そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アットホームなお料理とワインのお店 ~ 食彩癒酒 Dinig&Cafe Amica

2012年05月28日 | 空知の食
岩見沢駅から総合振興局に向かう道のりのちょうど中程にある
「食彩癒酒 Dinig&Cafe Amica」
道産食材を使用したこだわり料理を提供する
「北のめぐみ愛食レストラン」にも認定されているお店です。

  


店内はダークブラウンを基調としたシックな雰囲気、
カウンターとテーブル席の他に小上がりもあって、夜の宴会メニューなども用意されています。

  


ランチタイムのお薦めはこの「五穀米ランチ」。
日替わりのメインのおかずとサラダや煮物、
お味噌汁も付いてお値段700円はお手頃ですね。




この日のメインは、豚肉の生姜焼き、カリカリチキンソテー、
ホッケの味噌焼きの中からチョイスできました。
豚肉の生姜焼きは、しっかりとした味付けでご飯にぴったり。




五穀米は岩見沢産のおぼろづきに5種類の雑穀と
黒米を混ぜて炊きあげているそうです。
ほんのりとピンク色なのは黒米の色だったんですね。




お味噌汁は玉ねぎとワカメのかき玉汁、
玉ねぎの甘さがほんのりとして優しい味わいです。
お店の造りはおしゃれですが、お料理はとても家庭的、
ふらりと食事に立ち寄るお客様も多いんでしょう、こんな張り紙もありましたよ。




こちらではワインにも力を入れていて、
宝水ワイナリーなど、管内のワインを飲むこともできます。
そういえば入り口には空知のワインのポスターも張っていただいていましたっけ。




また毎月第3金曜日には、ソムリエ池田卓也さんによるワイン会も開催されています。
5月のワイン会では、夏に向かう季節に合わせて、
イタリアの爽やかな風味のワインを紹介してくれました。
スパークリング、白、ロゼ、赤2種が6人のテーブルに1本ずつ、
ずいぶんたくさん飲むことが出来ましたよ。






お料理は、ナッツのサラダ、
生ハムとクリームチーズのカナッペ(自家製ピクルス添え)
鱒とアスパラのトマト焼き、チキンのトマト煮込、
ベーコンとホウレン草のクリームパスタなど。








豊富なワインですっかりいい気分、お料理の取材はちょっと手薄になってしまいましたが、
次回こそ、ワインと食が融合する世界観を感じつつ参加したいと思います。
アットホームなお料理とワインが楽しめるAmica、
皆さんも是非お立ち寄りください。


食彩癒酒 Dining Cafe Amica
岩見沢市5条西4丁目4 イマジンビル2階
TEL 0126-25-7272
11:30~14:30(LO 14:00)/17:30~22:00(LO 21:00)
日祝定休
http://amica.daa.jp/


※「そらち旅日記」を読んだ感想をこちらまでお寄せください。
  E-mail:sorachi.chisei1@pref.hokkaido.lg.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花とワインを楽しもう ~ Win... | トップ | 「栗沢のいちごは栗沢一」? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む