そらママのひとりごと

季節の花を求めて愛犬と
気の向くまま足のむくまま出歩いています。

錫杖ヶ岳に登ってきました。

2016-10-13 14:17:10 | 山登り
   昨日は前々から登ってみたいと思っていた錫杖ヶ岳に登って来ました、
 実はそらパパ10年ほど前仕事であるものを探しにK市の職員さんと毎日登ってみえるSさんに
   案内して頂き登ったのですが余りの厳しさに足がガクガクしたそうです、
 そんなことがあったので中々乗り気ではなかったのですが~

  高さは637Mそれ程高くはないのですが、厳しい山でした、  
 コースは3コース一番面白味のある加太コースがブログ友の錫杖さんに教えて頂いたので
  加太コースで登ってきました、多分一番厳しいコースだと思いました、



駐車場は入り口近くにあります、既に3台ほど停まっていました、

   

   

   

 よく整備された道、時には木の根この階段、沢歩きまぁまぁ変化にとんだ道々です、

   



所どころに休憩用のベンチが設置されています、↓展望台ベンチも設置されていました、

   

   

   

 難所の岩場鎖を持って上がります、最後の岩場は私の足の長さ背一杯でちょいと難儀

   

 やった!頂上です、狭いです! 後から来られた方と一緒にお昼ご飯

   

   

 360度の大パノラマです、錫杖湖、経が峰がよく見えました。
  高さは余りない山ですがこれだけの眺望が望める山は初めてです。









風がもの凄く強く結構冷え込みました、お花も少しだけ咲いていました、春はどんな花が咲くのでしょうか?
  また違うコースで挑戦してみたいですね。
途中引き返す3人組がいらしゃいました、多分あの岩山が登れなかったのかなぁと思いました、
  毎日雨の日以外はウオーキングしていたのでその成果有ですね、次は金剛山、鈴鹿の山にも挑戦したいです。

  来た道をゆっくり帰りました。


   





  

   

   
 
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関西花の寺般若寺のコスモス | トップ | 眼鏡屋さんへ行かなくてはい... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2016-10-13 16:14:37
こんにちは。
錫杖さんのホームグラウンドに登ってこられたのですね。
鎖場は案外きつそう。
2時間半位掛かるようですね。
最近メタボのtakayanには無理かも・・・(笑)

眼下の錫杖湖周辺は、紅葉の季節も綺麗だと聞きました。

達成感最高ですね。 (やっほ)
2016-10-13 17:08:54
まさに、ウオーキング・ランニングの賜ものですね。
クサリ場を登ろうとするとそれなりに脚力・腕力が無い人にはきついですよね。
それだけに達成感もひとしおですね\(-o-)/

途中挫折組をみると、もひとつ優越感が出たりして(笑)
今後も一層、ランニングに力がはいりそうですね。
がんばって下さい。

冬場も登られるのですか?
高山では無いにしても、冬場はやはり厳しいのでしょうね。
そらママさんへ (マリババ)
2016-10-13 22:10:52
凄いですね。
マリババの友達にも山登りされる人が2人いらっしゃいます。
しょちゅうあちこちの山に登られこのブログのような道とか楔がついてたり、山小屋に止まったり、運動音痴のマリババには、びっくりすることばかりです。
写真は、そらパパさんと、そらママさんですか、
趣味が一緒仲が良くって微笑ましいですね。
上ったときの達成感いいでしょうね。
錫杖ヶ岳 (takayanさんへ)
2016-10-13 22:27:24
こんばんは、
この山は変化に富んだ山ですね、錫杖さんが好んで
行かれるのがよく分かります、
けっこうきつい山です、下肢の訓練にはいいのでしょうね、
私はふうふうでした、普通の方なら2時間弱でしょうが
転倒したらいけないのでゆっくり登りました、
慣れたらもう少し早く登れそうです。

お腹の肉が邪魔でした、もう少し絞らないとしんどいですね。

錫杖湖は春も桜の花が綺麗です。
ぼちぼちと (やっほさんへ)
2016-10-13 22:32:51
こんばんは、
9月から10月にはもっと登れると思ったのですが、
お天気が悪くって中々出かけられませんでした、

鎖をもって登る山は初めてで怖かったですが、
なんとか登ることが出来てほっとしています、
まだまだ登りたい山が沢山ありますのでぼちぼち登ります。

毎日のウオーキングのおかげです。
えへへ (マリババさんへ)
2016-10-13 22:38:10
こんばんは、
そう私達夫婦です、70歳近いおじいさんと60半ばの
ばあさんです。

山に登るときは辛くってしんどいけど頂上に着いた時の
気持ちのいいこと最高ですよ~
ゆっくりぼちぼち登って足を鍛えようと思っています。

山小屋は多分私には無理です、日帰りがいいですね。
Unknown (sachi)
2016-10-13 22:51:33
こんばんは♬
寒いのでついに暖房を入れてしまいました(^^;)

大きな岩場は滑りそうで怖いですね
登山道はよく整備されていて歩きやすそう
展望も良くて良いですね!
険しいのですね (イワン)
2016-10-14 22:54:11
錫杖さんが、すたこらサッサと登っているように書いていたので、きつい山登りじゃないと思ったら険しいのですね。
錫杖さんの凄さが分かったような気がします。

そらパパさんの笑顔も良いですね。
そらママさの笑顔にサングラスもカッコ良いです。
夫婦仲よくが一番です。
Unknown (sachiさんへ)
2016-10-14 23:10:15
こんばんは、
随分寒くなりましたよね、我が家も数日前から夜は
暖房を入れています。

整備された山でいした、低い山ですが変化に富んでいて
面白味のある山ですね、
足の訓練に良いみたいですが岩場は恐かったです、
360度大パノラマです。
Unknown (イワンさんへ)
2016-10-14 23:14:11
こんばんは、
中々険しい山ですよ~錫杖さんがこの山で訓練されているのがよく分かります、
彼はこの山に2千回以上登っているようです、
私は一回で充分ですわ~

イワンさんご夫婦に負けないぐらい仲良しさんです、
サングラスはまだ眩しいので必要ですね。
おめでとうございます。 (錫杖)
2016-10-15 14:44:19
そらママさん

こんにちわ
そしてようこそ 私がこよなく愛する山「錫杖ヶ岳」へ  後半の胸突き八丁と 最後の鎖場がきつかったでしょう。ほんとよくがんばりましたね。
心から拍手させていただきます。
この山には3日に1度 登って体調管理をしてます。
 途中のベンチの材料もけっこう担いだんですよ。
たくさんコメントしたい事はあるんですが、
 わたしが好きな山に首題を置いて登ってくださったお気持ちがなによりもうれしくて感謝感謝です。

 360度の大展望台  そらママさんは1回ですが、
わたしとブログ友なので1×2000で2,000回登ったのも同じですから。 これから私が綴る錫杖日記も
興味が沸いてきますよ。

登れました! (錫杖さんへ)
2016-10-16 22:49:22
こんばんは、
錫杖さんが2000回以上登られた山にやっと登れました、
多分休み休みで登ったのでかなり時間がかかったと
思います、
早く登るのでなく確実に登りたかったので無理をしないで
登りました、
まぁびっくりするほどきつかったですね、
最後の岩場登りきれるか自信がなかったですが、
なんとか登れて嬉しかったです、
それにしても変化に富んだ山で錫杖さんがここで訓練されているのがよく分かりました。
まだまだ山ガールには程遠いですが又次の山を目指しますね、
何時か一か所でもいいからアルプスに行ける日を夢みて~~~~~~~
初めまして (ラパン)
2016-10-18 20:28:13
そらママ様、初めまして。
パン教室をしておりますラパンと申します。
錫杖さんとtakayanさんのところから飛んできました。

錫杖さんのこよなく愛する錫杖ヶ岳に登られたのですね。
お話しによく出てくるのですが、どのような山なのか想像もつかなかったのですが、お写真を拝見して『こんなに険しい山だったんだ!! 』とびっくりしています。
私は山登りをした事がないのですが、鎖につかまって、あの岩場を登られるとは、大変だったと思います。凄いですね。
そして、いつもその山に登られていらっしゃるという錫杖さんにも改めてびっくりしてしまいました。

頂上からの素敵な眺めも見せていただいて感謝です。
湖もあるのですね。

とても優しそうなご主人様と一緒に山登り、良いですね。
羨ましいです
これからどうぞよろしくお願いいたします
はじめまして。 (ラパンさんへ)
2016-10-18 22:21:42
こんばんは、
はじめまして、
こちらこそ宜しくお願いいたします。
錫杖ヶ岳けっこう険しい山でした、錫杖さんはその山に2000回以上登って見えるのですから、
凄いですね、
私は1年ほど前に腰の手術をして頂き、
山登りまで出来るまで回復いたしました、
山登りは今年から初めていますが未だ近場の山しか登っておりません、
出来るだけ長く楽しめたらと思っています。

これからも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL