いつも一緒、ソラを見上げて

一人じゃないよ。ソラを見上げて。いつも一緒。
ほほえんでごらん。 ソラも笑ってる。

現在の私

2014-03-29 18:15:10 | 富士大石寺顕正会からの脱会
2006年からこのブログを立ち上げ丸8年が経過しました。
延べ9万人の人がこのブログに訪問されました。
大半の方が顕正会に関する検索でこちらを訪れています。

8年が経ち私は、以前から想像出来ない位、沢山の経験をし、多くの人達に出会いました。
今、とても充実しています。

顕正会という宗教から離れ、離れた直後は悪いことが起きるのではないか、と
恐怖を感じながら生活していた頃もありました。
宗教の世界は、私にとって「よい事、悪い事の両極端の世界」でした。
なので楽しく自由さを求めて宗教の世界から離れた今は、本当の意味で自由で、
自分自身が自分の心の中で考え、行動出来る、白黒付けなくてもよい、そんな世界にいます。

宗教の世界の中にいて幸せと感じている人も沢山います。
否定はしません。
それもその人が選んだ世界です。

でも宗教の世界を選ばない選択もあります。
選択は自由なのです。

今ある現実は自分が想像した世界である、とある人から聞きました。
もし自分の世界を変えたいと強く望めば、変わるそうです。

私が宗教の世界にいた時、宗教の世界から出たいと強く望みました。
そして行動して、宗教の世界から出ることが出来ました。

そして8年後の今、あの頃とは全く違う世界にいます。

このブログにコメントを書いてくださった皆様ありがとうございました。
皆様のコメントで救われた方も沢山いらっしゃると思います。

このブログに訪問して下さる方がいる間は開設したままにしておこうと思います。
ただ私自身の投稿は、最後にしたいと思います。

皆様が自由に考え、行動出来るよう願っております。

なお、コメントへの書き込みは出来ないように設定いたします。



この記事をはてなブックマークに追加

女川で被災された方のブログを紹介します

2011-03-21 14:19:08 | ソラからの伝言
女川で被災された方のブログです。
http://orange.ap.teacup.com/three/
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

「ソラからの伝言」より

2011-03-14 23:13:25 | ソラからの伝言
2011年3月14日(月)
本性が出てきた石原都知事

本性が出てきた石原都知事
「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」石原都知事
http://news.goo.ne.jp/topstories/politics/609/567170fcf2829...

読んでいると被災者の皆様の感情がひしひしと感じられます。
被災者の方こそ、今の世の中が間違っていると、お知らせ役をしてくださった勇気あるイシキの持ち主なのです。
すなわちイシキは肉体を持っている期間はとても短く、見えない世界の方がとてつもなく長いので、その仕事をしようと自ら選ばれたと伝えられています。
見えない世界が長いのは、宇宙が始って以来意識は存在しているのですから、。

権力欲、金満の人、支配者こそこれからはしっかりと、あの世へ行ってから知らされるのです。
今の時代は、星から来ている本性が出てくると言われていますが、都知事はまさにその通りです。
何度もお知らせに書きましたが、石原都知事が当選した後に、三宅島の大噴火が起きたのは、彼は霊友会の信者なので抗議したと伝えられました。

そのことを抗議しての大噴火だと知らされた後かに、故石原裕次郎が小樽に行った時に降りてきました。
たいそうな葬儀や法事をされるので、高い所から何度も落とされて、その恐怖を体験されられているので止めてほしいと言っていました。
(夫人にメッセージを手紙で送りましたが、その後の法事も同じく何10人もの僧侶の列でしたが)
都知事こそ、支配星プレアデナイの宗教のエネルギー体に支配され、宗教に頼らせようとするイシキ界では大物なのです。
3月4日にソラから知らせて来たとこです。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20110304221919

その他、都知事でソラの検索をしてください。
何度も出てきています。
法華経か霊友会かどちらかわかりませんが、全て支配星のプレアデナイが支配して創らせたものです。
1998年地球を乗っ取ろうとしていたけれど、宇宙の皆のものに見つけられ、一旦消滅させられたのですが、宗教を信じる人が世界中に多いので又復活したようです。
先日からプレアデナイの復活と書いたとおり、宗教にしがみつかせようとするプレアデナイの代弁者なのです。

地球を形成している原子たちは、ヘビの星のプレアデナイが一番嫌いなので、どのような反応をするか心配になります。
(小さいけれど東京湾の地震で抗議しているようです)


2011年3月13日(日)
お見舞い。ソラからの警告.プレアデナイ(ス)(支配星)の復活?【14時追記】

被災された方には心よりお見舞い申しあげます。

お知らせ役をしてくださった方々には見えない世界がわかっていた方たち
だそうです。
現実の生活でなんら地球の恩恵を感謝することなく、あらゆる欲(権力欲も)に駆られている人たちへの警告です。
「知らせても知らせても人々はソラからの警告を受け入れません。
広い宇宙で"イシキ=思い" を持った存在は人間だけではありません。
形は見えなくとも全ての星は思いを持って見ているのです。
人間のおごりたかぶった思い《科学がすべて正しい》が今の出来事を引き起こしているのす」
という言葉になります。
先ほどから「とてつもないことになります」という言葉になります。
どうかソラから知らされた情報を今一度ご覧ください。

(科学というのは「これまで教えられたこと、歴史書なども」含めます。
特に歴史書などは、当時の権力者の都合の良いことのみ残されていることに気づくことがとても大切です)
*)簡単にまとめたチラシ
リーフレット http://npo-nazotoki.jp/archives/leaflet_vol01.pdf
*)情報を講習会ようにまとめかけている原稿で、お見苦しい点がありますがあしからず。
まだ書きかけではありますが、
http://sora.ishikami.jp/images/sora_ishikami_jp.pdf

この情報を理解し、地球の平和のために応援してくださっています。
NPO法人 地球の平和のための謎とき会
 http://npo-nazotoki.jp/

友達物語 http://sora.ishikami.jp/stories/you.html
地球物語 http://sora.ishikami.jp/stories/earth.html
ニウ物語(雲、虹、地震などの意味) http://sora.ishikami.jp/stories/neu.html
イシジンと人間の物語 http://sora.ishikami.jp/stories/ishijin.html
ソラのトルコ物語 http://sora.ishikami.jp/stories/turkey.html
イスラム物語 http://sora.ishikami.jp/stories/isram.html
イエス物語 http://sora.ishikami.jp/stories/yes.html
オーストラリア物語 http://sora.ishikami.jp/stories/aust.html
ニュージーランド物語 http://sora.ishikami.jp/stories/newzealand.html
ヤマタイコク物語 http://sora.ishikami.jp/stories/yamataikoku.html
宇宙物語 http://sora.ishikami.jp/stories/universe.html
釈迦とブッタ物語 http://sora.ishikami.jp/stories/syakabudda.html


これらはおとぎ話ではありません。
全て整合性のあるソラからの情報です。

【14時追記】
昨日も今日も赤紫と金色の網目のビジョンが見えます。
これらはあらゆる宗教を創った支配星のプレアデナイ(ス)の復活をあらわしているようです。
このような事態になり、宗教に依存する人たちが激増しているからのようです。
プレアデナイ(ス)は1998年に地球を乗っ取ろうとしていたことが明白ですが、その星と仲間が人間を支配しようとほとんどの宗教を起こさせました。
そしてそれまでアブダクションやUFOの話題が多かったのが、98年にプレアデナイ(ス)の星は消滅させられ少なくなりました。
(98年以後時々出てくるUFOなどは力が弱くて形をあらわすだけ)

けれどもプレアデナイ(ス)の仲間や部下などがそのまま地球に居残り、多くの人々を宗教や精神世界に意識を向けさせ、神と名乗るヘビやリュージンを崇めて来ました。
そして本当に地球の恵みを与えてくれている、地球を形作る原子の思いを無視し、地球を創って食べ物など資源になってくれているいて座の原子(イシカミ)に意識を向けるどころか、罵詈雑言を浴びせるばかりでした。

けれども一部の人たちは原子に意識があることを認め、一番嫌がるヘビや
リュージンを切り刻み原子に戻すことで、玄海島地震以後は沖や分散地震、ぬるぬる地震で大きな震災級の地震はなくなっていました。
そして地球を争いの星にしている宗教や民族を超えて、平和な国つくりをしようと、イスラムの人達が立ち上がり、エジプトなど政変が起きました。

けれども人間の平等を壊す王制、皇室制、独裁者がなんら変りません。
又、地球を創っている原子たちが一番嫌がるヘビの星の支配星が創ったあらゆる宗教にしがみつき、人々の潜在意識は絶望の思いを抱き、宇宙にSOSを発したそうです。
(顕在意識と、星からくるその人の潜在意識は全く違い、顕在意識では決してわかりません)

宗教に頼ることは、宗教を通して支配しているヘビやリュージンを頼ることで、ますます地球は嫌がりますし、潜在意識も嫌がります。
リュージンやヘビの星は争いや人間が困ることを楽しんでいます。
宗教でないと思っていても組織となっているもののバックには、必ず
【崇めてもらいたいエネルギー体=リュージンやヘビ】がついています。

それらのエネルギー体に操られた人間がほとんどなので、ついに地球変革計画が、宇宙の大元締め?であるゴルディロックでたてられ実行に移されていくようです。

2011年3月12 日(土)
情報のまとめとソラからの警告。

被災された方には心から思い舞い申し上げます。

13年間、ソラから知らされている情報は、今まで人々に知らされてきたことと大きく違います。
それは想像をはるかに超えていますが、全ての分野にわたり整合性があります。
まだ、まとめの途中で見苦しい点がありますが、ソラから知らされた情報をまとめかけているものです。
http://sora.ishikami.jp/images/sora_ishikami_jp.pdf
地震などについても、これまでの説に囚われることなく、こういう情報もあると思って読んでいただけたらと思います。
http://sora.ishikami.jp/stories/neu.html

【原子に意識がある】

このことを謙虚になって思い、地球でなぜ我々は生きているかを再確認をしていきたいと思います。
そのことを思うことで、宇宙で進められている【地球の変革】の計画が訂正されるそうです。
小さな人間の意識だけが正しいとおごり高ぶることで、宇宙の計画は粛々と進められていくようです。
人々の意識の持ち方で、地球の変革は止められるのです。

地震と雲。
http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php
大きな災害は1ヶ月くらいから異常な形の雲、月、太陽、彩雲、などいろいろなことで知らせてきます。
現在の雲などだけでなく、いろいろな症状(耳鳴り、睡眠障害、関節痛など)でも知らせてきます。

2011年3月11日(金)
【宮城の地震、地球の変革計画の警告】

大地震の被害に会われた方にはお見舞い申し上げます。

あまりにソラからの警告が強いので、昨夜、遅く政府にソラの情報のことを伝えたところでした。
以前にも知らせたのですが、ソラからの警告は無視されて、地球の変革の計画が宇宙で進められていると知らされています。
それらは人間の考え方で変えられるということですが、自分たちの保身ばかりでなんら変わりなく争いが絶えません。
地震がなぜ起こるか?
これまでの説に囚われないで、ソラから知らされていることを読んでいただきたいです。
http://sora.ishikami.jp/stories/neu.html

地震規模はM8.4 釜石で津波4.2メートル
http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY201103110287.h...
http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=2011031113... 
地球のあちこちで割れ始めている。
この他、世界各国での陥没穴、異常気象、イスラムの政変、など全てつながっています。
一番ソラから厳しく言われていることは、王制、皇室制がなんら変らなく、一部の人が富を独占し、多くの人々が飢えに苦しんでいること。
それと全ての宗教に囚われていることで、人間としてなぜ生まれてきたか気づかないからです。
それらが変らない限り、地球の変革は進められるようですが、なぜ地球に生命がいるか?
など原点に返り、これまでの考えを変えることが地球の変革を止めることのようです。
宮城で繰り返し起こるのはキュウジョウ(宮城)を知らせていますし、今回は登米(トメ)市と早くから知らせていましたが、石巻もこの情報を補足する名前です。
その他以前に知らされた情報がさらに確かになりました。http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20091212124121
http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2011/03/08/litho...
http://oka-jp.seesaa.net/article/181407159.html

#)地上では水道爆裂・道路陥没、それを見守る「雲の目玉」=南京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000043-scn-cn....
南京市で10日、道路が陥没した。それと前後して、上空ではリングが2つ並んだ「目玉状の雲」が発生した。
いろいろな形のソラの目は以前から気がついていましたが、こんなのははじめて見ました。
ちなみに雲南省の地震(M5,8、死者24人)は同じ3月10日11時28分

#)夕焼け空に幾重にも光の「輪」 静岡で「光環」
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/2011030300000...
2日午後5時半ごろ、日没直前の西の空に、太陽を幾重にも囲む光の輪が現れた。

ソラの警告は早くからあらわれます。雲などは一ヶ月前からあらわれ、直前は返って少ないと思われます。
・・・・・・・・・・・・・

《ビジョン》
“鈍くて薄いグリーンで中が薄いブルーの層になったので。大きな四角や丸のが、5,6個こちらから向こうへ飛んで行く”
その後
“金色の網目=支配星プレの復活”が見え、空気を飲み込む。
書いていると、右人差し指にサインあり。

おへそにサインあり。
「キラウエアのものです。
お腹にいた悪者を放りだします。という合図です」
キラウエア火山は鎖状?になって噴火している。

《ビジョン》
“小さなイシカミ雲のようなのがつながって半円の山の形になっている。
その左側で平らになった同じものが突然盛り上がって噴火のようになる“
意味は
「ハワイの火山をあらわしています。
山の横が噴火する?。
地球の中で悪さをしていたイシカミのミナシゴをソラに戻すようです」。

この後、”へ”リウムから、スモールeになることを知らせてくる。


「石器時代は雨は降らなかったのです。
そしてイシカミは暖かかったので土地をくりぬいて住んでいたのです。
イシカミは薄く延ばすことができたので、大きな布になりました。
それが薄いジョーゼット、羽衣、タペストリーになりました。
そしてパオのような天幕にもなり、太陽の光から乾燥をふせぎました。

「ヘリウムはHeとは違います。
ヘリウムは原子が並んで山型のへになったものです。
それが爆発して半分になって曲がったのがスモールe です」

「ローマの松はイシジンが運動をするように知らせたものです。
ローマの松の柔らかい葉は人と傷つけません。
盾をあらわす実の中に種を隠しています。
戦う運動をしながら食べ物を蓄えることが大切だということを知らせています」

「バチカンの松ぼっくりに意味があるのです。
松の実は松かさの中に隠れてあります。
知らない間に蓄えていることを、バチカンも同じです。
たくさんの宝物を隠しているということです」

「悪者が舌を打ち鳴らしています。
それが猪八戒なのです。
それがプレの王にエネルギーを与えていたのです」

「タマノイ(6角の井戸)に水がなかったので、リュージンは入れなかったのです。
インドの巨大井戸にダイジャが入るのです。
ミナシゴたちがそのダイジャに入って地球に降りてくるのです。
それでたくさんの人間が生まれるのです。
その井戸の中に水がなくなるイメージをしてください」

「丸いものが降りています。
昨日の昼間に降りてきたものです。
大山のイシカミです。
お約束の大阪に行くことになりました。
塩水を飲みに行ったのです。
それが仁徳稜となったのです。
当時は日本海はありませんでした。
大陸とつながっていたのです。
それで粘菌となって大阪の海に向かったのです。
瀬戸内海はまだなかったのです。
後から来たのが、瀬戸内海に向かいました(造り山古墳や、五色台古墳など)
海水を飲んで大きくなりました。
(前方後円墳の形は)星の形をあらわしています。
丸はいて座、四角はシリウすです。
石箱はイシカミの原子が変化しました。
その中でミナシゴたちが集まって、星の力をもらってイシジンになりました。
ミナシゴの集まりで何も知りませんでした。
それが弥生人です。
それで埴輪や銅鏡で指導したのです。
石箱の取っ手は蓋を開けてイシジンを出すためでした。
蓋を開けるのはミナノコが開けました。
ミナノコは絵に描かれたものたちで、星から来ていました。
それに対して、それまでは縄文人でした。
縄文人はイシカミの分身でした」

3月9日 突然臀部が激痛になる。
「シリウが知らせています。
(ソラの情報を)政府に知らせてほしいからです」
知らせることで痛みは良くなる。

リビア、エジプト、シリアの国のシンボルに鷹が使われているそうです。
トリ・ポリ=鳥ポイをカダフィーから取り離せないのも意味があるようです。

《ビジョン》
“南米から日本に?向って、二本の長い波状(=筒状)”
意味は
「地下に穴があってつながっていることを知らせた」
だいぶ前ですが、チリで大地震があった後、日本で大津波がありましたし、ウユニ湖の濾過された水が、日本の湧水になっている情報もつながります。


この記事をはてなブックマークに追加

顕正会だけの現象? 死体

2008-08-09 07:38:10 | 富士大石寺顕正会からの脱会
 顕正会員だった頃、前からの会員達が歓喜の表情で語っていた事の一つに
「顕正会で一生懸命活動した後、亡くなってから体が柔らかく柔和な相で成仏
出来るのは顕正会以外に無い」と言い切っていた事があった。
以前の私は、本当なの?と疑問を持ちながらも自分自身亡くなったらそんな相でありたい、
と思いながら勤行に励んでいた。

 最近読んだ本で、上野正彦著「死体は語る」に以下の記載があった。

「坊さんがお経をあげたら、硬くなっていた遺体が柔らかくなって成仏でき、
ありがたがったという話を聞いたことがある。
このように、死んだ人が一度硬直を起こし、やがて解けて柔らかくなる一つの死体現象に
武勇が入り、責任が入り、そして宗教が入って話がうまくまとまると、あらぬ方向へと事は運ばれる。
こんな話を造った人は、社会の手品師とでもいうのだろうか。」

 会員の頃、この本に出会っていればと後悔したが、この文章を私のブログで紹介することによりアクセスして下さった方に少しでも情報提供できればと思い書き込んでみた。
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

札幌での講演会

2008-04-13 22:27:24 | ソラからの伝言
ソラからの伝言より

★★5月24日(土)札幌で講演会を開催します★★


2008年4月3日(木)
北海道(札幌)講演会 【地球のナゾを解く・北海道編】 のお知らせ

先日の東京、大阪講演には多くの方がお越し下さいましてありがとうございました。

引き続き札幌にて【地球のナゾを解く・北海道編】の講演会を行うこととしました。
北海道は東の果ての島としてあるのはとても大きな意味があると知らされています。
そして北海道内の遺跡や山へ行きますと、それは思いもかけないことを次々知らされてきました。

北海道が世界でも有数のアンモナイトの産地なのは、
アンモナイトは宇宙の大元をあらわすということと、
北海道に宇宙の大元が降りたというこの情報とつながっていきます。

北海道の遺跡や驚くほど多い遺物はを出来る限り画像にて紹介し、
ソラからの情報と照らし合わせていきたいと思っています。

【会場】札幌時計台ビル6階 第1会議室

【日時】2008年5月24日(土) 14時から16時まで

又、各会場にて先着50名様に本【地震と雲】と冊子【ソラからの物語】を差し上げます。

前売りは2500円、

当日は 3000円

(学生の方は学生証を掲示してくださると1000円です)

前売りはメールかFAXかおハガキでお申し込みください。
メール book@ishikami.jp
FAX 011-666-2856
あて先 〒063-0038
札幌市西区西野8条2丁目12-20 ソラ星出版

*****************************


お近くにお住まいの方、是非お立ち寄り下さい。


この記事をはてなブックマークに追加

顕正会入会強要:2時間にわたり監禁、容疑の会員2人逮捕

2008-01-18 18:30:29 | 富士大石寺顕正会からの脱会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000053-mailo-l15
顕正会入会強要:2時間にわたり監禁、容疑の会員2人逮捕 /新潟
1月18日12時1分配信 毎日新聞


 宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市大宮区)への入会を強要し、
新潟市江南区の無職男性(当時20歳)を約2時間にわたり監禁したなどとして、
県警警備1課などは17日、いずれも同会会員で職業不詳、同市中央区紫竹山7、
午○明容疑者(31)と同市江南区の当時19歳の男(20)を逮捕監禁や強要な
どで逮捕した。県警はさいたま市の本部や新潟市内の施設「新潟会館」など7カ所
を家宅捜索し、書類など約70点を押収した。

 調べでは、両容疑者は06年11月12日午後6時ごろ、新潟市内のレストラン
に男性を電話で呼び出し、入会を勧誘。男性が逃げようとしたため、駐車場で投げ
飛ばすなどして軽傷を負わせ、車に押し込み、新潟会館まで連行して監禁、入会さ
せた疑い。
 午○容疑者は「逃げるとぶっ殺すぞ」などと脅して住所などを聞き出し、入信報
告書に記入。数珠を与えてお経を読ませたという。「けがをさせてはいない」など
と供述し、容疑を一部否認している。当時少年の男は男性の中学校の後輩で、容疑
を認めているという。
 同課によると、勧誘は会員ごとに「自己目標」として入会者数を設定させられて
いたといい、県警は強引な勧誘が組織的に行われていた可能性もあるとみている。

 同会の勧誘を巡っては、トラブルの相談が04~06年で300件以上、県警に
寄せられた。うち暴行や傷害を受けたとする相談も数件あった。会員の知人らを関
連施設などに連れて行き入信させる手法などに共通点があるという。
 同会のホームページによると、発足は57年。全国の会員は公称約124万人
で、県内は約10万人という。【岡田英、畠山哲郎】

1月18日朝刊

最終更新:1月18日12時1分

**************************************************************************
公称約124万人となっていますが、私のように何年も前に活動を辞めた人も
含まれているので、実際活動しているのはもっと少ないと思います。
顕正会員が「絶対、でっち上げだ。こんなことあり得ない」と声にしていたのを
聴きましたが、この表現は、こういう事件が起こると必ず会長が口にしていました。
ちょうど1年前にも同じように報道されていました。
これを期に色々な事を明らかにして欲しいと思います。


コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ホシからのメッセージ、地球似の星、地震雲

2007-05-12 06:05:20 | ソラからの伝言
ソラからの伝言 より抜粋です。

2007年5月11日(金)
ホシからのメッセージ、地球似の星、地震雲

********************************
以下のこともチャネリングなので真偽のほどはわかりませんが、
公開してほしいということで右腕のサインあり。

「お祝いの言葉を述べます。
地球が新しい時代に入りました。
なんとしてもこれまでの苦労をねぎらう毎日を過ごしてほしいです。
人間として生まれるのは、この地球だけです。
イシカミをいじめたイシキのものが行くために、地球に似た星*ができたのです。
そして (イシカミのおかげで) いかに地球がすばらしかったか体験をすることになります。
それから地球に戻ってくるのです。
ナ、ナ、ナ・・ナムの人たち (仏教をはじめ宗教を信じる人) も新しい星に行きます。
それが宇宙の決まりとなったのです」

*)地球似の星
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20095241,00.htm

*********************************

これは、すごいお知らせであると思います。
今、地球に人間として生きているのは奇跡に近いということを
「ソラからの伝言」で知りました。
この素晴らしい地球に生きている事を当たり前と思わず、感謝して日々過ごして
いきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

人間が食するモノ

2007-04-22 17:25:37 | Weblog
最近、立て続けに食に関する本を読んだ。

イギリス人が書いた「狂食の時代

アメリカ人が書いた「もう肉も卵も牛乳もいらない


この2冊を読んで、両国で大量に食されている卵、肉(牛肉、豚肉、鶏肉)、牛乳は、自然の物とは、ほど遠く、人間によって造られた物体であるかのように感じた。
牛等の動物が食べる餌は、人間が造った抗生物質入り。抗生物質は病気を防ぐ為だけでなく、動物をより大きくする為に使われている。卵を産むための鶏は、産まれたばかりのひよこの時、選別で雌鳥は生かされ、雄鳥はゴミ箱行き。鶏肉にされる為の鶏は、抗生剤入りの餌を食べさせられ、わずか週数間のうちに体が大きくなる。急激に大きくさせられる為、鶏の足腰は弱っていて、体の状態が酷く悪くなる寸前に食肉用に解体される。養殖魚も牛等と同様。さらに世界の遺伝子組み換え食品の四分の三がアメリカで、四分の一がアルゼンチン、カナダで造られている。アメリカの大豆の半分以上、トウモロコシの四分の一が遺伝子組み換え食品なのだそうだ。これらの食品を大量に摂取したら間違いなく病気になりそうだ。

最後に日本人(島田彰夫)が書いた「伝統食の復権」を読み、日本人である私が何を食べていけば良いのか考えさせてくれた一冊であった。


人間が大量の動物を食することにより、自然な生き方が出来ない動物がどれほど膨大な数になるのであろうか?企業が営利追求のために動物を人間にとって都合の良いように作り替え、人間は、以前より、安い値段で沢山購入できるようになったのは、歴史の上で50年も経っていない。このわずかな年数で人間の食が急激な変化に直面している。人間にとっても、食される動物にとっても、けっして良いことではない。人間の食に対するイシキを変えていかなければならない時が来ているように感じた。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

かなしい知らせ

2007-03-09 23:15:42 | Weblog
数週間前に電話でお話した方が突然亡くなられたと聞いた。
声も元気そうだったので、信じられなかった。

ある難病が発症して10日ほどで亡くなられたそうだ。
まだ小さいお子さんがいらっしゃるお母さんだった。

お料理を作ってくれたり、たわいもない会話で笑ったり、
言うことを聞かないと怒ったりするお母さんが
突然いなくなってしまったお子さんのことを想像すると
胸が痛くなってしまう。

その方のやさしい面影が脳裏に焼き付いている。
つきつけられた現実はとても悲しい。

ご冥福をお祈りいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

千の風になって

2007-02-27 23:29:44 | ソラからの伝言
昨日、今日と家族2人が「千の風になって」のCD
を購入したい、と急に言いだし、あまりの偶然に
驚きました。
平成18年大晦日。NHK紅白歌合戦で初めてこの歌を
耳にしました。
歌詞を聴いていると、「ソラからの伝言」で知った
情報とよく似ていると感じました。

特に以下の詩の箇所はとても気に入っています。

************************
千の風になって
【作詞】不詳
【訳詞】新井満
【作曲】新井満

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

*************************

人は亡くなった後、肉体は無くなるが、
イシキは残る。
イシキは墓にそのまま居るのではなく
ソラへ行けるということを
「ソラからの伝言」で知りました。


この記事をはてなブックマークに追加

今のところ暖冬ですが。。。。。

2007-01-14 00:31:16 | ソラからの伝言
毎日新聞の記事より

****************************
<原油急落>米暖冬で投機資金が逃避 OPEC、追加減産も
1月13日18時21分配信 毎日新聞


 昨年夏に1バレル=80ドル寸前まで高騰した原油先物相場が急速に下落している。12日には一時、51.60ドルと1年8カ月ぶりの安値をつけた。米欧で暖冬が続き、暖房油(灯油)需要増に伴う相場上昇を当て込んだ投機資金が急激に原油先物市場から逃げ出しているためだ。値崩れを防ごうと石油輸出国機構(OPEC)は一段の減産の検討に入ったが、効果には懐疑的な見方も多く、下落に歯止めがかかるかどうかは不透明だ。【ワシントン木村旬、ロンドン藤好陽太郎】
 ニューヨークの原油先物相場は昨年7月、中東情勢の緊迫化などを懸念し、1バレル=78.40ドルの史上最高値まで高騰した。その後は懸念されていた米石油施設へのハリケーン被害がなかったことから値下がりに転じた。とりわけ年明け以降の下落幅は約10ドルと急ピッチだ。
 冬場は暖房油の需要が増え、通常は原油の相場も上昇しやすい。特に大消費地である北米や欧州が厳冬見通しとなると、先行きの上昇を当て込んで投機資金が市場に集まる。だが、今冬はニューヨークで昨年12月の平均気温が過去最高となるなど米欧とも記録的な暖かさ。米国では「3月まで平年を上回る気温が続く」との予報が出ている。
 米国の暖房油在庫は市場予想を上回るペースで積み上がっており、これまで相場を押し上げてきたヘッジファンドなどの投機筋は思惑が外れた格好だ。相場を左右してきた中東情勢も小康状態を保っているため、市場では「暖冬」がクローズアップされ、「売りが売りを呼んでいる」状況だ。
 中東の産油国などが加盟するOPECは危機感を強め、3月の定期総会前に緊急総会を開き、一層の減産に踏み切る検討に入った。OPECは昨年11月から生産量を120万バレル減らし、今年2月からさらに50万バレル減産することで合意しているが、「追加減産幅を100万バレルに拡大する」との見方が出ている。
 ただ、OPEC加盟国全体(イラク除く)の実際の生産量は12月段階で2690万バレル強と、目標の2630万バレルを大幅に上回っている。利益確保のために、減産合意を無視して超過生産する国があるためだ。消費国の反発を押し切った2度の減産合意も結局、価格維持につながっていないため、今回も「追加減産しても効果は疑問」との声が早くも出ている。
 市場では「50ドルの大台割れ」の予測が強まっており、これまで不安材料として世界経済に影を落としてきたエネルギー高は、ひとまず落ち着いた形だ。

最終更新:1月13日22時4分
******************************

先日、NHK番組「クローズアップ現代」で報道していた、原油高騰で国の収入の8割が石油輸出でまかなうサウジアラビアの問題を思い出した。サウジアラビアは、財政面でとても豊かになり、税金、医療費、教育費がゼロなのだそうだ。
若者は親から小遣いをもらい、働かなくても生きてゆける生活を送っている。
企業は安い賃金で働いてもらえる国外労働者を雇っている。働かない若者が多いサウジアラビアは今は好景気ではあるものの将来に大きな不安を抱えているという。

遠い将来、石油は枯渇するであろう、その時までサウジアラビアは何とかするのであろうか?と漠然と考えていたが、ここ数年で地球全体の気候に大きな変化が起きたらサウジアラビアものんきにしていられなくなると上の記事を読んで思った。
ソラのものは富を独占してはいけない、と私達に教えている。

この記事をはてなブックマークに追加

「顕正会」本部 家宅捜索

2007-01-11 17:57:14 | 富士大石寺顕正会からの脱会
毎日新聞の記事より
*********************************
<宗教法人>「顕正会」本部捜索へ 会員が入会強要容疑
1月11日3時5分配信 毎日新聞


 仏教系宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市大宮区)の会員が強引な入会勧誘をしたとして、神奈川県警公安1課と厚木署は11日にも、強要容疑で会員の男3人を逮捕するとともに、同本部への強制捜査に乗り出す方針を固めた。99年以降、神奈川、千葉、群馬、秋田の4県で会員計8人が暴行、監禁などの容疑で逮捕されており、県警は本部の家宅捜索で、勧誘実態とともに法人の組織的関与も調べる。
 調べでは、強要容疑が持たれているのは神奈川県内に住む少年1人を含む顕正会員の男3人。昨年9月、同県内のゲームセンターで、男子大学生に会員になるよう繰り返し誘い、入会を強要したとみられている。
 顕正会ホームページによると、同会は日蓮正宗の信徒団体として1957年に発足した。74年に日蓮正宗から解散処分を受けたが、公称約112万人(05年12月現在)の会員がいる。一方、入会勧誘のトラブルなどがあり、被害を訴える声も目立っている。
 県警は05年7月、横浜市瀬谷区内で大学生を監禁した疑いで会員2人を逮捕し、横浜地検は「監禁したとされる時間が比較的短時間」として起訴猶予とした。県警は同年11月にも、厚木市内の男子大学生に入会を迫った男性会員1人を暴行容疑で横浜地検に書類送検した。


最終更新:1月11日3時8分

*******************************

全国ニュースでも報道されていました。
これを機会に徹底的に調べ、組織崩壊を望みます。
1月14日の日曜勤行で会長は、
「何も心配することはない。これで、顕正会という名が全国に知れ渡る。
折伏を懸命に行い、全日本人を救おう」などと話すのでしょうか?
この事件を機に顕正会に対して疑心暗鬼になっている会員が目を覚まして
会から離れ、まっとうな人生を送って欲しいものです。

顕正会についてお知りになりたい方は、画面左の「カテゴリ」内にある「
富士大石寺顕正会からの脱会」の中に私の体験等が書いてあります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

富士大石寺顕正会員の訪問

2006-12-04 18:39:16 | 富士大石寺顕正会からの脱会
昨日、来て欲しくない顕正会員が久しぶりに我が家のチャイムをならした。
顕正会員本人には、以前、もう絶対会いたくないし、絶対来ないで、と
何度も念を押して訴えたにもかかわらず、平然とした顔で訪問してくる。
私は、本人を目の前にすると絶対に言い争い(なぜ、顕正会を止めたのか?
一日も早く顕正会に戻ろう、と訴える顕正会員に対して私が反論すること)
になってしまうので、ドアを開けないし、インターフォンにも答えない
ようにしている。
顕正会員は、手紙を残していった。
「カエデ、元気?(内容省略)又、来るね。」といった内容。
顕正会の活動については一切書いておらず、社会で起きている一般的な事柄
が書いてあり、自分は顕正会として会いにきているのではない事をアピール
しているかの様だった。
すぐに手紙はゴミ箱へ捨てた。
その一時間後、本当に又、チャイムをならしにやってきたのだ。
自分の手紙が郵便受けから無くなっている、ということは、私が家にいること
を確認したかのように、、、、。
呆れた。私は、絶対出なかった。
宗教に染まりきった顕正会員は、常識が通用せず、自分の宗教の押し売りで頭が
本当にいかれてしまったようだ。
年末にやってくるのも、功徳の感謝をお金にして顕正会に寄付する
恒例行事の時期でもあり、顕正会員は、その目的で私に寄付させようと
してきているのだろう。
いい加減に目を覚まして欲しい、という私の願いは、当の本人には
死ぬまで届かないかもしれない。

このブログの訪問者の多くは、顕正会について知りたいと思っている方である。
この一ヶ月間、殆ど毎日「顕正会」という検索でこのブログを訪問されている。
きっと、執拗な勧誘や脱会したくても出来ないといった方々が沢山いらっしゃるのであろう。
宗教をやるか、やらないかは、自分で決められます。
やる気がなかったら、はっきり断ってよいのです。
耳をかさなくても良いのです。
どうか、勇気をもって生きて下さい。



この記事をはてなブックマークに追加

最近の報道

2006-11-16 23:20:18 | ソラからの伝言
最近テレビをつければ「自殺」の言葉が連呼されている。
中高生の頃は、大人と子供との狭間にいろんな事で悩んだりする。
私も中学生時代、いじめをしてる子もされている子も見てきたし、
自分自身も嫌な思いをたくさんしてきた。嫌なことが続くと
親や先生には相談せず、一人で抱え込んでいた。死んだら楽かな、
と頭をかすめた事もあった気がする。でも、そんな時代は、数年で通りすぎ
今となっては、そんな事もあったなあ、と客観的に振り返ることが出来る。
色んなことで悩んでいる渦中の若者達、悩むことは決して悪いことではないと
思う。もし、その悩みを誰かに聞いて欲しいと思うなら、当時は無かった
インターネットの掲示板への書き込みでも心は通えることがあるかもしれない。
心が通える拠り所が見つかれば、少しは心の悩みが軽くなるかもしれない。
*********************************************************
ソラからの伝言

「逝き急いでも (災害、自殺など?)、それはこの情報を知らない人だけです」
とだけ言って来る。
(意味は、この情報を知らなくて自殺をするのは仕方がない? 以前から、
星のイシキが慌てて人間を体験しようと地球に降りてくるが、
人間社会に溶け込めず早く星に戻ろうとするイシキがあると伝えられています。
虐待されたり、事故などで亡くなる子供たちの事のようです。
けれどもこの情報では、イシキは望んで生まれて来た、いかに人間に生まれるのが奇跡に近いことか、いかに細胞たちが苦労して肉体を形成しているか知る事になるので、自ら命を絶つことは許されないと言う事です)

2005年3月30日
イスラムの教えは現在は復讐の意味に誤解されたまま伝えられていますが、
“偶像を崇めてはいけない” と言うのと、“災害による死者に対する考え方” は、
ソラから伝えられている事と同じでした。
すなわち、災害で亡くなられた方は、今のまま生きていては知らせる事が出来ないのでと、お知らせ役をかって出られたという事です。
それで災害で亡くなられてからは、しばらく休むなり、望みのままに生まれ変われるそうですが、亡くなってからの事を知ったので大金持ち、有名人などには生まれ変わらないようです。
イスラムの教えに対してこれ迄の日本の宗教の教えは、災害は罰が当たったのでその供養をしなければならない、と大金を取り上げる火事場どろぼうのようです。

自殺についてのお知らせでは、

2005年2月20日(日)
現在死ぬほど苦しいと思っておられる方へ。

2005年2月20日
↓下記のようなメールがありました。
『以前は子供の声が聞こえていたり、夜、家の近くの道路で鈴がなったり、夜中に男女がいるような感じがして、 「家の鍵が開いていた」 というような言葉が聞こえたような感じがした。』 

意味を聞くと
「自殺をする為に事故で亡くなった人たち (家族) です。
その人たちは次の事を知らせ、お別れに来たのです。
“自殺をしてもその思いが消える訳ではなく、楽にはなりません。
(自殺をした場合は) 亡くなっても同じ思いが残り同じ状態が続きます。
今自殺を考えている人は、 死んだつもりで別の進む道を歩みなさい。
自分がなりたい希望を紙に書いて枕元に置いて寝なさい。*
そして雲に挨拶をしてください”
その事を知らせに来たのです」

(言葉が聞こえたように思われた人は)
寝る前に↓次の事を紙に書いて、別の部屋に置いて寝てください。

『あなた達のお知らせする仕事は終わりました。
光の方へ進んで行きなさい。
又、人間として生まれる事が出来るので、もうここにはこない事。』
と、それだけ紙に書いてお休みください。

*  私が98年大変な状態だった時、ソラのモノが同じ事を教えてくれました。
平凡な事でしたが希望する事を箇条書きにして、寝る前にそれを読んで寝ていました。ほぼ99、9%当時の希望が叶いました。
ロボットたちは字が読めるようでその希望をほとんど叶えてくれました。現状に苦しんでおられる方に伝えしていましたが、その後良くなられたとメールを頂きます。

*****************************************

自殺をしても、その苦しいというオモイは、消えないとのこと。
ならば、今ある命を大事にして、人間に生まれてきてよかった、
ありがとうと感謝して死ねる日が来るまで大事に毎日を過ごしたい。

この記事をはてなブックマークに追加

二重の虹

2006-11-12 21:53:17 | ソラからの伝言
今日、朝5時起きで、おにぎりを作り、朝6時すぎに家を出ました。
朝から強風と雨でしたが、2時間ほどの道のりで、
途中、晴れたりして、遠くの山やソラもきれいに見えました。
雨まじりになった頃、大きな虹が出ていました。
は、イシカミさんの大きさを表しているとのことです。
よく目を凝らすと薄い色の虹がもう1本ありました。 
イシカミさん、きれいな虹を見せて下さってどうも
ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加