そらだより

 ~ただいま日本との時差、一時間半♪~

引っ越しをして

2016-10-13 21:02:03 | ひとり言
面倒な人間関係からも騒音からも逃れられたと思ったのに
何故かまた変な人を引き寄せてしまっていた私(-_-;)


転居直後は、自称管理人の母屋のバカオージーに対して
多少の信頼感を持っていたんだけど、約2ヶ月を経て
完全に消えた。


だって思いっきり有言不実行者で、超嘘つきなんだもん。


出来ないことを出来る、やらないことをやる、と言うから
超迷惑(-_-メ)


断言されたら、出来るのかと思っちゃうじゃない?


別に学歴や職種で人を判断するのは好きじゃないけど
彼に関しては、やっぱりな、って感じ。


48歳無職でシェアハウスに住んでいて、顔見知り程度の
私にまで借金を申し込むってどういう神経なんだか。


借金を申し込む前に、たばこを止めて車を売れば?って
心から思う。


ノンスモーカーの私はよく知らないけど、たばこって
すごく高くて、確か1本1ドルくらいするはず。


過去の栄光(10代の頃はフッティで州代表に選ばれて
将来を有望視されていたけど、ケガで挫折したらしい)に
30年以上も囚われている可哀想な人。


10代ならいくらでも違う道を選ぶことができたはずなのに。


今だって失業保険だけが頼りの自堕落な生活をしないで
山のようにある無料のコースで資格を取るとかすれば
失業保険に加えて学習手当や通学手当まで貰えて、その上、
タダで資格まで取れて、今よりずっと就職できる確率が
上がるのに、そういった努力はしないんだよね。


で、仕事が決まらないって文句を言う。


私が採用担当者でも、採用しないわ。


元パートナーのところに残した10歳の娘を定期的に預かり
男ばかりが住むシェアハウスに泊めているけど、それって
普通のことなのか、ってのも外国人の私には理解できない。


男の子ならまだしも、アル中を含む4人の男性が住む家に
10歳の娘を泊めるって発想すら、私には出来ないかな。


自分を彼の娘や元パートナーの立場に置いてみても、正直
よい感情は全く持てないんだけど、娘も普通に来ているし
元パートナーも娘を送ってきたりしているから、彼女らも
きっと疑問も抱いていないんだろうね。


バカオージー以外とは、挨拶程度しか話したことがなくて
実際どんな人達かは分からないし、もしかしたら彼の娘が
彼らに懐いている可能性も排除できないけど、やっぱ微妙。


バカオージーには、これまでもゴミ出しや片付けなどで
嘘ばかりつかれていて、同居しているわけでもないから
なるべく関わらないようにしようとしていたんだけど、
ヤツは私が関わらないと仕方ないようなことを引き起こす
天才みたい。


先々週の水曜日に嵐の影響で、南オーストラリア州全体が
停電になって、我が家は6時間くらい電気が復活しなくて
結構大変な思いをしたんだけど、まさかその一週間後に
また停電で苦労するとは思いもしなかった。


それも一週間以上続くなんて、想像すら出来なかった。


先週の水曜日、ちょうど晩御飯のお肉を焼きながら用事を
していて、お肉をひっくり返そうとキッチンへ行ったら、
電子レンジの時間表示が消えていて、お肉も全く焼けて
いなかったんだよね。


お天気の良い日だったけど、また少なくとも地域全体が
停電したんだろうと思って、母屋に確認しに行ったら、
バカオージーに「もうすぐ修理の人が来る」と言われ
とりあえず調理中の肉だけ母屋のガス台で焼かせてもらい
外からの明かりだけを頼りに何とか食事をすませた私。


我が家(離れ)はガスが通っていないからね。


その後、母屋に住む別のオージーからバカオージーが
拾ってきた子供用のスクーターを充電しようとして
ヒューズを飛ばしたと聞き、怒りがフツフツを湧いてきた。


数時間後に電気工事の人が修理に来て母屋だけ電気が復活。


何故か我が家は復活しないまま昨日までの一週間、全ての
コンセントが使えず、寝室の電気もつかない状態で、本当に
大変な思いをさせられた私。


ヤツが我が家の停電のきっかけを作ったんだから、当然、
修理の手配をするのもヤツの仕事だし、本人がちゃんと
手配するって言うから任せていたら2日も経ってしまい
金曜に自分で大家さんに連絡したけど、留守電もメールも
無視され、そのまま週末からメルボルンへ行くことに…


さすがに電気が復活しているだろうと思って帰宅したけど
まだ復活していなかったから、激怒りのまま、大家さんに
「電気が復活するまで家賃を払わない」ってメールしたら
即行、電話がかかってきた。


大家さん曰く、ヤツからは何も連絡が無かったし、家賃の
回収(母屋は現金払いで、私は銀行振り込み)に来た時に
我が家の玄関をノックしたけどメルボルンへ行っていて
いなかったから、我が家が停電したままだということにも
気づかなかったらしい。


っていうか、先週の水曜に5時間以上も停電したことすら
聞いていなかったそう。


あのバカオージー、自分がしでかしたことをを隠したくて
大家さんに何も言わなかったわけ。


不都合なことは言わないって最低じゃない?


停電のきっかけを自分が作ったのに謝ることすらせず
自分がツイていないことを私達に愚痴るって、本当に
どういう神経をしているんだろうって感じ。


別のオージーは「止めたのに、アイツ、コンセントを
差しこんじゃったんだよ」って言ってたくらいだから
ツイてるツイてないって話じゃなく、完全な自業自得。


母屋の電気が復活したのに、離れの電気が戻らないのは
離れの電気工事をした人がいい加減な仕事をしたからだ、
とか、他人のせいにしてたし。


それまで全く問題なく使えていた電気やコンセントが
自分の馬鹿な行動のせいで使えなくなり、関係のない私が
多大な迷惑をこうむっている、という風には一切考えない。


自分は悪くない。


全ては他人が悪い。


この人って50年近くずっとこうやって生きてきたんだな、
って手に取るように分かる。


水曜の夕方、帰宅したら電気が復活していたということは
大家さんに言えば多分すぐに復活して、私はイライラして
眠れない一週間を過ごさなくて済んだわけ。


私にあんなにストレスが溜まる日々を過ごさせておいて
借金のお願いに来るなんて、ほんとあのバカオージー、
厚顔無恥の典型だわ。


ヤツの不幸が伝染してこないよう、とにかくヤツとは
関わらないようにしなきゃ!



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ アデレード情報へ

クリックお願いしますm(__)m
『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春なのに | トップ | 先月、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。