まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています。
★まちの日々
★しゅわしゅわ
★はいくのこみち
★あららRA

3月の俳句

2017年03月13日 | はいくのこみち
今月もいつの間にか締め切り日が近づいてきた。
だんだん作るのが少なくなってきている。
忙しかったなんて言うのは、言い訳だな。
忙中閑あり。
ちょっとの時間で、作れるはずだもの。

○緑道に土筆みつけし昼休み
○バイパスの車ゆらゆら春うらら
○庭草を踏んで歩みて春近し   (郭公)
○菜の花やなほ鮮やかに雨の中
○菜の花の土手を包みて彼方まで (郭公)

 海荒れて車揺さぶる春嵐
 約束の梅のつぼみはふくらんだ
 春一番上着を脱ぎてウォーキング
 立ち止まる鶯の声遊歩道
 木は倒れ空明るしが春の嵐

 波高く灰色の海春嵐
 春嵐九十九里浜荒れた海
 ああ春だくしゃみはなみず目のかゆみ
 春の雨傘も差さずに走りゆく
 「抱っこして」手を出す孫や春うらら

 やはらかく春の日のごと懐く孫
 春の雨孫と並んで昼寝かな
 気がつけば静かな午後の春の雨
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早く元気になあれ! | トップ | 半そでのTシャツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。