徒然なるままに・・・?

映画や国外国内ドラマのことや思った事など… 毎日更新中~♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

018.『ウルトラヴァイオレット~ULTRAVIOLET~』買っちゃった(^-^)/

2007年01月14日 23時36分54秒 | 映画

“スーパーヒロイン”もの第2弾!!
昨晩の第1弾は、シャーリーズ・セロン主演『イーオン・フラックス』でした。
今晩の“スーパーヒロイン”は、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演
『ウルトラヴァイオレット』です!!

ミラ・ジョヴォヴィッチといえば~『バイオ・ハザード』!!
あの時も、“スーパーヒロイン”ですが、今回も
あの時と負けないくらいの超人ぶりです。
強い、その上 キレイ!!
彼女の動きやファッションが気になっちゃって仕方ない作品です。F^^;


2006年 アメリカ 本編87分
監督・脚本:カート・ウィマー
(『リベリオン』『リクルート』他)
音楽:クラウス・バデルト
(『プレッジ』『タイムマシン』『K-19』
 『リクルート』『閉ざされた森』『キャットウーマン』
 『コンスタンティン』『ポセイドン』『16ブロック』他)
出演
ヴァイオレット:ミラ・ジョヴォヴィッチ
(『フィフス・エレメント』『ジャンヌ・ダルク』
 『バイオハザード』シリーズ 『ズーランダー』他)
シックス:キャメロン・ブライト
(『サンキュー・スモーキング』
 『X-MEN:ファイナルエディション』他)
ダクサス:ニック・チンランド
(『リーサル・ウェポン3』『コン・エアー』
 『リディック』『レジェンド・オブ・ゾロ』他)
ガース:ウィリアム・フォクトナー
(『クイズ・ショウ』『ヒート』『コンタクト』
 『アルマゲドン』『MONA(モナ)彼女が殺された理由』
 『パーフェクトストーム』『薔薇の眠り』他)

-あらすじ-
ウィルスに感染した〈超人間〉と〈人間政府〉との激しい闘い始まった。
政府が最終兵器として送り込んだのが9歳の少年だと知った時、
彼を守るため、たった一人で立ち上がった殺し屋ヴァイオレット。
最愛の夫と子供を政府に奪われた彼女の生きる目的は、もはや
復讐しかなかった。果たして、人間政府と闘う
孤独な殺し屋バイオレットの運命は?!
(DVD JK解説より引用)


ソニー・ピクチャーズ『ウルトラヴァイオレット』公式サイト


コレより先、しっかりと!?
ネタバレありますので、スクロールには
お気をつけください。
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
白ジョヴォヴィッチ・赤ジョヴォヴィッチ・青ジョヴォヴィッチ~
(三回連続して言えるかな~?)・・・と言うのは冗談ですが (; ̄ー ̄)
白・赤・青のジョヴォヴィッチ嬢が見れちゃいます。

昨晩UPの『イーオンフラックス』のシャーリーズ・セロンも
モチロン、美しいっ!!
でも、今晩のジョヴォヴィッチ嬢もきれいです~ウットリ♪

イキナリ、ヒロイン@ヴァイオレットのナレーションからスタート!
未来、あるウィルスに人間はどんどん感染していき、いまや政府は
ウィルス感染者(犬歯が異様に尖るから“ヴァンパイア”
というあだ名で呼ばれる)の駆除が一番のお仕事。
そんな彼らの研究施設に、敵である
“ウィルス感染者超人間”集団(革命派)の一人が潜入し、
ある者を強奪逃走~
たった一人で潜入し、あるブツを盗んだのが、今夜の物語のヒロイン
超人間中の超人間!バイオレット。
700万の兵士であろうと、怪しい東洋人集団(マフィア?)であろうと、
機関銃つき武装ヘリであろうと~ 彼女にかかれば、どんどん
木っ端微塵に━(゜∀゜)━>あそこまでやってくれると気持ちイイ!
彼女が強奪したケース(“超人間@ファージ”を滅ぼす最終兵器)
を開けてみるとそこには、少年が!
彼女は命をかけ、少年シックスを守ろうとします。

あらすじ的に言ったら、こんな感じ~
でも、一番すごいのはやっぱり(「イーオンフラックス」然り)
映像ですね。
殆どは特殊撮影(特殊効果)やCGの賜物でしょうが・・・
それでも、一気に見れちゃう面白さがある映像!!
また、主人公の動きや冒頭でもちょっと触れましたファッションも
見逃せません♪
これは、前夜の「イーオンフラックス」を軽~く♪
超えちゃってる気がするのは私だけ??>ちょい、贔屓目か?^^;

「イーオンフラックス」をダントツで引き離した面白さ・・・それは
なんと言っても、ヴァイオレットが装備した数々の未来グッズ。
クレジットカード、携帯電話、ピストルや刀、髪の色やユニフォーム
その上重力を自由自在に操るなんて技術まで見せてくれちゃって~
全てが斬新です。
それらを見てるだけでも面白い!!
ストーリーは、それほどでなくても(え゛?!)この映像だけでも
楽しめました。

最後の終わり方、途中彼女の科学者であり友人の台詞からすると
まるで「2」でもできそうな勢いですね。
もしあるとするならば、是非 期待して待ちたいと思います。

今夜は、おへそが出っ放しのミラ・ジョヴォヴィッチの
激しいアクションと、ファッション、未来グッズが
楽しめた『ウルトラヴァイオレット』をUPしました。

前夜の『イーオンフラックス』は、邦画の『キャシャーン』みたい・・・
ちょっとスマート過ぎ? それに比べ、今夜の『ウルトラヴァイオレット』は
まさにアメコミ!という作品。>やっぱり私はアメコミ調のほうがスキみたいです~
オープニングでは、アメコミ風なヴァイオレットがっ!
本作品のオープニングも本編と同じくらい面白い仕上がりでした。



人気blogランキングへGO!


ブログランキングくつろぐへGO!


エンタメBlogRankingへGO!


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 017.『イーオン・フラッ... | トップ | 019.『プリズンブレイク~... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2007-01-15 12:49:03
>「イーオンフラックス」をダントツで引き離した面白さ
あたしもそう思います!
同じスーパーヒロインなのに・・・^^; (soratuki)
2007-01-15 23:52:41
>猫姫さま♪
いつもトラバ&コメントありがとうございます~(^-^)/
いやぁ~どうして、こんなに面白さに違いが出るんだろうか?と
不思議でなりません。おんなじ未来だし~ ヒロインは「超人」だし~
符合する部分がいっぱいあるのに・・・明暗を分けた見本みたいですよねー。
minaです (mina)
2007-01-17 02:23:09
こんばんわ!
この作品は、わたしも大好きです。
DVDでも観ました。
ミラの方が、セロンよりも数段綺麗に撮れてます!
バイオハザード1、2もお勧めです。
Unknown (じゅりまの)
2007-01-18 12:08:35
トラさせていただきます~

多いですね~ミラ嬢の
最強女!役!
すっかりアクションスターでした。
個人的に最近アナログだからなのか?
CGで人間離れした美しさに仕上がるとちょっぴり残念に思ったりするのでした^^;
TRB&コメント ありがとうございました(^-^)/ (soratuki)
2007-01-19 07:38:59
>minaさま♪
髪の長さの分(?)ミラ嬢の勝ち♪・・・というのはジョーダンですが、(^~^;)
今までもキレイなジョヴォヴィッチがさらにっ!
強さとしなやかさを持って挑んだ文字通りの“体当たり”な
役・・・・「フィフスエレメント」で初めて彼女を見たときの
ナイスプロポーションとアクションの切れに感心したのを思い出します。
今年は黒髪(濃い目のカラー)が流行?
さらさらロング・・・永遠の憧れです♪

>じゅりまのさま~♪
強い!!キレイ!!
『イーオンフラックス』のセロン嬢と比べられること多い
『ウルトラヴァイオレット』のミラ嬢ですが~
じゅりまのさまが記事に書かれておられた
(どちらも)“毛穴”の様子に、ご本人たち自体もCGとかで
作られた映像では?と思うほどの徹底的な特殊撮影でしたね。
“アナログの味わい”私もスキですよ~♪

minaさま じゅりまのさま、こちらからもTRBさせていただきましたヽ^0^ /♪
最強戦士 (ジュン)
2007-01-20 01:11:16
ヴァイオレット、強かったですね~かっことかったですね~
ミラ、最高に美しかったです。
もうそれだけで十分な映画。
それと未来の携帯やクレジットカードがおもしろかった!
特殊効果だと分かってても~ (soratuki)
2007-01-22 00:20:35
>じゅんさま♪
ようこそ~~~(^-^)/ トラバ&コメントありがとうございました♪
CGだ!特殊効果だ!・・・っと、わかっちゃぁいるけど
現実に見えてきてー、不思議な作品でした。
ジョヴォヴィッチの美しさと強さがたまりませんでしたね~( ̄ー ̄)ニヤリ
未来アイテムもよく考えられてて、そんな細かいトコも見てて
飽きませんでした。こちらからもTRBさせていただきました♪

あわせて読む