SORA

2009年11月28日(土)19時25分
大切な兄を天国へ見送りました。
みんなで支え合って過ごしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013-05-07 23:41:18 | ヒロのこと

仕事がお休みの前夜。
なんだか寝付きが悪く色々考え事をしていた。

ヒロは居ないの…?
どこいっちゃったんだろ…
もう会えないの…?

考え出せば苦しくなり現実を思い知らされる。

せめて、夢でだけでも会いたい
けど目が覚めた時にもっと苦しくなるのが怖いな。。
やっぱ私はまだ夢で会いたくないな

と思い寝る事にした。

すると、面白い夢をみた。

わたしは職場にいる…
ある小さい男の子がわたしの所へ来て
その子が泣きながら『迷子になるった』と
わたしは店内放送を入れようと思いその子に『名前は言える?』
と聞くと…

『○○○○ひろのりです』




そこで目が覚めた。

さすがヒロだね!!
えりがまだ会いたくないって言ったら名前でけ夢に出演!(^^)!

思いが繋がっている事がわかりすぎて
すごく嬉しかったよ♪

またえりが会いたいと思えたときは出て来てね(●^o^●)!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亡くなったら終わり…??

2012-03-16 22:03:35 | 日記

IDが分からなくなり…

なんとか復活できました。

最近の休日は、仲良しな友達とヒロのお墓参り
毎回毎回付き合ってくれて、一緒にお墓掃除したり花の水を変えたり
してくれてありがとう!!

この間の休日はその友達と2つのお墓参りに行った。

ひろと地元の男友達のお墓。

その一緒に行ってくれている友達も
共通の友達なので一緒に毎月お花をもってお参りに行っている。


その時2人でこんな話をした…

人は亡くなったら終わりなの…?
みんな悲しみが…その人が居ないことが当たり前になったかのように。
はじめだけ…

それって寂しいねそんなの嫌だね。

あたし達姿が見えなくても
今でも居るからお墓にいく!!
忘れてなんかないよって
あたし達の
毎月の行事になっている
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お墓

2011-12-15 22:16:57 | ヒロのこと

久しぶりの日記

11月27日のひろの三回忌にお墓が建ち
納骨をしました

また、ひろと繋がるアンテナが1つ増えました

けど、家から遺骨がなくなってしまった寂しさも
どこかにあります

今の所かかさず、週2日の休みはお花を持って
お墓にいってます

お墓参りをして…
私の休みの1日がはじまる

これからも行ける限り休みの日は
お墓参りからスタートしていこうッッ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マタイツカ

2011-08-02 23:48:21 | 日記

マタイツカ       lecca

会いたいと思っても 会えな日もくることを
知った頃から いつかこんなふうになるって
予想してた こわいと思った、けど
何もできないで時がすぎた
せめて別れの時には 静かな私でいよう

「マタイツカ」「マタイツカ」
とめどなくあふれるすがるような祈り
またいつか、それはいつか
わからないままでも口に出すよ

きみを最後まで 不安にさせないよう
返すなら この日の笑顔
いま泣いたら見えなくなる ねぇ またいつか

ありがとう、って伝えたいと思ったときには手遅れって
どんだけもたもたしてきたんだ、って私情けなくて
何かできる時にしないで
何もできなくなって嘆いている
私は阿呆です いまも失い続けてる

「マタイツカ」「マタイツカ」
とめどなくあふれるすがるような祈り
またいつか、それはいつか
わからないままでも口に出すよ

きみを最後まで不安にさせないよう
返すならこの日の笑顔
いま泣いたら見えなくなる ねぇ またいつか

ありがとう、ありがとう、ありがとう
何度もそれをとどけるよ
私のことならdon't worry うそじゃないから本当に
あなたはあなたにしかできない素晴らしい生き方を見せてくれたから
みんなに伝えさせてね できることなら見ててね

最後まで不安にさせないよう
返すならこの日の笑顔
ほら泣いたら見えなくなるね ねぇ またいつか

大好きなあなた会えない 今は
もう何もしてあげられない
けどあなたはいつまでも私の中で


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三十三間堂

2011-07-30 22:31:53 | ヒロのこと

三十三間堂には、千体千手観音がある

本で見たら、『千体の観音様の中に自分の逢いたい人にそっくりな観音様に必ず逢える』
と書かれていた

とても期待しながら行った
千体もあるので一体、一体顔を見るのも大変だった


ちょうど、真ん中らへんでおかあさんの足が止まった
あたしは前を歩いていたので戻った

すると『あの観音様だけ光って見えて、目が合った気がした。
何か、ヒロが棺に入っていた時の顔にそっくり』

っとお母さんが言い出した。
そう言われて見るとそう見えてくる

次の日も三十三間堂にいった
ヒロを探した

また、あたしが前を歩いた
前の日にヒロに似ていると言っていた観音様を見つけた
すぐ見つけれた

千体もある観音様の中から前の日と同じ観音様をすぐに見つけれるものかな…

やっぱりあれがヒロに似ている観音様だよね
って事になった





ヒロが亡くなった時のことは
思い出さないようにしようと思った時から
久々にヒロのお通夜、葬儀の事を思い出した

ヒロを忘れるわけでわない

常日頃思っている。

ただその日を思い出すと本当に居ないんだと実感してしまうのが
怖いだけ…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加