無鉄砲女子の欧州旅日記

語学力ナシ!方向音痴!それでも大好きひとり旅。

北方民族博物館

2017-06-14 21:16:32 | 旅行
ヨーロッパの冬は日が欠けるのが早い。
まだ3時過ぎなのに暗くなってきている…

北方民族博物館に入ると、大きなクリスマスツリーと樫の木の彫像が出迎えた。
カフェやちょっと前のスウェーデンのアパートの生活の様子の展示、
楽しそうなキッズルームまである。

展示の一角…無造作な中のオシャレ

悪趣味としか言えない様な、白鳥の羽と首を生かした(?)鳥の丸焼き…
顔&首部分は羽根があるのに胴体は丸焼き…丸焼きに美学があるのか??
流石ヴァイキングの国、ワイルド。
多種多様な展示品、観ていて楽しい。

民族博物館と言うだけあって、民族衣装や生活様式の展示などもある。
その中に、スカンセンの囲炉裏で見かけた不思議な物と同じ物がある。
博物館では、その道具を使った展示になっている。
不思議な物は、赤ちゃんを入れるもののようである。
温かい囲炉裏端で、母親が家事や裁縫をするのに目が届くようになのかな…
疑問も解け、サーミ人の展示もあり、見所満載の北方民族博物館。

帽子と手袋。 刺繍がステキ

博物館を出る頃、外は真っ暗。
トラムに乗り、街の中心部へと戻る…
がっつりストックホルムカードを使おうと、地下鉄でガムラ・スタンへ行く。
ノーベル博物館はやはり閉館…チョコレート買いたかった〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガラム・スタンとスカンセン | トップ | ストックホルム最後の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。