まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています。
手話や俳句やリウマチのこともあります。
(カテゴリーを見てね)

老人ホームで

2017年02月21日 | まちの日々
傾聴ボランティアは、時々、
私なんかが行く必要があるのかなあ・・・とか、
何の役に立つのだろう?・・・とか、思うことがある

でも、今日は、やっぱり行っていいんだ。
むしろ行きたいと思った

93歳のMさんは、本当に寝たきりで、
でも、認知症ではなくて、お話もよくするし、
耳の方も大丈夫

若いころのお話や、旅行のお話など、
いろいろ話してくれて、
ちょっと愚痴などもこぼされて、
そして、こんなつまらない話でごめんなさいねと、
しきりに言われる

それを聞くのが私の仕事。
話し相手になれれば、それでいいんだって思えた

同じくらいの年のYさんは、今日は予定に入ってなかったけれど、
2度ほど、入浴タイムに重なってしまって、お話しできなかったので、
ちょっとだけお話してきた

Yさんは、耳は大丈夫だけれど、声があまり出ない。
でも、なんとか少しだけお話できてよかった。
帰りに、ギューッと両手を握って、その力の強かったこと

これだけ手の力があれば、字が書けるかしら。
今度、筆記用具を持っていってもいいかどうか、
ケアマネさんに訊いてみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和食の初期化 | トップ | サラダバー? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まちの日々」カテゴリの最新記事