徒然なるまま 写遊記

私楽 諸行歓常 諸行感謝 のんびり気ままに散策・・「埼玉・高麗川のほとり」(浮雲・浮浪雲)

えっ⁉・・石像群の山道に感嘆(埼玉・寄居・五百羅漢) 

2016-12-24 | 埼玉
「えっ⁉ この景色は何?」・・埼玉・寄居駅から
歩くこと 約1時間程の山道で、つぶやいた言葉。
(普通は約30分到着だが寄り道しました)



故郷・京都の整理された「念仏寺の五百羅漢」
雨露から守られた建物の中の「目黒の五百羅漢」

「手厚く守られた五百羅漢」を想像していたが、
寄居の石像たちを見て驚いた12月17日(土曜)。





冬木立の中、細道の路肩に無造作に並んだ羅漢は
一人一人個性的なポーズと魅力的な表情で迎えて
くれたが・・・。







 









「傷ついた 痛々しい羅漢たち」

「土台が壊れ、木にもたれている羅漢」



「顔がつぶれた羅漢」





「足元の階段に もたれかかる羅漢」



「身体が欠けた羅漢」



  

五百羅漢に念を込めて彫った 作り手のことを
思うと、胸が痛くなる傷ついた姿の石像。

本当に悲しくなった 冬の山道ですが、
でも予期してなかった、寂しい石像に会えた
喜びもあった時でした。

(雨の日以外、山道を登っている84歳のKさん)

なお、春にもう一度 訪れたくなったのは、
山道を登ってきたK老婦人と親しくなり、再会
したくなったから・・・!

参考・・寄居は池袋から東武東上線1時30分。

(このブログ、週一の更新を予定してます)
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縁起がイイ名 宝登山(埼玉... | トップ | 高倉健 追悼特別展(東京ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

埼玉」カテゴリの最新記事