に鋏をお入れになるのは、素盞鳴尊(すさのおのみこと)の故事に倣って禊(みそぎ)を遊ばされ、又青色の【小石】を踏んで飛び降りられるのは、葦原の中津国の支配者として降臨される事を象徴したものである。・・・
と書かれているそうですが、
【碁盤】=土地を取り合う争いのゲームであり、
【小石】=地球上の全てのものの元になった原子(イシカミ)の塊を踏みつけることで、支配したことをあらわします。
そして、スサノオこそ争いが大好きなリュージンの大将であり、皇室がリュージンに支配されていることをあらわし、ソラから繰り返し伝えられる昭和天皇と伊勢神宮(の巫女の言葉)が太平洋戦争を引きこしたこととつながります。

・・・・・・・・・・・・・

・「2015年5月9日 子供の足、多発するシンクホール、ムー大陸、チベット仏教、高知、唐人駄馬、竜串、見残し海岸」より

「(第2次世界大戦で)天皇が南の島へ兵を進めたのは、安徳(天皇)が水の中に沈んだからです。
安徳が南の海を支配しているからと、伊勢の巫女が言ったからです。
それで南に兵を進めたのです。
そのことを表には出せないので、南の資源(石油など)を求めたということにしたのです。
そのことがムーのものたちが嫌になって悪さをしたのです。
岩の藻を食べて知らせていたのです」

足摺岬の魚がしきりに石の藻を食べていました。
・「高知 ワタ・ツミ(海津見)の神

今回は高知の竜串が一番の目的で出かけました。
そこにはこのような水たまりがたくさんあり、藻が青々と生えていて、小魚たちが一斉に揃って食べていました。
藻は綿のように柔らかく、それを食べることを綿を摘むと言ったようで、このような小さな魚=アトたちがとても大きな仕事をしていることを知らせたようでした。

・・・・・・・・・・・・・

・「2009年7月24日 毒カレー事件、古墳が天皇のお墓になぜなったか?皇室の本当の宗教、ローブデコルテ、自然災害の意味、ネイティブアメリカン、ボヘミアンクラブ

「石室のある塚を天皇家のものにするように、アメリカ人が言ったのです。
そして天皇家を傀儡の神に仕立て上げたのです。
それをしたのがキリスト教の者なのです。
天皇を神として崇めさせ、それを操ることで日本を支配しようとしたのです。
それで多くの(前方後円墳などの)古墳が天皇家の墓とされたのです」

明治まで古墳は子供の遊び場でもあったと、今でも古老は話しています。
大きくて立派な古墳は無理やり天皇家のお墓と名前を付けて、学者のその古墳の研究をさせません。
次々と新しい古墳も出てきていますし、前方後円墳に似た大きな丘は、あちこちで見受けられと思っています。

(中略)

「皇室に(キリスト教が)長く伝わっていることを国民は知りません。
それをロングドレス(ローブデコルテ)であらわしています。
すなわち聖書と同じ(イギリスなどの王家と同じ)ことをしているということです。
皇室の原点はキリスト教なのです。
そしてあたかも神道を信じているように、伊勢神宮にロングドレスで参拝します。
それで伊勢の巫女はローブデコルテを作ったら皇后に会わせると言っていたのです。
(知り合いの神社関係の女性がローブレコルデを創ったのにあわせてくれないと文句を言っていた)
アメノウズメノミコトとは“アメリカ生まれの命”と訳されていたのです。
そして“カシコミタマエ”とは、神道に“隠したキリスト教=御霊”を讃える言葉なのです」

(皇室の正装はロブレコルデと)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
・【ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月16日のソラ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半分がとても平べったいカボ... | トップ | 人類は皆平等、それを一番壊... »
最近の画像もっと見る

「地球の謎解き」の情報」カテゴリの最新記事