Seriously?

ひとりごとです

英語レッスン 2016秋 #4

2016年11月06日 | 英語
今期の先生は
ニュースに出て来る単語を
あらかじめ教えてくれるから
リスニングも内容理解も平易



楽に出来て達成感あるけど
チャレンジングではない



手を変え品を変え
世の中で起きているニュースについて
楽しく興味深くお話し出来るように
工夫してくれる所はすごい
感謝しています



今日のテーマは
ヨーロッパにおける
イスラム教徒の女性の服が禁止されていく流れ



この問題について
私には2つの矛盾する意見がある

<1つ目の意見>
ニカブとかブルカとか
目しか出さないイスラム教徒の女性の衣装は
一部の極端なイスラム教徒によるテロ行為で
恐怖のどん底にいるヨーロッパの人たちにとっては
非常に恐怖を掻き立てられるものだということは
理解出来る
無理もない
私も怖いと感じてしまうだろう

更に、目しか出ないというのは
覆面しているようなものだから
何か犯罪を犯しても
どこの誰だと突き止めることは難しい

更にあのゆったりした服の下に
簡単に爆弾や銃を隠せるではないか

宗教的に不可欠な大切な衣服かも知れないが
イスラム教徒側にも
「郷に入っては郷に従え」という姿勢が
必要だと思う

お互いに恐怖を取り去って
信頼関係を築くために
イスラム教徒は
もう少し、譲るべきではないか?
隠すのは髪の毛だけで顔は出すとか

「ヨーロッパ人に恐怖を与えたくない」
「ヨーロッパ人にテロリストだと疑われたくない」
のであれば
そう見える工夫をするために
宗教上の戒律に融通をきかせるべき



<2つ目の意見>
今回のニュースレポートで問題になったのは
イスラム教徒の女性のための水着
顔は出しているので顔認証出来るし
ピッタリしているから、武器を隠すには向いていない

宗教を公共の場所から切り離したいという名目だけど
恐らくターゲットはイスラム教のみ
ミャンマーのお坊さんや
修道女の衣装を脱ぐように命じたりしないだろう

イスラム教徒への明らかな嫌がらせ
基本的人権の侵害

不景気な状態が続いていると
大量に流入してくる移民に対して寛容になれない
自分の会社が倒産したり
人員削減のためクビになるかも知れない時に
移民を保護するために大量の税金が使われることには
抵抗を感じる

そんな不安なときには
自分より立場の弱い移民達を困らせて
ストレスを解消しようとする人もいる

「あいつらより金持ちだ」とか
「あいつらより優れている」とか
間違ったやり方でプライドを守ろうとする



繰り返されるテロ事件で生まれた
テロリストへの憎しみは分かるが
一部のテロリストと
それ以外の罪のないイスラム教徒とは
しっかり区別して考えるべき

イスラム教徒=テロリスト、社会の敵
のような偏見を持たないように気を付けるべきだし
そのような偏見を煽るような法律を
作ってはいけない

嫌がらせを合法化するような法律を
作ってはいけない



永遠に続く問題だなあと思う

イスラム教徒は非常に戒律を大切にする民族だし
ますます頑なになって
譲らないだろうし

ヨーロッパ人は
イスラム教徒への偏見をなくそうとしないし
鬱屈した精神状態を
嫌がらせで晴らそうとする人たちも
いなくならないだろう



今は頭の中だけで考えて
偉そうなことを言っているけど
自分が同じような立場に立った時
「こうするべき」と考えた通りの行動が
出来るかどうか...

日本も繰り返し
IS によるテロ行為に苦しめられていたら
また違う意見をもっているかな

今はただ
一人の人の犯した犯罪によって
その人の属する国の人たちが
全員犯罪者であるかのような偏見や
その国に対する嫌悪感は持たないようにしたいと思う
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引っ越し一周年記念ランチ | トップ | 映画 ■■ブリジット・ジョー... »

コメントを投稿

英語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。