まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています。
★まちの日々
★しゅわしゅわ
★はいくのこみち
★あららRA

6月の俳句

2017年06月13日 | はいくのこみち
いつも、前の月の俳句を出すと、
今月こそはもっといい句を作ろうと思うけれど、
1ヶ月はあっという間に過ぎ、
気がつけば締め切りが迫っている

さ、今月も出さなくちゃ。  
次、がんばろっ!

○鉄塔に沈む夕日や麦の秋     (郭公)
○汗ばみて麦穂果てなしウォーキング
○空梅雨や土くれ落とす耕運機     (郭公)
○所狭しと朝顔の双葉かな     (郭公)
○夏の服くるりと回る六歳児

走り梅雨母子の遊ぶ児童館
昨日より色の進みて麦の秋
新緑の箱根路を行く従姉妹会
通勤の電車込み合ふ走り梅雨
気にかかる受話器を置くや走り梅雨

親も娘もジューンブライド交わす杯
バンダナに願いを込めて五月晴れ
姉の吹くシャボンの玉を追ひかける
苗代に衣替えする大地かな
幼児のつかもうとするしゃぼんだま

長編を読んで飽くなし走り梅雨
土くれをこぼし耕運機は走る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫と孫たち | トップ | 100歳ってすばらしい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はいくのこみち」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。