無鉄砲女子の欧州旅日記

語学力ナシ!方向音痴!それでも大好きひとり旅。

船旅

2017-06-15 21:56:17 | 旅行
何とか目的を果たし、あとは本日の難関「港」を目指す。
まだ少し時間があるのでちょっとお店をみたり、お茶でも…と思うが
心配なので早々にトランクを引き取りにホテルへ向う。
素敵イケメンもいたけれど、お姉さんが対応。
またバゲッジルーム閉じ込められる…二度も閉じ込められるとは…

ホテルの近くに地下鉄の入口を発見!
行ってみたが10番線でメインからかなり離れている場所。
改札を通りセンター駅の中心に行こうとしたのに、何故かスカンセン行きのトラム方面へ出た。

壁の見取り図を頼りに港までの行き方を見るが、イマイチ…分からない。
こう行って、あぁ行って…と頭で組み立ててみるが合っているか分からない。
駅の案内ブースが近くにあるので、聞く方が手っ取り早い。
ウロウロ見ていたら、あちらからお兄さんがやって来た。
行き先を告げると、結構簡単。
駅名とセントラルから何個目かも教えてもらった。
さらに駅から歩いて5分ほどらしい。
何個目か言ってるのに心配なので、駅名にチェックしてもらう慎重さ。
反対方向へ進んだら大変だし、やりかねない…
お兄さんは、あと何分で来るメトロかも教えてくれた。すごく親切。

5分ほど待ってメトロに乗り込む、指示通りの駅で降りる。
歩いて5分というが、出口を間違えたらおしまい。
標識を良く見ながら、人の流れを見ながら進む。
地上に出ると、一様標識は出ていたのでそれを見ながら行く…
海が見えてきたし、船も停泊している!無事間違えずに来れた。

入口はここ?従業員用?でも人が入っている。
とりあえず入ってみると合っていた!
チェックインカウンターで苦労して予約した予約表を渡し、チケットを受け取る。
このチケットが部屋の鍵にもなっているみたい、心許ない鍵(紙)だけど…
キャビン番号や、食事の予約の有無も記入されている。

乗船時間にはまだ早い、少しふらついてみる。
扉にはムーミンのイラストが!着ぐるみの脱け殻?のようなムーミンがガラスケースの中でお出迎え。



冬のせい?乗客がまばら…採算は取れるのだろうか、と他人事ながら心配してみる。
乗務員らしき人たちが中に入って行く、女性が多い。
乗船時間になり、いざ乗り込む。船に行くまでが長い長い…

船内は思っていたほど豪華ではないが、毎日運行、短距離ではこんなものなのだろう。
車で乗り込んだ人も多いみたいで、待合所で見かけたより乗客は多い。
自分のキャビンを探し入ってみる…指定通り窓のある部屋。

2人部屋を一人で使うから広々!トイレもシャワーもある、安心。
ただ、シャワーの床とトイレの床は一緒…
水をかくらしき道具がぶら下がってる…これを使うのね、何かあった時。
船旅の事情をよく知っていれば、ビーサン持って来たのに…

しばらくして放送が流れてきた、緊急時の連絡なのだろう、早口で分からない…
基本英語分からないけど…非常口だけは把握しとかなきゃ。

ゆっくりゆっくりと船は動き出す、あまり揺れないのでこれなら酔わなそう。
大きな船で揺れがあったら大変か。
ゆっくりと離れていくストックホルムを眺めながらぼや〜とする。
HPでムーミンのマグカップがあるようなことが書いてあったので、
やることもないし免税店へ行ってみる。
ムーミンのマグカップがない!楽しみにしていたのに〜
ムーミングッズはカンカンと飴、フィギュアの入ったアドベントカレンダーのみ。
タリン行きだからなのだろうか…ヘルシンキ行きでは無いからか…残念。

後日、日本でも売っていたけれど、馬鹿高かった…

ファーストフードコーナーへ、夕飯を食べに行ってみる。
ファーストフードと言うわりには軽食って感じ。
温かい物を食べたかったけれどお肉のため断念…
山盛りのサーモンののったオープンサンドを購入。
ナイフとホークでしか食べれない山盛りのサーモン。嬉しい、北欧サーモン大国!
キャビンに戻り、シャワーを浴びるが微妙に水っぽい…
たぶん船内で一番に浴びてるような気がするけど…風邪をひかない程度のぬるま湯。平気かな??
ベットを準備…落ちないかな??初船泊。
館内の音楽も終了し、就寝の時間かな…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストックホルム最後の日 | トップ | タリン上陸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。