仙丈亭日乘

あやしうこそ物狂ほしけれ

2010_4/19 映画 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 を觀た

2010-04-20 14:55:22 | ドラマ、映画
きのふ、 「西宮ガーデンズ」 といふ大規模商業施設へ行つて、 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 を觀てきた。

この 「西宮ガーデンズ」 は、西宮球場の跡地に2年ほど前に出來たのだが、私は行つたことがなかつた。
阪急西宮北口驛には數へきれないほど行つてゐるといふのに、中年オヤヂひとりでは(2人でも)、なかなか行く氣になれなかつたのだ。
行つてみたら、アトリウムやらオープンエアのデッキ(ガーデン)やら、廣々とした空間が設へてあり、いい感じ。
とにかく廣いので、ここを隅から隅まで巡るには數日がかりになりさうだ。

この5Fに 「TOHO シネマズ」 といふシネコンが入つてゐる。
スクリーン數が12あり、それが通路の兩側に竝んでゐて、なんだか屋臺村のやう。
映畫のハシゴをするには最高の環境にある。
現に、「のだめ」を見終つた客の中には、その斜向ひにある小屋(部屋?)に入つて行つた客もゐた。
12のスクリーンのうち、「のだめ」を上映してゐるのは3つ。
時間差で上映してゐるのだが、もしかしたら重複してゐる時間帶もあるのかもしれない。

前賣チケットを當日座席指定に換へて貰ひ、食事に。
上映開始は13時で、あと1時間半ある。
4Fに飮食店が24店ある。
そのなかで、1時間半をゆつくりと過せさうなところということで、イタリアンを選擇。
ゆつたりと過せたのはよかつたが、デザートを食べる頃には時間が迫つてきて、少し慌てた。

13時少し過ぎに滑り込み。
空いてゐるのに吃驚した。
おそらく座席數の2〜3割ほどしか入つてゐなかつただらう。
月曜日だといふこともあるのだらうし、西宮といふロケーションもあるのだらうが、それにしても少ない。
お蔭で、荷物を隣の席に置いて、ゆつたりと觀ることができた。


さて、 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 について。

「あらすぢ」については省略。
どうも最近、面倒臭がりに拍車がかかつて來た。
それに、既に觀た人にとつては不要だし、まだ觀てゐない人には邪魔だと思ふので・・・

冒頭は、雷雨の夜にのだめがうなされてゐるシーン。
この映畫がギャグ滿載の樂しいだけの映畫ではないことを豫感させる。
(中略、といふかすべて略)
ラストシーンは、パリの橋の上での長大なキスシーン。
そのあまりの長さに、役者も困つたのではなからうか。
最初のうちは微動だにしない2人だつたが、そのうちに上野樹里が足を踏み換へ、玉木宏が上野を抱いてゐる腕を組み替へた。
あんなに長い間キスしてゐて、お互ひに身動きしないなんて不自然だもんなあ。

貰ひ泣きしたシーンもいくつかあつたが、なかでも峰くんと清良さんのシーンが良かつた。
ウィーンに留學した清良、日本で清良に負けないやうに頑張る峰。
清良のコンクール會場に、清良に告げずにこつそりと應援に來た峰だつたが、あまりの擧動不審さゆゑ、すぐに清良に見つかつてしまふ。
「あのバカ」
清良は、グリーンの蔭にしやがんでゐる峰に近づき、背中から峰に抱き附く。
その時の峰と清良の表情がとても良かつた。
特に清良。
好きな人を日本に置き去りにして2年。
音樂のためとは云ひながら、さぞや複雜な思ひがあつたに違ひない。
その思ひが、峰の背中に抱き附いた時に、溢れでる。
その表情が素晴らしかつた。

のだめの上野樹里もよかつた。
今囘は、いつもの腦天氣なのだめが蔭をひそめて、苦惱するのだめだつた。
いままでとは違つて、表情が大人びてゐるといふか陰があるといふか。
何か決斷した女性が見せる、一見ふてぶてしい、それでゐて何か脆いものを感じさせる表情。
これには上野樹里といふ女優の力量を感じさせられた。


さて、音樂について。
さすがに映畫ともなると音響がいい。
特にオーケストラの音は、我が家の貧弱なオーディオとは比較にならないほどの壓倒的な迫力だ。

映畫とTVドラマで感じる違ひのひとつには、ピアノ演奏がある。
映畫で使はれてゐるピアノ演奏のはうが、TVドラマの演奏よりもいい。
今囘、特にそれを感じたのは、ベートーヴェンのピアノソナタ第31番作品110。
この演奏は、千秋の解説によるまでもなく、かなり難しい。
私見ではあるが、名ピアニストと云はれるピアニストの演奏のなかでも、この演奏こそベストといふ決定盤がなかなかない。
ところが、この映畫で使はれてゐる演奏は、斷片的な演奏ではあるものの、なかなかよいのだ。
もちろん、古今東西の名ピアニストの演奏を押しのけるほど素晴らしいかと云はれれば、それほどではないかもしれない。
ただ、TVドラマで使はれてゐた演奏とは、何といふか、演奏そのものの質が違ふ氣がした。

もうひとつ效果的だつたのは、ベートーヴェンのピアノソナタ第8番「悲愴」の使ひ方。
この曲は、のだめと千秋が出會つた時にのだめが彈いてゐた曲だ。
この曲を、今囘はのだめが現實から逃避して幼稚園で子供たちと遊んでゐる時に、子供たちに彈いてみせるのだ。
そして、のだめを搜してゐた千秋が黒木くんからの聯絡で幼稚園に來た。
千秋はすぐには部屋に入らずに、廊下でのだめの演奏を聽きながら、出會の時を思ひだす。
囘想と現實のクロスオーバー。
原作では、ベートーヴェンの作品110のソナタを彈いてゐた(下記<附録>參照)。
この點、原作よりも映畫のはうが效果的だつたと思ふ。


一昨日だつたか、TVでメイキング番組を放送してゐた。
出演した俳優たちのコメントを聞いてゐると、これが最後だといふことを否應なく感じさせられた。
もう次はないのか。
いまコミックでは、オペラ編が連載されてゐるとか。
でも、もう映畫はないのだらう。
オケは何とかなつても、オペラとなつたらお手上げだ。
どんだけ金かかんねん!

これで、のだめと千秋たちとはお別れ。
そしてマングースとも。
ああ、寂しいなあ・・・



『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 のレビュー



<附録> (原作コミックス23卷のレビューより)

音樂について。
のだめが子供たちに「ヘタクソ」と云はれて、彈いてみせるのがベートーヴェンのピアノソナタ31番。
この曲は、20卷で千秋とのだめがキスする時にも登場した。
實は、このところ毎晩、眠る時にウォークマンで子守歌代はりに聞いてゐた曲なのだ。
俗に「ラスト3」といはれる30,31,32番のなかで、一番柔らかで眠る時にちやうどいい。

聞いてゐるのは、バレンボイム、バックハウス、グルダ、グールド、ギレリス、リヒテル(70年代、90年代)。
もちろん、これらは全て素晴らしい演奏だ。
リヒテルファンの私としては、リヒテルが一番と云ひたいところだが、最近はギレリスがベストだと思ふやうになつた。
ギレリスと云へば、デビューしたての頃は、「鋼鐵のタッチ」と云はれてゐたらしい。
しかし、ここでのギレリスには、そんな面影はない。
誠實に音樂に向合ひ、一音一音を丁寧に紡ぎ出す、そんな彼の晩年の録音である。
この曲の、優しさ、柔かさが、しみじみと心に沁みてくる。




ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ 第27・28・30・31番
ギレリス(エミール),ベートーヴェン
ポリドール

このアイテムの詳細を見る





ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第30・31・32番
リヒテル(スビャトスラフ)
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る





<原作のレビュー>

第1卷

第2卷

第3卷

第4卷

第5卷

第6卷

第7卷

第8卷

第9卷

第10卷

第11卷

第12卷

第13卷

第14卷

第15卷

第16卷

第17卷

第18卷

第19卷

第20卷

第23卷




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2010_4/18 穗高くんと散歩 | トップ | 「トラットリア コルティブォー... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB、ありがとうございました。 (やぎ☆あお)
2010-04-20 23:36:54
オイラのようなにわかクラシックファンでも、ついていけるような作風が好きでした☆

これが、最後かと思うと悲しいですね、、、
やぎ☆あおさん (仙丈)
2010-04-20 23:43:37
「のだめ」はクラシック音樂を樂しむのに良かつたですね。
「のだめ」のお蔭でクラシックを聞き始めた人も多いやうです。

「のだめ」にふれて、早5年。
もう見られないかと思ふと寂しいです。

ありがとうございました (からこるむ)
2010-05-25 23:07:17
珍しく男性の感想拝読しました。兵庫県在住です。わたしにとっての「のだめ」はクラシックが教養ではなくなったことです。てらいなくチャイ様とか言えるようになりました。もうひとつ収穫は「ブラームスバイオリンコンチェルト」TV放送ですが、ジュリアン・ラクリンの演奏で、なぜ清良がこレを演奏するのか、わかりました。勝気な性格を反映していて、しかもベタじゃないことを意識していると思いました。
もうひとつ、難しいと思い避けていた
ベートーベンのPソナタ31番。うちのはゼルキンです。寝坊していた娘が「なんてきれいなおんがくなの」といって起きてきたというエピソードつきです。
女の目線からだと、行き詰ったノダメが「先輩ノダメのことすきですか」ときくシーンです。ふびんで、また不器用な千秋がもどかしく、涙しました。
CDの紹介ありがとうございました。
これからも楽しみに、ときどきお邪魔します。
からこるむさん (仙丈)
2010-05-26 01:57:54
コメント、どうもありがとうございました。
男でも「のだめ」は楽しめますね!

>わたしにとっての「のだめ」はクラシックが教養ではなくなったことです。
仰る通りですね。
クラシックというと、どうしても教養臭くなりますけど、「のだめ」では楽しみに思えてきます。

>ベートーベンのPソナタ31番。
とても美しい曲ですよね。
ゼルキンの晩年の録音も、タッチは無骨ながらも、曲を慈しむように弾いていて、素晴らしい演奏だと思います。
本文ではゼルキンの名前を書き忘れていることに気がつきました。
しかし、それにしても、お嬢さんは音楽を感じ取る感覚が素晴らしいですね!

<PS>
「からこるむ」さんのハンドルネームを見ると、山のカラコルムを思い出します。

ネームの由来 (からこるむ)
2010-05-26 22:32:54
PS
私のハンドルネームはカラコルム山脈から来ています。玉木君が初めてNHKドラマで主役した「氷壁」からつけました。二人の山男がK2の頂上に挑む物語です。相棒は山本太郎さんでした。某電機メーカーのCMコンビを起用したのは話題になりました。友情と悲恋が主題で、主題歌「彼方の光」をリベラが歌いヒットしました。冬期オリンピックに押されて視聴率は振るいませんでしたが、よい作品だと思っています。作曲家の村松さんもトップランナーに出演されて、ドラマに音楽をつける仕事を知り、驚きました。また、その経歴と才能は立派なのに、現代の作曲家の大変さを思いました。ドラマHPがまだあり、かきこみが続いています。いつも長くてすみません。
からこるむさん (仙丈)
2010-05-27 02:27:35
やはり!
私は山登りが好きで、井上靖の「氷壁」が愛読書のひとつなんです。
なので、ドラマ「氷壁」も見てました。
あの「お前が好きだ〜!」のセリフには驚きましたが(笑)
井上靖の世界とは違うものでしたが、好きなドラマでした。
Unknown (からこるむ)
2010-05-28 21:57:36
原作1巻から少しずつれびゅー読ませてもらっています。クライバー、リヒテルとか、いろいろな方の名前が挙がっていますが、チェリビダッケにあった方がいるなど、驚いています。実は最近「カラヤンとフルトべングラー」「カラヤン帝国興亡史」いずれも中川右介著、幻冬舎新書を読んだところです。著者の書き方には偏りがあると思う人もあるかもしれませんが、皆、人間臭く面白かったです

クライバーといえば、TVでベト7を振っているのを見ました。物凄く早かった。
「のだめ」で指揮指導された飯森さんは腕が長く表情豊かなクライバーをいしきされたそうです。

リヒテルは晩年の長い「インタビュー」を見ました。その中で「無音」もしくは
「静寂」(だったと思うのですが)も音であると言っていたのが印象的でした。
誰もみな、時代の子であることを避けられないのを痛感し、それを思って聞くと
その気になるという、ずいぶんわかりやすいヤツだとおわらいください。
ネームの由来は? (からこるむ)
2010-05-28 22:29:42
何度も騒々しくてすみません。
仙丈さんのハンドルネームは、永井荷風とかんけいあります?
からこるむさん (仙丈)
2010-05-28 22:45:20
クライバーは、1987年だつたか大阪に來た時に聞きにいきました。
ベートーヴェンの4番と7番の交響曲。
颯爽たる指揮でしたが、いい加減な感じがして、前半の4番では居眠りしてしまひました。
目が醒めてスッキリした所爲か、後半の7番は精氣溢れる見事な演奏に思へました。

リヒテルは思索的な?ピアノを彈くピアニストだと思ひます。
若い頃こそ鬼のやうに速く彈く人でしたが、70年代に入るとむしろゆつたりとしたテンポをとるやうになりました。
彼のシューベルトのピアノソナタ21番など、どうしてこんな演奏が出來るのかと思ふほど遲いテンポです。
音樂に表面的な心地好さを求めず、その曲の本質を抉りださうとしてゐるやうな氣がします。

仙丈亭日乘について
荷風の「断腸亭日乘」から、「日乘=日記」といふことを知り、仙丈亭日乘としました。
仙丈は、南アルプスにある仙丈岳といふ山からとりました。
好きな山なものですから。

なるほど (からこるむ)
2010-05-29 21:49:10
大変勉強になりました。荷風は20代のころから好きで、叔父に「若い娘には毒だ」としかられたことがあります。
そういえば、中学生のころ、先生が「啄木」の歌集を勧めるのに「知恵子抄」が好きだったのを思い出しました。おませだったんですね。
からこるむさん (仙丈)
2010-05-29 23:20:18
>荷風は20代のころから好きで
それは、確かに「おませさん」ですね(笑)

私は荷風は「墨東綺談」しか讀んだことがないやうな・・・
最近、物忘れが激しかつたりします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (Akira's VOICE)
静かに感動。ブラボーと拍手♪♪  
のだめカンタービレvol.56 映画<のだめカンタービレ最終楽章・後編> (美味−BIMI−)
  昨年12月に公開された『前編』に続き、『後編』見てきました!! 初日・予約での映画鑑賞です!^^! 1日の舞台挨拶・観客動員数の最多記録(12,107人)も突破したそうですよ!! 凄い!^^! (→<のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ...
のだめカンタービレ最終楽章後編 (DASH's blog)
のだめカンタービレ最終楽章後編を見てきました。 クラシック音楽大好きなのでこのアニメ・映画は大好きですね。 指揮者の存在価値を教えてくれたアニメでした。 マンガもアニメもTVも映画も全部制覇しました。 原作のマンガがアニメやTVや映画で脚本によって色...
劇場鑑賞「のだめカンタービレ最終楽章後編」 (日々“是”精進!)
映画 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」ガイドブック「のだめカンタービレ最終楽章後編」を鑑賞してきました二ノ宮知子の同名コミック原作、上野樹里、玉木宏主演の大ヒット...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編’10:日本 ◆監督: 竹内英樹「のだめカンタービレ最終楽章 前編」「電車男」(TV) ◆出演: 上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人 ...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」みた。 (たいむのひとりごと)
終わっちゃったなぁ〜。月9連ドラからスペシャルを経て、実写版『のだめカンタービレ』の最後を飾る劇場版の後編ということもあり、実写版として綺麗にまとめてくれたことを嬉しく思う。入場プレゼントのポストカー
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (うろうろ日記)
試写会で見ました。前回の映画の後半戦です。今回は、のだめちゃんがやりたいことを次
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (そーれりぽーと)
とういことで、これでおしまい! 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を観てきました。 ★★★ 抱腹絶倒のギャグと真剣風なクラッシックと、意外にも純愛のシリーズが遂に今回で終わってしまいます。 フツーに後編。 フツーに無難な映画化。 でも、ファンだからそれで...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (Serendipity !)
 4月18日午前、昨年12月に観た前編に続き、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を観に行った。(ネタバレ注意)  今回も原作に忠実ながら、良く練られたストーリー展開でラストまで小気味良く進む。後編に新登場はヤドヴィだけで、清良(水川あさみ)のコン...
映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (健康への長い道)
14:30頃、シネ・ピピアへ。劇場内のバグダッド・カフェにて、ホットドッグ、コーヒー、『星新一 1001話をつくった人 上巻(新潮文庫)』で、時を待つ。あぁ、寛ぐ・・・。 昨日から公開の『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を鑑賞しました。 Story 音楽に集中し...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (ラムの大通り)
----おっ。これはみんなが待ち望んでいた、 あの映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』の続編だニャ。 スゴい人気があるだけに、下手なことは喋れない…。 「そうだね。 楽しみにしている人は多いし、 喋りすぎてもいけない。 でも、そんなことばかり言っていると前...
のだめカンタービレ最終楽章後編 (単館系)
上野樹里と玉木宏のコンビはやはり素晴らしいということで! 前編ではコメディタッチだったのだめワールドは後編ではのだめの心 の葛藤が...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (勝手に映画評)
大人気漫画「のだめカンタービレ」の完結編。2009年年末に『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』として、千秋がルー・マルレ・オーケストラに常任指揮者として就任するあたりまでが語られましたが、今回は、完結編としてそれ以降の千秋とのだめの物語が描かれます。 完結...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」千秋に追いついたのだめに待っていた愛の協奏曲 (オールマイティにコメンテート)
4月17日公開の映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を観賞した。 この映画はこの映画は2006年に放送された ドラマ「のだめカンタービレ」の続編で 千秋先輩と別々に暮らす事になったのだめが 待望のコンクールに出場した事で自らの音楽を出し切ってしまう...
のだめカンタービレ 最終楽章後編 レビュー (やぎ☆あおのドーデモいいぶろぐ)
のだめ、ついに完結! 実写のだめも、ついに完結しちゃいましたね。 初日は無理でしたが、早速今日見に行ってきましほ! 後半はネタヴァがあるので、注意してちょ。 [[item(http://www.youtube.com/v/RGa6V0nYzis&hl=ja_JP&fs=1,425,344,)]] ...
のだめカンタービレ最終楽章、後編 (最近気になること)
インターネット予約して絶好の席を予約してあったので、 予定通り、鑑賞してきた。 笑いもありながら、クラシックの演奏も楽しめ、ストーリーの流れも良かった。 原作は知らないが。 ただし、まだ二人とも若い。続編も十分作れると思う。本当に最後かな?(^^; ショパン...
【のだめカンタービレ 最終楽章 後編】楽しい音楽の時間の終わり (映画@見取り八段)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 監督: 川村泰祐    出演: 上野樹里、玉木宏、竹中直人、瑛太、水川あさみ、ベッキー    ...
「のだめカンタービレ 最終楽章」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編/後編」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、チャド・マレーン、福士誠治、吉瀬美智...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
涙が出ました。感動で胸が詰まりました。音楽が与えてくれる感動が、そこにはありました。
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
桜木町駅前に先日オープンしたばかりの横浜ブルク13で観て来た。映画を公開初日に観るのは久しぶり。土曜18:30の回。尋常でないほど空いている。400人収容だそうだが、40人ぐらいしかいなかったのではないだろうか。やはり同日に公開が始まったアリス・イン・ワンダーラ...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』お薦め映画 (心をこめて作曲します♪)
ギャグと音楽中心だった前編と、ラブストーリー重視の後編。大人へと成長した2人にふさわしい締めくくり。留学仲間や楽団員たちが悩みながらも切磋琢磨する様子や、優しく厳しい師弟関係などは、誰もが共感できる。
ついに最終楽章 後編『のだめカンタービレ』 (美容師は見た…)
試写会に行って来ました〜。とうとう前編を観ることが出来なかったので諦めてたんですが、娘がゲットしてくれたので後編だけでも楽しめました。『インビクタス』の試写会も当たったりして、日々応募に励んでる娘。最近はそういうマメさも無くなって来ちゃった私。『20世紀...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の正しい見方 (映画のブログ)
 「特別版」というだけのことはある。  『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の公開初日にテレビ放映された前編のことだ。  劇場公開し...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」試写会 (またり、すばるくん。)
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の試写会に行ってまいりました!
のだめカンタービレ 最終楽章 後編/上野樹里、玉木宏 (カノンな日々)
ついにこの瞬間がやってきちゃいましたね。『のだめカンタービレ』の最終楽章 後編です。前編が意外過ぎるほどの超感動作だったこともあって本当に待ち遠しかったです。出来れば前編の復習を劇場鑑賞でしたかったんですけど都合が合わず行けませんでした。そこで公開初日...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[のだめカンタービレ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年31本目(30作品)です。 【あらすじ】 音楽に集中するため、千秋(玉木宏)と離れて暮らすことになったのだめ(上野樹里)。 千秋には孫Rui(山田優)との...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (とりあえず、コメントです)
二ノ宮知子著のコミックシリーズの映画版です。 「最終楽章 前編」を昨年に観た時から、ずっと公開を楽しみにしていました。 期待通りの楽しさとオーケストラの素晴らしい演奏にワクワクしました(^^)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (だらだら無気力ブログ)
二ノ宮知子の同名コミックを原作にしたテレビドラマの劇場版2部作のうち の後編となるラブコメディ。 挫折しつつも音楽的才能を伸ばしていくのだめと指揮者としての上を目指す 千秋との恋の行方を描く。のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (FREE TIME)
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を鑑賞。
「映画 のだめカンタービレ最終楽章・後編」 (DolceVita)
映画「のだめカンタービレ最終楽章・後編」を観てきました。 思っていた以上に良かったです。面白いだろうとは思っていたけど、面白いじゃなくてそれ以上でした。映画の最初のシ...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (とりあえず、コメントです)
二ノ宮知子著のコミックシリーズの映画版です。 「最終楽章 前編」を昨年に観た時から、ずっと公開を楽しみにしていました。 期待通りの楽しさとオーケストラの素晴らしい演奏にワクワクしました(^^)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (上野樹里さん) (yanajun)
◆上野樹里さん(のつもり) 上野樹里さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』に野田恵 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (せるふぉん☆こだわりの日記 )
やっと見てきましたよ〜、のだめファイナル。 とうとう完結しました(とりあえず)
映画 ■■のだめカンタービレ 最終楽章 後編■■ (Playing the Piano is ME.)
前編の方が面白かったなあ。 やっぱりこれはマンガやドラマのファンには面白いんだろうけれど そうでない私が、ひとつの映画として鑑賞すると、もの足らなく感じてしまいます。
映画「のだめカンタービレ 最終楽章(後編)」鑑賞 (★Dark Side Meditation★)
午後から雨の降る中映画を観に行きました。 しかも西宮ガーデンズまで(笑) 今日観たのは「のだめ」の後編です。 (以下ネタバレ&感想含みます)
のだめカンタービレ(後編) (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら『のだめカンタービレ 最終楽章 後篇』を、渋谷の渋東シネタワーで見てきました。  勿論、本年1月にその『前篇』を見たからですが、それもかなり面白かったがために、今回作品も期待を込めてぜひ見てみようと思っていました。 (1)実際に見たところも、...
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:のだめカンタービレ最終楽章 後編 制作:2010年・日本 監督:武内英樹 出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、山田優ほか あらすじ:離れ離れに暮らすことになった、のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)。千秋には孫Rui(山田優)...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編  (のほほん便り)
前半は千秋(玉木宏)がダメ・オケを起死回生させる快進撃!で、後半が、待望の、のだめの才気・開眼パート… やはり日本時代の懐かしいメンバーが混じると楽しいですね。峰(瑛太)クンと真澄(小出恵介)ちゃん。3人での、すちゃらかパリ観光やどんちゃん騒ぎ(なん...