Bluebonnet英語教室 <滋賀県守山市>

「ブルーボネット英語教室」- JAKCキッズコーチングアドバイザー資格を持つ講師の丁寧なレッスン💖

英語での自己表現のために

2016年10月12日 | ブログ

 

「英語の底力」と「自ら学ぶ力」を育む

滋賀県守山市のBluebonnet英語教室

オーナー講師のSonokoです。

ご覧いただきどうもありがとうございます。

 

(水)小1&2クラスでも モンスターの SHOW & TELL をしました。

一人一人とても個性的なモンスターを描いていますね。

 

 

発表内容も自分のモンスターの「特徴」を

みんなに伝えられるよう頑張りました!(^^)!

 

決められたことを真似て言うのは容易ですが、

伝えたいことを 自分で考え 言葉を選んで表現するには、

やはり練習が必要です。

コツコツとした積み重ねが「力」になります。

  

そんな時に SHOW and TELL という手法が

とても役に立ちます。

   

息子が通っていたアメリカのプリスクールでは

3歳の子どもでも

SHOW and TELL で 自分の言葉で伝える練習をします。

   

例えば・・・

   

先生が「来週学ぶアルファベットは T t だから

t で始まる言葉の物を 持ってきて

みんなに見せながら お話してね。」・・・と言います。 

  

すると生徒たちは、思い思いのものを持って行って

一人ずつみんなの前に立って

それを見せながら自由にお話をします。

   

息子の場合・・・

  

train が好きなので

トーマスのおもちゃを持っていきました。

そして、こんな発表をしたようです。

  

This is my train, Thomas the tank engine.

Thomas is blue.

I like Thomas!

  

大事なことは

みんなの前に立って

自分の思いを 自分で考えて 自分の言葉で伝えること。

   

これが 将来の コミュニケーション力に繋がります。

   

英語という「言語」をいくら知っていても

伝えることができなければ

それは とても とても もったいないです。 

 

言葉は コミュニケーションのツールです。

知識として知っているだけではなくて

やはり 使えてこそ 意味があります。

   

英語だけではなく

日本語でも

自分の思いや意見、いろんな考えを

自分の言葉で話し 伝える練習をするといいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問いかけて「学び」に繋げよう | トップ | 自己決定と責任&自立 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。