無鉄砲女子の欧州旅日記

語学力ナシ!方向音痴!それでも大好きひとり旅。

美術館巡り

2017-06-18 21:39:35 | 旅行
旧市街から少し離れた場所にある、美術館のある公園へトラムに乗って行く。
カドリオルク美術館はガイドブックによると、バロック様式の庭園も美しいらしい。
12月のため地味〜なお庭…季節が悪かった。
基本旅行は冬なので、色とりどりな庭園を一度も見た事がない…
西欧やロシアの絵画もステキなものばかりで、見応え十分。

宮殿への門扉

美術館(宮殿)内も見応え有

カドリオルク美術館を後にし、ミッケル美術館へ…
カドリオルク宮殿の調理室だったそう…
宮殿から少し離れているけど、お食事冷めなかったのかな?
西欧絵画や、陶器など多数展示されていた。

18世紀から現代までに至るエストニア美術を一挙に展示している、
7階建ての近代的な美術館特別展もやっているクム美術館。
エストニアの国立美術館にあたる存在。
ソ連占領前の作品、ソ連以降の作品の展示など階ごとに分けられている。

頭部の彫像や彫刻だけの部屋は異様な雰囲気。

街中でよく見かけたポスターの展示はこの美術館で開催されていた。
特別展を観に行くと沢山の人、女性が多い。
1920年代のアールデコの洋服や小物が展示されている。

刺繍やビーズなど、細かな手仕事のドレスたち…当時でも贅沢だったのでは。
小物も繊細なものばかり、ガラスケースに食い入るように見てしまった。
デザインが好きな時代の服を堪能できて良かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市議会薬局 | トップ | 小さな幸せ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。