無鉄砲女子の欧州旅日記

語学力ナシ!方向音痴!それでも大好きひとり旅。

シティーツアーと飛行艇埠頭

2017-06-19 23:02:24 | 旅行
元を取るにはシティーツアー。
まだ時間が早いので、前のコースとは違うコースを見られる。
バスに乗り込み、タリンカードを見せると機械でチェックされた。
これが本来なのだろう、あのおじさんがいい加減だったんだ…
ふと見るとイヤホンが1ユーロとある、昨日は本当にいい加減すぎだったんだ。
イヤホンおいて来なきゃよかった…などと思いつつ購入し、日本語チャンネルを合わせる。
雨の中の見学、濡れないし疲れなくてやはり良い。
コースの中に飛行艇埠頭博物館があった。
ここを見れば今日の分の元は取れるであろう。
道順や周りを頭にたたみ込む…バス停がちょっと近くにあるのでバスで行けるのか…

ツアーバスを下車し、飛行艇博物館方面へ行くバスを探す。
うっかり降りる停留所を間違える…
正しい停留所で下車し、これから進む道が帰りの道でもあるのでよく覚えておく。
ここなのか?というような道を歩く歩く…
飛行艇博物館に到着し、窓口でカードを渡される。
何のカードかよく分からない、入口も分からない…
なんだか入口らしきところに、カードをかざす場所がある。
これが入場するカードなの???
かざして入ろうとしたら、長身で10頭身か?!と思うような青年に微笑みかけられる。
なんだ、この爽やかな笑顔…眩しい!
眼鏡をかけてはいたけれど、美青年であったわ〜またお目にかかりたい。
と思っていたら、出会った…この博物館の係だからどこかにはいるって事だものね。
女子の係と話していなければ!もっとガン見してたのに…残念。


館内は暗く、海底にいるようなイメージ。トイレも同じようだった。
海のものだけかと思ったら、機関銃や戦車までもあるので不思議。
ツアーバスで見かけた野ざらしの戦車や車などもこの博物館の物なのだろう…
雨で天気も悪いせいか、異様な感じだったっけ…
戦車コーナーの壁画が可愛い、でも戦争の悲惨さを伝えるメッセージ的な感じ。
誰が描いたのかも分からない、ショップに何か手がかりが
あれば良いけど絵葉書もない…残念。


これでタリン観光も終了…明日は早朝、リガへ行く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教会見学 | トップ | かわいいものたちの博物館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。