ぼちぼち 時々 VOCIVOCI

我慢はバイバイ、好きなことをしよう!

そんなんしていいのかな~?(^^)

2015年04月27日 | 日記
マニフィカ カンタービレ声楽教室


娘がディズニーの「おしゃれキャット」が好きで、これまでに何度となく観ています。

アニメの最中にドゥケッサ(日本語バージョンだと名前が変わるみたいなんですがママ猫のことです)がセクシーに歌う場面があります。

どんなセクシーかというと、ちょっと息が漏れるというか、マリリン・モンローみたいというか。

そうしましたら、娘はちゃんとそういうのも真似して歌うんですよね、これが。

初めて聴いた時はたまたまそんな風に聞こえたのかと思ったんですが、いやいや、ちゃんと声が変わっている。

三歳児のセクシー。。。


そうかと思ったら、こんなこともやってくれました。

我が家の洗面所は赤ちゃんでも軽く洗ってあげられるように少し洗面台を大き目サイズにしました。

3歳になった今でも軽く水浴びができます。

でも、これもいつまでできるか分かんないなーと思って、頭を洗っている様子なんぞを動画に残しておこうと思いました。

そうしましたら、頼んでないのにサービス満点。

お尻をぷりぷりし出した。

かわいい。でも、大きくなった時にこの動画見たら、絶対恥ずかしいよな…。

と心の中で呟きながら、でも楽しそうに踊っているので言うのはやめておきました。


ご飯がおいしい時に人差し指を天に指しながら白目っぽくなって踊ったり、時に形容しにくい変顔を見せてくれる娘。

どんなことしてもかわいいってあるんだね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうそう、こんな感じやった…

2015年04月26日 | 音楽
マニフィカ カンタービレ声楽教室


出産してから3年、正確に数えると3年半。

人前で歌うってことから離れていましたが、先週の日曜に歌ってきました。

高校時代の恩師に声を掛けて頂きまして、900人入るホールでと言われ、そろそろ歌で動きだしたいなという気持ちもあり、引き受けました。


子供を産むと何かが変わるとたまに言われますが、私は何が変ったんでしょうね~。

本人は全く分かりませんが、まぁ、歌ってきて良かったです。

細かいことを言うと、まだまだだなぁと言う点や、普段できてたとこやってしもたなぁ…、ということもありましたが、とにかく自分としては今日の時点では満足です。

自分ののびしろが確認できたのも良かった。

後、一番良かったのは自分自身のままで歌えたこと。

役に入るということと別にして、舞台で自然体でいられたこと、これは大きかったです。

…年を取ると図々しくなると言うけど、そうことなんかな(笑)

でも、そう考えると年を取ることも悪いことばかりじゃないですね(^^)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機嫌良く通っています。

2015年04月22日 | 日記
マニフィカ カンタービレ声楽教室


先週一週間を乗り切り、娘は朝には必ず「行きたくない~」とは言うものの、幼稚園にちゃんと通ってくれます。

家を出る瞬間までは親と離れたくない気持ちがあるようですが、なかなか幼稚園を楽しんでいるようで、本当にほっとしました。

娘が幼稚園に行っている間、絶対的に私に時間的余裕が生まれたにも関わらず、どこかで緊張していたんでしょうね、先週一週間が終わった時にはすごく疲れていました(笑)

夏に主人の実家に帰る予定ですが、Maddalenaのレッスンも受けるので、それまでにたくさん課題を用意していけるといいなと思います…その前に元気になろう(苦笑)(´△`)=3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体が資本ですもの

2015年04月14日 | 音楽
マニフィカ カンタービレ声楽教室



最近日常の話ばかりだな~と思いましたので、ちょっと声楽教室のことを書いてみようと思います。

おそらくこのブログを読んで下さっている方はHPを一度は見て下さっているのではないかなと思います。

私は発声に悩んだ時期が長く、歌が好きなのに歌いたい歌が歌えない日々を送っていましたが、イタリアのオペラ歌手Maddalenaに出会って以来、歌の世界が変わりました。

そういう自分の経験から、自分が歌える喜びを伝えられるようになったら最高だな~と思って声楽教室を開きました。



教室を開いて最初の頃は、とにかく習った技術をそのまましっかりと伝えることが大切だと思って、熱く、いえ、無駄に暑苦しい感じで頑張っていました(苦笑)

そんな中でも、「あれ~???」と思ったことがありました。



「生徒さん達は真面目にやろうとしているのに、同じことを言っても出来る人もいれば出来ない人もいる。」



要するに、言ったことを正確に解釈できているかという問題ではなく、正しく理解していてもできないことがある、ということです。

そうして推測できたことは、体に個体差があり、また生活をしていてそれぞれに持つ癖や使い方があるということ。

実際に現在は体のことも勉強しているのですが、体が楽器である限り、このことを切り離しては考えられないんだなと切実に思います。



そして更に思い至ったこととして、体を支配しているのはやっぱり思考であるなということです。

「歌」という手段を使って、自分や人の心を研究してるんじゃないかと今までも思ってきましたが、結局行きつく先もそういうことかという気がします。

…どんどん勉強したいことが増えます♪



ちなみに、今はあったかいくらいの気持ちでできている気がします。

熱いくらいならいいけど、無駄に熱いのはねぇ…(苦笑)



と、そんなこんなで、私としては体からのアプローチとイタリアで勉強してきたことを合わせてレッスンに活かしつつ、「あ~、今日のレッスン、良かった!」をたくさん作れたらいいなって思っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また娘の話題ですが…

2015年04月11日 | 日記
マニフィカ カンタービレ声楽教室


金曜日から本格的な保育が始まった娘の幼稚園です。

とはいえ、まだたったの2時間保育なんですが(苦笑)

でも幼稚園に行きたくないと必死に言い続けてきた娘ですので、親の私は2時間を辛抱できるかしらと少なからず心配していました。



が!



お迎えに行って娘に幼稚園の感想を聞いたら、



「楽しかったからもう少しいたかった。」



なんですと~っ!?



その日の朝も必死に抵抗をしていた娘の言葉とは思えませんでした。

よ、よかった=3

この調子で幼稚園が好きになってくれたらいいな♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加