ぼちぼちソーラー発電

50kソーラー発電所の日々のメンテナンスや発電量などを綴ります

四国電力の抑制

2018年01月28日 | 日記

先日のコメントにもありましたが、抑制機器の取り付けをそろそろ真剣に検討しなければいけなくなってきました。

そこでおさらい、そもそも どの発電所に 付けなければいけないか。

旧ルールと言われる 最初から~H26/12/2 までに契約申し込みした 500k以上のデッカイ発電所 MAX年間30日停止

新ルールと言われる H26/12/2~H28/1/22 までに契約申し込みした 10k以上の設備 MAX年間360時間停止

指定ルールと言われる H28/1/25日 以降の契約は   恐怖の無制限停止 文句なし契約となっています

旧ルールの人は手動でも良いらしいので、  結局26年12/2日以降の(32円の最後の方)契約設備という事になります。

 

 

さてコメントにも書きましたが、シャープはO&Mなる売電保障と遠隔監視がセットになったものを進めているのですが、

やはり初期設置費用と年間費用が高い、そして今までモニタしているシステムがあるならそのままでも対応できるように言ってます

なのでしばらく様子見してみようと考えています。

下の写真の上の3台のモニタのソフトを書き換えることで対応OKとの事

しかしこの格安シムシステム 時々止まってしまう事があるのが難点

別にシムが格安だから止まるのではなくて、AtermMR03LNのせいだと思います。

 

発電量のモニタだけならいいのですが、抑制制御となるともっと信頼性がほしい

そこでばっしーさんも使っている AtermHT100LNに変えようと思い

機械を買ったのですが、今まで使っていたフリーテルのシムとは形状が違う、

シムを替えるついでに、興味のあった0シムにしてみました。

しかし初期設定できない、簡単設定に0シム SO-net の表記がない

フリーテルはあるのですが、0シムは有名じゃないのかな~~~

だれか教えて~~~~

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと焦りました | トップ | AtermHT100LN »

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ソーラー初心者)
2018-01-28 23:12:55
こんばんは!
いよいよ対応しないといけない時期が来ましたね。
九電では、制御対応しないと契約解除すると赤紙が配布されてるみたいです。四電も追随するでしょう。
ボクも、ばっしーさんのブログ拝見して、同じものを仕入れる予定です。
制御するための通信量ってどのくらいになるんでしょうかね?
容量が少ければ、0SIM魅力的ですよね。制御の頻度も決まってないので電力に問い合わせても無駄でしょうが、一度聞いてみたいと思います。
Unknown (初心者)
2018-01-29 12:41:24
エコめがね自体の交換をしないといけないようです。皆さんのように自分ではなかなか出来ないんで、販売会社を詮索中です。
Unknown ((元)通りすがり)
2018-01-29 21:36:55
エコめがねの場合、CTで電流検出するタイプでなく、パワコンとRS422で通信するタイプに変える必要があります。
田淵のパワコンとかは対応してないので、まずは自分の使っているパワコンがエコめがねでの抑制制御に対応してるかを確認しておく必要があります。
設定 (ひろパパ)
2018-01-30 09:40:56
家から300メートル発電所毎日メーターを見に行ってたのですが、今月中ばごろ、AtermHT100LN付けました、OCNのシムつけたので、設定はOCNに電話して教えてもらいながら設定しました。
電話して聞いたほうが、早いですよ。
ソーラー初心者さん (kobara)
2018-01-30 14:55:23
ケチケチセットでAtermHT100LNと0SIMの組み合わせで行こうと思ったのですが、
初期設定でつまずいてます、
仮に0円の通信容量超えてもそんなに高くないので、0SIMでも良いのかなと思っています
問題は通信の信頼性ですが、どうなんでしょうね??
初心者さん (kobara)
2018-01-30 14:59:26
エコメガネでやるのですか?パワコンによっては他の方法もあると思うので色々検討された方が良いかな??と思います。
ひろパパさん (kobara)
2018-01-30 15:04:12
そうですね、so- net に一度聞いてみます。
昨日設定しました (兼業農家)
2018-01-30 23:38:00
私は昨日0simの設定を行いましたので、ついでに。解説:詳しくないけど使えました。

Wifiの機器で接続
説明書の①のとおりwifiで機器を見つけたら、ルーターのボタンを押す 約6秒

接続できたら
ルーターにログイン
PCorスマホのブラウザアドレスに
http://192.168.179.1
ルーターのログイン画面が表示されれば成功

任意のパスを入力

次の画面

ユーザー名 admin
先ほどの任意のパス
クリック
設定ウイザードでAPNを入力
0simの場合はこちら
http://mobile.nuro.jp/0sim/pdf/sonet_sim_manual.pdf

APN設定情報をそのまま入力

サービス名は適当に0simとかで大丈夫

飲みながらの解説なので分かりにくいかも
頑張ってください。
Unknown (バッシー)
2018-01-30 23:40:59
kobaraさんも、HT100LNに変えたんですね~♪
自分はBIGLOBEのシェアSIMなので、設定もそれほど苦労なくできましたが、0simの設定って難しいんですか!?
Unknown (ソーラー初心者)
2018-01-31 06:34:28
四国電力に問い合わせしてみました。
通信量に関しては現状のところ1日あたり数十KBとのことで、制御するしないに関わらず毎日通信するそうですが、1ヶ月でも10MBもいかないようです。
Aterm HT100LNですが野立ての場合、プラボックス等に収めることになると思いますが、動作環境が0~40℃ということで、今の寒い時期や、真夏は問題ないのでしょうか?
出力制御の通信だけに限って言えば、1日のいつ通信するかだと思いますが、仮に毎日早朝に電力からの通信があるとすれば今の時期はヤバそうですね(笑)
ばっしーさんが問題なく運用されているみたいですので、そのあたりもまた伺ってみたいですね。

コメントを投稿