Bluebonnet英語教室 <滋賀県守山市>

「ブルーボネット英語教室」- JAKCキッズコーチングマスターアドバイザー資格を持つ講師の丁寧なレッスン💖

見たい!

2017年04月19日 | ブログ

  

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

滋賀県守山市のBluebonnet英語教室

オーナー講師でJAKCキッズコーチングマスターの

Sonokoです。

   

昨日のとある報道番組で

パキスタン映画として日本で初めて公開される

「娘よ」”DAUGHTER" という

映画のことを知りました。 

   

 

HP http://www.musumeyo.com/

  

女性の将来の選択を狭める人権侵害として問題視されている「児童結婚」。

これが まだまだ パキスタンでは 行われています。

  

「娘よ」は、パキスタン人女性映画監督アフィア・ナサニエルさんのデビュー作。

児童結婚から逃れるため命がけで部族社会を出る母娘の姿を描いた作品です。

   

現代の子どもたちも、その母親や祖母たちも、

全世代の「娘」たちが

児童結婚の犠牲者だとナサニエル監督は 話していました。

    

映画を通してパキスタン社会に変革をもたらしたい

そんな思いで作った映画だということです。

   

私もパキスタンに3年住んでいたことがあります。

そして、イスラム社会で女性が生きるということが

いかに窮屈なものかを 経験してきました。

色んな制約があります。

      

それは、女性を守るためだ・・・ということなのですが

私はとても疑問に思います。

    

この映画

秋頃 京都でも見られるようになるそうです。

その時には、ぜひ見に行きたいと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英語は「語順」が大切☆彡 | トップ | 嬉しい機能付きです!英語学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。