そらだより

 ~ただいま日本との時差、一時間半♪~

相変わらず

2017-09-24 21:01:40 | ひとり言
面倒な人達を自分の周りに集める癖から卒業出来ずに
いるらしい私(-_-;)


家主一家がキャンプ旅行に出かけたら、自由な生活が
やって来ると期待していたけど、母屋に入居した
オージー女性が想像以上にヤバい感じ。


出かける前に手洗いしたタオルを取り込みに庭へ出たら
即行、自分の部屋から出てきたんで、懐かれたなと
思ったまでは良かったんだけど、話を聞いてビックリ。


昨日、荒れ果てたお隣さんに住む彼女の教会友達である
マレーシア人とお散歩に出かけて10分ほど歩いた場所で
腰と足が痛くて動けなくなって、キャンプ旅行準備中で
家にいた家主に連絡し車で迎えに来てもらったらしい。


その後はどんな姿勢をとっても痛くて全然眠れなかった、
って訴えかけられても、大変ね、大丈夫?くらいしか
かける言葉が思い浮かばず…


彼女が多用する「良く考えてなくて」っていう言い訳。


何で良く考えないかなぁ?


昨日の朝だって、階段を2段下りるだけでも腰が痛いって
言っていたのに、何を思ってお散歩に出かける?


風は冷たかったけど日中は良いお天気だったから、確かに
お散歩したくなる気持ちは分からないでもないけど、普通、
30代(もしかしたら40代かも)にもなって、自分の体調と
相談して行動することくらい出来るでしょ?


「病院に行った方がいいんじゃない?」って言ったら
街の反対側出身だから、こちら側の病院は分からないとか
言われて、反応に困ったもん。


バスで10分ほどのところに救急施設もある大学病院があるし
腰痛の専門クリニックもたくさんありそうなのに、転居前に
主治医に紹介状を書いてもらうとかもしなかったわけね。


持病があるのに、病院の下調べもせずに引っ越しちゃう、
って発想自体が全く理解できない。


そりゃあ、両親も引っ越しに反対するわ。


とりあえず教会友達が隣に住んでいるから彼女が世話を
してあげるだろうし、私に面倒なことを言ってこなければ
それでいいんだけどね。


腰や背中が痛くて眠れないのは可哀想だと確かに思うけど
話を聞く限り、全然同情できなくて、正直困る。


痛みよりも思慮の無さの方が可哀想かも。


そんな痛みがある中、わざわざ外まで出てきて話す内容が
ビニールがついたまま食材を調理をして火が燃え上がり
呆然としていたらお母さんが消化してくれた、とかで
私の寝室は母屋のキッチンと壁一枚だから、その会話を
近くで聞いていた家主の奥さんに火災報知器の電池交換を
即行頼んじゃった!


もし母屋で火が出て傍観されちゃったら、間違いなく
逃げ遅れちゃうからね。


あー恐ろしい。


早く親が迎えに来て実家へ連れ帰ってくれないかなぁ?


きっとそれが彼女にとっても、周りの人間にとっても
一番良いと思うんだよね。


とりあえず彼女が何かをしでかした時のために家主一家が
キャンプに出発せず家にいてくれるのは私にとって意外と
ラッキーなことなのかもしれないね。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ

クリックお願いしますm(__)m
『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎度のことながら | トップ | 正直、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとり言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。