福島被災動物レスキュー(NPO法人SORAアニマルシェルター)

東日本大震災等で行き場を失ってしまった動物達の保護活動をしています。
「世界一楽しいシェルターにしよう」を合言葉に…。

活動報告⑥

2011年04月07日 | 活動報告
4月2日 南相馬市 浪江町

前日にUKCジャパンさんと栃木県手前の白河ICで待ち合わせをして、ロッキーちゃんと道路で寝てた(仮名 どうちゃん)を湘南にあるUKCジャパンさんのシェルターに搬送して戴き、次の日出来たら、秋田犬を保護しようと、シェルターを貸していただける様に聞いてみたら「それはいいんですが、秋田犬は噛むから気をつけてね、無理はしないで・・・」と、快く引き受けて下さった上に、ご心配までして戴いたのですが
「南相馬市でおばあさんが1人で犬の世話を数匹やってるので、それを明日UKCで南相馬入りしてシェルターに運ぶので、おばあさんが餌をやってるところから、UKCが行く所まで運んでほしい」という話になり、手伝うことになりました。

その話だと元々どこかに繋いであるのを歩いても移動出来るようだし、それはすぐに終わらせて、あとは秋田犬のところに行って・・・、なんとか噛まれないように頑張ればいいんだと・・・

わたしが自分なりに考えてる捕獲の教訓。
動物には自分の首と目さえ噛まれなければ、自分は生きてはいける。
自分が捕獲しなかったら、動物達は生きていけない。

UKCジャパンさんに教えて貰った住所をナビに入れると、30㎞圏内突破、20km突破、途中犬の世話をしているというおばあさんのOさんと直接連絡をとって、無事にOさんの所にたどり着くと、ボランティアで集まってきたという方達が男女5~6人・・・

犬を移動させるだけだったら、わたし達が来なくても良かったんじゃない?と思って、牛にご飯をあげに行ったというOさんに電話をすると「みんな、犬を触れないっていうのよ・・・」と・・・

ここから色々と話はあるのですが抜粋して書いていきますね(>▽<;;

結局、移動ど聞いてたのが、捕獲でした・・・。

まず、Oさんが牛のご飯のあとに1匹連れて来るというので、その場に車を数分走らせたら大型犬をOさんが連れてて、またさっきと違うボランティアさんの車もその場に・・・

ケージ、ケージとみんな騒いでるので、私が綱を持ち、パジェロミニの後ろを開けて、荷台に少し綱を引っ張ったら、自分でちゃんと乗ってくれました。


(やせ細ったボルゾイ)



(自分の車にこんな立派な犬が乗ってるのが不思議です)

すっごい可愛いボルゾイ。
普通、大型犬を飼っていると、一緒に車に乗ったりするので、ある程度は自分で車に乗る癖がついています。

わたしはこのボルゾイを犬を触れないボランティアさんのたまり場に運んで、まゆちゃんは別の柴犬の捕獲に行きました。

まゆちゃん、シバ犬保護。

ボルゾイに引っ張られても、まゆちゃんがシバ犬の重いケージを運んでても、誰も手を貸してくれません・・・

その後、ラブラドール他数等が居るというので、別の場所へ車4台で移動ということに・・・

Oさんとボランティアさんが運転してる車の後ろを付いて、車を走らせて15秒の場所で待ってても、誰も後ろについてきません。

10分、20分待っても来ません・・・

こっちは秋田犬を捕獲に行くことが目的なのだし、今居る場所が正直、18km圏内なのか、11キロ圏内なのかさっぱりわかんない場所なのだし、まゆちゃんはまだ新婚さんでこれからの人だし、1分1秒でも早くやることをして、動物達を数多く助けたいのに!

ようやく後に1台ついてきて、もう一台の様子を聞いたら、ガソリンが心配だというお話で・・・、ガソリンを入れてから来ると・・・

まゆちゃんと私も車内で怒り爆発!

とりあえず、私達の車の後ろの車に大きなケージを積んであるので、その車さえあればいいということで出発・・・

10分後・・・、後の車は居なくなりました・・・

途中あちこちで猫のご飯をOさんがあげてたし、ゆっくり走ってたしなんで後の車が付いてこなくなったのか意味がわかりません。

よくわかりませんがOさんが以来されてた犬を1匹保護(あたし達2人で!)

こっちに積んでる中型ケージに入れ、次の場所へ・・・

途中、明かりが一つも点いてない真っ暗な長いトンネルを潜り抜けて、ラブラドールの元に到着。

でも、大きいラブラドールを入れるケージの車が来てないし、自分からも車に乗ってくれない・・・。

時間がどんどん遅くなって、日も傾いてくる中、こっちは秋田犬の方に向かわなくちゃいけないし、嫌がるOさんと一緒に居たボランティアさんに無理無理、さっき捕まえた犬をそっちにあるダンボールの中に入れて、あとリードを車の中に繋げられる棒を探して、そこに動けないように固定して移しました。


(とても大人しくて可愛いわんこです)

こんな時なんだから、使えるものは何でも使えよぉ・・・と思ってやってるのに、こっちがやってることは文句言われっ放し・・・><


(かなりでかいラブラドール)

いざ、中ケージにラブラドールを入れようと、まゆちゃんと奮闘。


(Oさんと一緒に居た方は一眼レフカメラを持ってたので、こっちの緊急用コンパクトカメラを渡して1枚撮って貰いました)

ケージに中々入らなくて、暴れまくるのを「可哀想」「もうこんなになっちゃったら2度と捕まえられないわね」と傍から見てる二人に「手伝って下さい!!」と声をかけて、やっともう少しで蓋が閉まるというところで、ボランティアさんが「もうダメ」と力を抜いてしまったので、まゆちゃんがバカ力を出してくれて、ようやく保護成功。

重くて、どう考えても二人じゃ車に乗せられないのをまた見てるだけなので「手伝って下さい!!」とまた声をあげる・・・

ここの場所にたどり着くまでにパトカーに止められて「今、こっちの方、放射能がかなり高くなってるから、すぐに出て行ってください」と言われたし、2度と捕まらないじゃなく、こっちは絶対に捕まえるって覚悟で来てるのに・・・
しかも、ただの移動、歩いて行けるくらいの距離を散歩感覚で移動させるだけって感じに伝えられてたし、20圏内ですか?って聞いた時も、20km圏内じゃないと聞いてたし・・・

しかも!UKCジャパンさんからOさんには、捕獲のプロが二人行くからって話が来てたそうです。

うちのまゆちゃん、犬を飼ったことさえないんですが・・・
あたしも犬は大型も小型もアライグマも飼ってるけど、大規模に捕獲するなんて今回が始めてで、物凄い意を決して来ただけなんですけど・・・

あとは猫の餌と言ってたので、私達は秋田犬の方に向かいます!と言って、Oさん達を置いてその場を後にしました。

また途中であの真っ暗なトンネルを通り、まゆちゃんと「こえぇぇーーーー、すっげぇこえぇぇよぉぉーー、このトンネル、抜けられなかったりしてぇぇぇーー」とか騒ぎながら車を走らせてると、少し道に迷ってしまい牛に出会ってしまいました。



2匹は自分で逃げたのが、放し飼い状態で、牛舎の中には餓死してる牛ゴロゴロ・・・
逃げようと必死にロープを引っ張ってる牛・・・
親がそこに居るのか、離れてるのに牛舎から出ない子牛・・・




ごめんね、ごめんね
今度生まれ変わったら、絶対に牛には生まれないで・・・
放射能で20km圏内からは神様さえ逃げてしまったとしか思えない光景・・・
神様たすけて





ごめんね
あたし達にはどうすることも出来ない・・・



ラブラドールをボルゾイ達が居るボランティアさんのたまり場に置いて(また2人で)、リードが全然無いのに、こっちから持ってきたリードは直ぐ切れちゃうーとOさんに言われてしまったので、周辺を探して牛用のロープ等で繋いで来ました。

中型ケージに入れてる姿を見て、後を結局来なかった大ケージを積んでた車の女の人に「こんな狭い所じゃ可哀想」とまゆちゃんが言われたそうで、「大ケージを積んでたのはあなたじゃないですか!」と言ったら、「だってぇ、見失っちゃったんだもんっ」と・・・

で、すぐに自分達は建物の中に入る・・・

正直、わたしはたまり場に着いた時点で、この人達は無理だ・・・と思ってたので、ボランティアの人達が何人居たのかが全然わかってなく、まゆちゃんに色々と教えてもらいました。



いざ!秋田犬!!

・・・と向かって、しばらくすると、2匹の放浪犬発見・・・


(若いまゆちゃんの匂いに引き寄せられてる図)


(一度繋いで捕獲準備)

ちょうど、その時UKCジャパンさんがボランティアのたまり場に着きそうだと連絡があり、先日ロッキーちゃんとどうちゃんに使ったケージも返して下さることになってたので、とりあえず、今ここで1匹捕獲して、UKCジャパンさんの車に乗せて運んで貰おうという作戦をまゆちゃんと立てました・・・

犬1匹捕獲




もう1匹は張り紙をして、なんか書いてあるポールに繋いでおきました。

たまり場に出発・・・と走って、1分ほどで、横から黒い物体発見。

近くで捕獲してるのを見てたのか、車に近寄ってきたようです。

黒ラブ・・・

うちの自宅に居る黒ラブはかなり性格が荒くあたしの事も噛むので、黒ラブ要注意・・・

まゆちゃんとご飯だけ置いていこうか・・・



(よくみるととても優しい顔の黒ラブ)

・・・という話にもなったのですが、あとで後悔しそうだったので、もうどうにでもなれーという気持ちで捕まえ、大きいし、無理にケージに入れる時間も無いので、車に猫缶で誘導しながらそのまま乗せて、もうリードも無かったので、パジェロミニのシートベルとをぐいぐい引っ張りだして、首輪にグルグル撒いて固定して、たまり場に向かいました。



わたし達がたまり場に着いて、すぐにUKCジャパンさんも到着。

「お疲れ様でーす」と明るく挨拶をしたら、いきなり関西弁のおじさんに
「あんたらなー、遊びに来てるとちゃうんやでー!!」と怒鳴られました・・・

へ?、あたし達、UKCジャパンさんから頼まれて、手伝いに来たんですけど・・・と言う暇も無く、怒鳴られ続け・・・

こっちは放心状態で言葉も無く、代表の細さんはOさんの元へ・・・

どうやら、Oさんが犬に触れないボラさんの事を代表の細さんに文句を言っていて、あたし達はその方達と勘違いされたようです・・・

その後、Oさんから説明をされたようで、少し態度が変わり犬の簡単な捕獲方法を教えてくれて、「ねぇちゃん達なー、女二人でやってると、泥棒だの色々いるんやさかい、あっという間に殺されてしまうで!」とご心配の言葉を承り、今はもう1匹繋いで来た犬の元へ早く向かわなくちゃいけないのと、秋田犬の事が優先だったし、使い易そうなケージを2個貸して貰って、その場を離れました。

いいの・・・
こっちの言いたいことは後から言えばいい、今は繋いできちゃった犬と秋田犬。
せっかく教えて貰った捕獲方法も腸煮えくり返ってる状況でまゆちゃんと聞いてたので二人ともよくわかってませんでした。

「まゆちゃん、説明聞いてた?、あたし全然わかんなかった」

「あたしも聞いてなかったです、いいんですよ、あたし達にはあたし達のやり方があるし!」

「そうだよねーー!!」

空も薄暗くなりかけてます・・

この場所にたどり着くまでに、あちこち道が津波で遮断されてたり、陥没してたり、橋が落ちてたりして、ナビが正確じゃないので、暗くなると非常に危険。。

現にロッキーちゃんの元に向かう時に、側溝に右後のタイヤが嵌ってしまい、まゆちゃんに押して貰って抜け出したし・・・

繋いできてしまった犬に到着。

すると、何故かもう1匹・・・



ギャーーーという気持ちを抑えて、2人とも黙々と捕獲準備。

日も薄暗いを通り越してきました、あたし達のやり方の捕獲方法で苦戦して

「さっき聞いたのやってみる?」とやってみたら、あたし達のやり方の半分の時間。

2匹目もその方法でササッと・・・

細さん、ご指導をありがとうございました。



この後で秋田犬は日もどっぷりと沈んだ頃になってしまうので、泣く泣く秋田犬捕獲は諦めました。

ご飯だけはまだ開けてない大袋も2袋、犬小屋近辺の倉庫に残ってたし、やつだったら勝手に袋を開けて食えるし、餓死することはないだろう・・・

この2匹は東京からレンタカーで友人のOさんが迎えに来てくれて、UKCジャパンさんのシェルターに運んでくれる手配をまゆちゃんがしてくれたので、ここから福島市まで2時間半、そこから、矢板ICまで1時間半運転して、無事に友人Oさんに渡しました。

福島市の自宅に帰ってきたのが、午前1時過ぎ・・・

もう福島市にシェルターが無いと、現地での捕獲、県外までの運搬はかなり体力的にもきっついです( ノω-、)

どうかどうか、シェルター設置にご協力くださいm(_ _)m

三菱東京UFJ銀行 立川支店
普通 0085844
一般社団法人 SORA (シャダンホウジン ソラ)
代表理事 菅野利枝(カンノリエ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご支援のお願い | トップ | 速報 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シェルターについて (エンガワ)
2011-04-07 13:31:45
ご活動、頭が下がります。
獣医でもないし車も運転できないので使えない奴ですが、お役に立てたらと思ってます。
シェルター設置などで必要な物資など教えて頂ければと思います。

牛も… (内田)
2011-04-07 21:47:11
私も先日、ボラで活動してきました。牛も周りで餓死した仲間を見て「死にたくない!」と必死なんだと思います。牛は死んでも仕方ない、家畜だから仕方ないと考える人も中にはいるかもしれません。せめて明日を生きられるように命を繋いでほしいです。保護が難しいなら小屋から出してあげたりロープを切ってあげたり、それが許されないなら餌や水だけでもあげてほしいです。私がボラで入った地域にも餓死寸前の家畜たちがいました。なんとか餌を集めて与えることができました。あの時の牛や馬の目を忘れられません。命を繋ぐことが今とても大切だと思います。
Unknown (まぁちゃん)
2011-04-08 00:12:24
本当に本当にありがとうございます。

少しばかりですが、振込みさせていただきます。
お願いします。 (Unknown)
2011-04-08 01:12:29
最近、毎日拝見しています。
我が家にはwankoが3頭。
元々私も動物好きです。
人間の事はもちろん、気になるけれど、
後回しというか放置になっている動物達が
ずっと気がかりでした。
気を揉むばかりで、こちらのblogを観ては
活動頑張って!!と思いながら、このままでは
ますます飢えて命を絶たれてしまう動物達に
何も出来ない自分が不甲斐なく、、、
ただただ少しでも多くの命が救われますようにと祈る日々です。
毎日大変ですがどうかお体に気をつけて、
活動を続けてください。
保護された黒ラブ (sH)
2011-04-08 14:47:28
はじめまして。

保護された黒ラブについて特徴など教えて頂けませんか?
うちにももうすぐ7才になる黒ラブがいたのですが、11日の津波で行方不明になってしまい捜しています(安否不明)。

こちらに似た黒ラブの写真があると聞き拝見したところ、確かに似ているように見えます。

オスで未去勢、先天的に前と奥以外の歯はありません。33キロ前後で黄色い首輪と青いリードがついていました。

もし保護された先が移動されているならそちらにお問い合わせさせて頂きます。
情報 宜しくお願いします。
sHさん 黒ラブ情報 (うらん)
2011-04-08 15:48:37
黒ラブ情報
dog woodさんのプロフに
⑧南相馬原町で行方不明@わんこ

黒のラブラドールレトリバー6歳の男の子

欠歯で前歯と奥歯しかない

この子じゃないですか??
黒ラブ (うらん)
2011-04-08 15:59:23
すいません 探してる方の情報でした。
勘違いしてしまいました。早く見つかるといいですね。
Unknown (よっちん)
2011-04-09 18:17:01
はじめまして。
わんこの保護活動、本当にご苦労様です。

いろいろなサイトを見ながらふと気づいたのですが、
この記事の最後に保護している柴のわんちゃん。
青い首輪をしているわんです。
もし、青の首輪と一緒に白いノミ取り用の首輪も一緒についていましたら
飼い主が探しているようです。
写真ではっきり見えなかったので、すいません。

お探しの地区は小高区です。浪江町と小高区、そちらの地理にうといのでどれくらい離れているか見当がつかないのですが
わんこが彷徨える距離ならもしかして?!と思い、コメントさせていただきました。
まちがっていたらすいません。

東北地震犬猫レスキュー.com 【福島県版】
迷子捜索&保護掲示板に載っています。
http://bbs7.sekkaku.net/bbs/?id=hukusima1&mode=res&log=130

http://bbs7.sekkaku.net/bbs/hukusima1.html
Unknown (sora)
2011-04-09 23:21:44
頭が下がります。足手まといの高みの見物和尚様ボランティアなんていりませんよね。遠くて参加できないわが身が腹立たしいです。
私の代わりに、お願いします。放置されているつながれた家畜ですが餌や水を与えても、その場限りです。その子の野生の生命力を信じ、策の中から解放・綱から離す事してやりたいのです。飼い主ではありませんが、死んでしまうよりはと思います。私の代わりにお願いできませんか?どうか切なる願いです。かなえてやってください。
Unknown (みや)
2011-04-09 23:32:23
ワンのレスキュー有難うございます。慣れないのに、大変な思いでがんばってくださっていて、感謝しています。関西のおっちゃんに一方的に罵声を浴びせられ、気持ちがくじけなかったなんてさすがです。
記事の中の離れられない子牛ですが、母牛が死んでしまったのでは?そうなると、ミルクを飲めないで死んでしましますが、どなたかレスキューしてやれないものでしょうか?
Unknown (Unknown)
2011-04-11 08:01:04
愛玩動物と家畜。
場所の問題、管理者の問題と
理由を挙げるが
やはりそこにはやはり大きな隔たりがある。
なぜ動物保護っていうのだろう。





すみません・・ (Unknown)
2011-04-13 00:41:34
上のコメントを書いた者です。
写真を目にしてしまいついつい動物保護って?
と書いてしまいましたが
自分の書いた文に謝罪させてください。
現地で頑張ってらっしゃる方に言える
言葉ではないですよね。
一番やるせないのは見られた方ですよね。
伝えていただき本当にありがとうございます。
お許しください。
黒ラブ探しています (佐々木)
2011-04-14 18:50:56
福島県双葉郡大熊町で飼っていました。当時は黒い首輪をし、青い名札をつけていました。年齢は9歳(オス)なのであごのあたりは白髪です。ここに載せられている黒ラブは青い名札をつけていませんでしたか?前足のわきの下にしこりはありませんか?探しています。教えて下さい。
探しています。 (小川)
2011-04-16 01:04:09
南相馬市小高区、八歳のオスの黒ラブを探しています。名前はコークで、チェーンの首輪をつけています。保護された黒ラブに似ているため、保護された場所や特徴など詳細を教えてください。どうかよろしくお願いいたします。
被災動物たち... (Sandy)
2011-04-17 02:37:17
はじめまして。
保護活動、本当にご苦労様です。

被災動物たちの状況は台湾でも心配している人があります。何が私たち手伝いことがありますか?

そして、大変申し訳ありませんが、牛たちについて、本当にどうしても援けられないでしょうか?
皆、牛の状況のニュースを見ると、すごく悲しくて、焦ります...お願いです、少なくとも、どうか牛たちを助けて...
東北地震犬猫レスキューcom.より【計画避難区域・犬猫一時預かりプロジェクト】参加団体募集のお知らせ (東北地震犬猫レスキューcom.)
2011-04-21 09:57:57
~~【計画避難区域・犬猫一時預かりプロジェクト】参加団体募集のお知らせ~~
   
東北地震犬猫レスキュー.comという迷子・救援掲示板の連絡担当の河嶋と申します。 

このたび当サイトにて「計画避難区域・犬猫一時預かりプロジェクト」を考えております。
4/11に政府から「計画的避難区域」についての発表がありました。
時間はあるかのように思われましたが、
計画避難区域での保護や一時預かりの告知や手配が進んでいない状況です。

こちらが計画内容となっております。
http://tohoku-dogcat-rescue.com/hinan.htm

ご賛同していただける団体様を募集しておりますので、
保護活動でお忙しいこととは存じますが是非ご協力の程宜しくお願い致します。

「計画避難区域犬猫一時預かりプロジェクト 参加団体募集ルーム」
http://bbs6.sekkaku.net/bbs/?id=sonota2&mode=res&log=17

こちらのルームに直接書き込んでいただいても結構ですし、
メール返信にてお返事でも結構です。
どうぞ宜しくお願い致します。

東北地震犬猫レスキューcom. 連絡担当 河嶋
捜索HP (SHO)
2011-04-21 12:12:24
こちらで犬種ごとで捜索できるようです。
http://www.home-3.com/maigodog/retriver.html
1匹でも多くの仔がご家族と出会えますように。。
落ち着き次第 わんにゃんの預かりをするつもりです。
なんだかね (エマ)
2011-04-26 11:37:48
使えないボランティアは余計疲れる。
気持ちだけで結構です・・・
黒ラブ佐々木さんへ (ナット)
2011-05-18 00:41:52
先日UKCのシェルターに行った時に、顎の毛が白い黒ラブがいました。
かなり人なつっこい子でした。
申し訳ありませんが、シコリや名札等は記憶にありません。
直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。
もし、既に見つかっていたら嬉しいのですが…。
再会出来る事をお祈りしております。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL