無鉄砲女子の欧州旅日記

語学力ナシ!方向音痴!それでも大好きひとり旅。

こだわる理由

2017-05-14 13:52:26 | 旅行
ブダペストからチェコのブルノへ移動。
一等席を予約していたのに二等席の車両番号が!
ミシュコルツからブダペストへ向かう列車も、
一等と言ったのに二等席にされていた。
その時は発車まで時間があったので、猛ダッシュで窓口に行ったけれど
今回はトランクもありそれほど時間も無いし、窓口が遠いので諦めた。
せっかくの一等のレイルパスなのに!
購入する際、伝えているから確認していなかった…
確認しないのが悪いか。

二等ではトランクを置けるスペースが小さいので、
座席と座席間の背スペースに、幅のあるトランクは入れられない。
どうしようかと悩んでいると向かい席のおじいさんが
頭上の棚に乗せてくれると言っている。
「とっても重いよ!」と英語で言ったけど…
おじいさんは立ち上がってトランクを、ぷるぷるしながら上げようとしてくれるので
一緒に上げるもあと少しのところで乗せられない。
結局おじいさんではなく、近くにいたお兄さんが乗せてくれた。
私が下車するまで、このお兄さんは居るだろうか…心配。

残念な事に、お兄さんは途中で下車していた…
私が降りる仕度をしていると「取るよ」と立ち上がってくれたけれど、
案の定おじいさんと二人では無理だった…今度はおじさんが助けてくれた。
良かったけれど、重いので申し訳ない気持ち。
一等ならこんな迷惑かけないのに…それが、一等にこだわる理由。


ブダペストの路面電車

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び温泉へ… | トップ | 方向音痴本領発揮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。