そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初夏です!庁舎前庭も花で彩り ~ 「北海道フラワーマスター空知連絡協議会」

2011年06月22日 | 日記
例年、職員が行っている空知総合振興局庁舎前庭の植栽を、
今年は「北海道フラワーマスター空知連絡協議会」の皆さんからの申し出により、
デザインを含めてやっていただけることになりました。

さて、フラワーマスターとは?ここでちょっとご説明します。
道が認定しているフラワーマスターは、地域における花のまちづくりの
ボランティアリーダーとしてご活躍いただいている方々で、
全道では約2,100名、空知管内には、現在約200名がいらっしゃいます。
北海道フラワーマスター空知連絡協議会は、管内のフラワーマスターの
活動や交流をより円滑にして、花のまちづくりを進めるために、平成17年に設立された団体で、
6月8日のブログで登場したコテージガーデンの梅木あゆみさんが会長を務めています。
お花についての造詣が深く、花のまちづくりを進めたいという強い思いを持つ
皆さんのご協力をいただけるのですから、感謝、感謝です。

当日6月17日は、お天気も良く晴れ渡り、植栽日和となりました。
最初に職員の手で草むしり。限りなく生えていて、なかなか手強い。




準備が整ったところで、協議会の皆さんから、
当日の作業手順を説明していただきました。




この日の植栽で使う花苗、マリーゴールドやベコニアなど色鮮やかな花々です。




この他、協議会からも花苗と土のご提供をいただきました。
ありがとうございました。

6月に空知総合振興局に着任したばかりの武田局長も、
協議会の皆さんのご指導の下、最初から最後まで率先して土いじり。
とても手慣れた様子で、絵になっていましたよ。




おおよそのデザインを決めただけだったのですが、さすがフラワーマスターさんは、
その場その場で柔軟に花の色合いを合わせながら植えていきます。
わずか2時間足らずで全部で9つの花壇が出現しました。その一部をご紹介。










自分で花壇造りをしてみると、なかなかの労働量で、翌日筋肉痛になりましたが、
フラワーマスターの皆さんは軽々と作業をこなしていて、まさに熟練の技、という印象。
そういった方々と一緒に土をいじるのは楽しく、どんどん綺麗な花壇が出来上がって
いくのも気持ちがよく、また愛着も湧いてきます。
帰り際には「また時々様子を見に来ますね~」と気さくに声を掛けていただきました(有り難い...涙)。
フラワーマスターの皆さん、本当にありがとうございました。

これから花苗が育ってくると、周りと馴染んでもっと綺麗になるとのこと。
皆さんにも、是非、地域の方々が自ら手入れをしてくれた庭をご覧いただきたいと思います。


北海道フラワーマスター空知連絡協議会(通称「花そらネット」)
http://hanasora.068.jp/

フラワーマスターのご案内
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/tkn/contents/file/kukaku/index.htm

この記事をはてなブックマークに追加