つれづれおもふ

思えば遠くに来たもんだ~ぼつぼつ語る日々の出来事

23歳の現場監督…

2017年07月27日 | 世の中で起こったこと

昨年夏からこの春まで「現場監督さん」と付き合った。

その仕事は多岐にわたり、入れ替わり立ち代わりかかわる職人たちに指図をし、

その仕事を監督し、不具合を是正していく

職人さんたちはプライドもあり、これがとてもとても大変だと思う。

良い家を建てるには、現監督さんの腕次第なんだと実感した。

その代り、良い家を建てるという熱意のある方に仕事をしてもらうと、

現場の雰囲気は良いものとなり、おのずと家もしっかり出来上がっていくようだ。

我が家を担当してくれたのは40そこそこかの、若いころから現場監督の下積みをしてきたという人で、

温厚だが粘り強い人で、間違いなく仕事を成し遂げてくれた。

この人が一番大変だったと思う。

無事に建ったのはこの人の力によるところが大きい。

 

それが、

23歳… 国立競技場って国家プロジェクトじゃないか…

23歳て、社会人として働いて二年目というじゃないか…

現場監督という仕事は、体力だけではやりきれない仕事だと思う。

体力に合わせて、知識や経験がものすごく物を言うと思う。

いくら昨今の大学は即戦力を要請しているとはいえ、作ろうとしているのは国立競技場だ。

経験している人間はどれほどいたのか?

それを、そんな若い人に担わせるってありなんだろうか?

よくわからない…

よくわからないが、私は、なんとも言えない気持ちを抱えている。

23歳…おそらくオリンピックに代表として出場する選手と同じ世代だろう。

スポーツ選手の夢をかなえるそばで、建築の世界に羽ばたこうとした若い人の命をすりつぶしてしまった。

大人はこれを猛省しなければならない。

そして大人とともに、若い同世代の人も彼のことを忘れないようにしなければならない。

誰かの命をすり減らしてまでも、やらなければならないことって、

参加することに、より意義のあるオリンピックではあり得るはずもなく、

そのほかにもそうそうはあるとは思えないのだ。

 東京オリンピック  今からでも遅くない、できませんと返上してもいいのではないか?

 

 

残念で、残念でたまらない…死んでしまった君に言いたい。

逃げ出してよかったんだ。

すべてを投げ出して、それでよかったんだ。

君が生き続けることの方が、はるかに大切なことだったんだと私は思うよ!

合掌

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビでやっても絶対みない... | トップ | 奇蹟がくれた数式 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もも吉)
2017-07-28 10:11:42
知らない内容なので検索して調べました
ありました
ちょっと無茶なことですね
大人な自分達の責任逃れで若者をそんな難しい立場にたたせたのでしょうか?
どうであれ!現場監督ってのは経験豊富な人がするものですよ
今の世の中、いかにずるい大人が多いか!
なくなった命、残念です
きっと責任感の強い人だったのだと思います
国立競技場ができてオリンピック開会式では、若い命が犠牲になったことに敬意をしめしてほしいです。黙祷をしてほしいです。
私も本当のことを言えばオリンピックを辞退してほしいです。
もも吉さんへ (大家)
2017-07-31 13:44:04
哀しくて、哀しくて仕方がありません。
ここまで育てられたご両親が今どんな思いでいらっしゃるのか、どうやってオリンピックを迎えられるのかと考えると、いてもたってもいられません。

どんな夢を描いていたんだろうと思います。
きっと初めは、国立競技場にかかわれることを幸せと思っていたと思うのです。
ああ、切ないです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。