そらだより

 ~ただいま日本との時差、一時間半♪~

頻繁に

2017-03-20 08:25:32 | ひとり言
「何でそんな人と友達なの?」って聞かれるのが
前の前の前の前の大家さん。


マイ・ベイビー達の飼い主だから、彼女達に会いたいと
もれなくついてくるのが大家さんというだけなんだけど
あの家を出て2年半くらい経つのに、やっぱり好きには
なれないんだよなぁ(^_^;)


自分と自分の家族だけが素晴らしくて正しくて、他は
全部ダメという視点に立って話すから、性質が悪い。


確かに億万長者だし、娘達はそれなりの収入がある人と
結婚して、自宅だけでなく貸家も持っていたりするし
息子も2年で2度目の婚約をして、今回はどうやら本気で
結婚するみたいで、彼女を満足させている様子。


離婚率が高いオーストラリアで誰も離婚していないって
いうことが自分の子育て成功を示していると信じていて
頻繁に自慢しているからね。


それも離婚している人や未婚の人に話して、優越感に
浸るんだよなぁ。


誰もそんなことを気にしていないのに。


常に誰かと比較して、相手を貶めてでも自分が優位に
立たないと気が済まない、ホント嫌な性格。


この前もリサイクルショップで買ったジーンズを見せて
どれだけ安く品質の良い品を買ったかを自慢していて
ちょっとウザかったから、久しぶりについ「私だったら
買わないな」って言っちゃったのね。


だって、セールだったら新品のジーンズが1000円台とかで
変えたりするじゃない!?


誰が着たか分からない古着ジーンズに800円出すくらいなら
新品を買うかな、と。


まぁ、価値観の違いってやつね。


そしたら、猛反撃された。


そのジーンズが、私が買う中国製やベトナム製とは違って
オーストラリア製でデザインも品質も良い、とか、元々は
相当な値段であなたには買えないような商品だ、とかね。


挙句の果てには「もう洋服はあげない」だって!


いつもリサイクルショップに持って行く前の洋服を大量に
くれるんだけど、大抵、ボタンが無かったり破れていたりで
すぐに着れるものはほとんど無いし、何しろ70代の女性が
着ていた服だから、デザインが年配者向けのものも多くて
結局、選別した後に着ない服はリサイクルショップへ持って
行くことになるんだよね。


だから、別に要らないかな。


どうせ私がいいなと思った服はくれないんだし、彼女が
くれた服をリサイクルショップで見つけても、多分どれも
買わないだろうし。


値段にもよるけど、結構高かったりするんだよ。


ブランドにこだわった時期もあったし、同じブランドの服を
いっぱい持つことに満足していたこともあったけど、今は
あまり気にしなくなった。


それで、彼女がくれた服を着たり出来るって話もある。


一人っ子だから、お下がりを着た記憶すら無い私。


ヴィンテージ物ならともかく普通の古着をプレゼントされたら
昔なら相当不愉快な気分になったと思う。


誕生日にもクリスマスにも自分が要らなくなった服をくれ
感性の違いをまざまざと感じさせてくれる彼女。


さすがに誕生日やクリスマスのプレゼントに古着は無いよね。


彼女的には良い施しをしているつもりで、それも優位に立つ
手段ではあるんだろうけど、正直ウザい。


親切心や思いやりがかけらも無いからね。


この前も「牛乳買ってきて」と頼まれて買って行ったけど
代金を払う気すらない。


彼女に言わせると「いつも服をあげているじゃない」、「本当に
あなたってケチね」って話になる。


あなたは自分にも私にも不要なものをくれて、私はあなたが
必要なものを自分のお金で支払って施してあげているんですよ、
って話なんだけど、彼女にはその論理が理解できないんだよね。


価値観、感性、感覚、全てにおいて違うし、マイ・ベイビー達が
いなければ、とっくに縁が切れているはずの人。


服なんか要らないから、マイ・ベイビー達を私にくれないかなぁ?



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ

クリックお願いしますm(__)m
『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋なのに | トップ | ほんと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。