仙丈亭日乘

あやしうこそ物狂ほしけれ

ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ 千秋真一(指揮)R☆Sオーケストラ

2005-09-25 13:47:01 | クラシックはいかが
千秋真一(指揮)R☆Sオーケ / キングレコード(2005/09/22)
Amazonランキング:22位Amazonおすすめ度:
おめでとうすごいね評価と言うより期待度?!




「のだめカンタービレ」の主人公のひとり、千秋がR☆Sオーケストラを振つてレコーディングした最初のレコードがこれ。

千秋にしてもR☆Sオケにしても、勿論實在する筈がないのだが・・・
いつたい、誰が、どこのオケを振つたのだらう。
謎だ。

それはともかく、演奏はなかなかのもの。
とりあへずブラームスの交響曲第1番を聽いてみようといふ場合には充分だ。
私の好みからいふと、弦にしても管にしても、音の出だしの輪廓が不鮮明なのが氣になるが、これはあくまで好みの問題だらう。
弦はもう少し、きりつとして欲しいやうな氣がする。

特徴は第4樂章。
解説に書かれてゐたが、ティンパニがコンバスに添ふやうにして追加されてゐる。
樂譜には書かれてゐないが、過去の演奏でも、やりかたや程度の差はあれ、結構行なはれてゐるのださうだ。

私の愛聽盤は、バーンスタイン&VPO盤だが、この演奏は樂譜通り。

ブラームス:交響曲第1番
バーンスタイン(レナード), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, ブラームス
ユニバーサルクラシック

このアイテムの詳細を見る


もうひとつの愛聽盤、ミュンシュ&パリ管では、一部分だけだが、ティンパニが低音を補強してゐるらしい。
まつたく氣が附かなかつた・・・

ブラームス:交響曲第1番
ミュンシュ(シャルル), パリ管弦楽団, ブラームス
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る


で、この千秋の演奏では、ティンパニ補強バージョンのなかでは一番派手なバージョン使はれてゐるさうだ。
過去の名演奏では、ヨッフム&ロンドンフィルの例があるさうなのだが・・・
このコンビの演奏では、ブラームスの交響曲第3番は聽いたことがあるのだが、1番は聽いてゐないのでわからない。

實際に千秋の演奏を聽いてみると、なかなか迫力があつて良い。
音樂のうねりが盛り上がつてゆくところだけに、低音部の厚みが増すことで、聽いてゐるはうの氣持ちも盛り上がる。
眞澄ちやんの、氣合ひを入れて演奏してゐる姿が目に浮ぶやうだ。


「厚み」で思ひだしたが、終樂章のこの部分は別として、全般に響きが薄いやうな氣がした。
これは何が原因なのだらう?
もしかして録音の關係なのだらうか?
それとも指揮者があへてさうしてゐるのかな?
え、バーンスタインやミュンシュが濃すぎるんぢやないかつて?
それは云へるかも知れない(笑)


ドヴォルザークの間違ひ搜し、これはお手上げ。
樂譜もなしに、聽いただけで分かる譯がない。
あ、樂譜があつても私にはわからんか(笑)

何はともあれ、樂しめるCDだつた。
次はシベリウスでも出してくれないかな。
のだめマングースのピアニカ入りで、ガーシュインのラプソディ・イン・ブルーでもいいな。


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 09/18~09/24 の閲覧数とラン... | トップ | 恐怖の打點王・今岡、逆轉3... »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
間違い探し。 (music-mania)
2005-09-25 19:14:11
のだめのCDブックで間違い探しをしてしまいました!詳しくは私のblogに書いておきました。

結構、笑えるネタです。知ってると蘊蓄が語れます。ご笑覧ください。

ブラームスのCDも買おうかな。間違い探しが出来ないと困ります。挑戦してみたい。
面白い! (仙丈)
2005-09-25 21:05:35
music-maniaさん



作曲者自身が指揮をしたレコードで、音が外れてゐるんですね。

樂器にもいろいろとあるといふことが新鮮な驚きでした。

ウィーンフィル獨特の樂器?があるといふのも、初めて知りました。



是非、ドヴォルザークの間違ひ搜しをしてみて下さいまし~!

のだめ10卷を見ながら聽けば、music-maniaさんならわかるのではないかと思ひます。



仙丈さんへ (あや)
2005-09-26 14:41:50
TBありがとーござました♪



仙丈さんみたいに、専門的なことは、あまり詳しく知らない私なので、ブログを読ませて頂いて、知識が増えました
ウィーン・フィル (music-mania)
2005-09-26 22:23:22
ウィーン・フィルは世界で唯一、伝統芸能のオケです。19世紀の色合いを残しています。リヒャルトの演奏でも感じましたが、いまのウィーン・フィルと弦の音色が同じです。弦楽器、ホルン、オーボエも独特の音です。ウィーン・フィルの多くの楽器は、オーストリア政府所有の楽器なのです。

ウィンナ・ホルンは、ウィーン・フィルでしか使いません。オーボエも、頭部管の頭にへんてこな丸い玉がついた古楽器のような独特な楽器を使っています。

なのに、トロンボーンやトランペットはアメリカの楽器をガンガン使ったり、不思議な世界です。面白いオケですね。
いやあ、それほどでも~(笑) (仙丈)
2005-09-26 22:59:44
あやさん



コメントありがたうございます!

私も專門知識は皆無ですよ~

なので、自分の感じることしかいへないのです。

もつと中學の時に音樂の授業を眞面目に受けとけばよかつた(笑)

傳統藝能 (仙丈)
2005-09-26 23:04:44
music-maniaさん



なるほど、傳統藝能ですか。

2000年に、ウィーン・フィルとベルリン・フィルが大阪に來ました。

ウィーンが小澤、ベルリンがアバドでした。

その時に、どちらのオケも超一流なのに、ウィーンの弦のつややかさと木管の柔かさには驚かされました。

やはり、さういつた理由だつたのですね。

それにしても政府所有の樂器とは!

さすがは音樂の都、ウィーンですね~



日本の土になる!! (music-mania)
2005-09-26 23:45:51
ベルリン、ウィーンを較べて聞かれたとは!贅沢ですね♪

ウィーンの音は、録音で聞くよりずっと柔らかいふくよかな音ですね。マーラーもこの音を想定して書いていたんだなあ、と感慨を覚えます。

憧れるあまり、ウィーン人になりたい、と心から思ったものです。でも日本に生まれた以上、様々な栄養を取り込んで、日本のいい土になろう、と心を決めています。

先輩たちの養分を吸い上げて、世界に羽ばたく日本の若手も増えています。喜ばしいことです。

私は日本で土になります。(ちょっとナルシスティックなヒロイズム)失礼。
日本の土 (仙丈)
2005-09-27 00:23:09
music-maniaさん



「日本の土」、いい言葉ですね。

ここ、極東の島國でも西歐の音樂が根付いてゆく。

でも充分に消化してゐるのかとなると、これは難しいことなのでせうね。

おそらくVnの響きひとつとつても、日本での響きとウィーンでの響きは違ふのでせう。

さういふ違ひを昇華して、純粹な音樂の喜びを體感したいものです。



ちなみに、アバド/BPOはベートーヴェンの交響曲第7番、小澤/VPOはブラームスの3番&2番でした。

BPOは日本での2000年秋のシーズン最後の演奏といふこともあつてか、氣魄の籠つた演奏でした。



ウイーンフィル (g-grace)
2005-10-03 23:14:32
sonetets様

「つややか」いう表現わかります。

9年ぐらい前に神奈川県のどこかで(詳細は覚えてないのですが、)

市民レベルで、来日時の上演を誘致したところ、4人が市民会館だかにきてくれたことがあり、多摩から行きました。

その時の演奏の、気持ちよさは、「つややかな」という表現だったと、今、思い出して浸っています。  from g-grace



ウイーンの弦 (仙丈)
2005-10-04 21:27:54
g-graceさん



ウイーンの弦はつややかですよね~

奏法が違ふのだらうとは思つてゐましたが、どうやら樂器じたいも由緒ある樂器のやうです。

まさに傳統の味はひですよね!



のだめカンタービレのブラームス (望 岳人)
2005-10-08 14:33:48
トラックバックありがとうございます。



自分の記事ではこの覆面演奏企画には批判的なのですが、各種コメントを読ませてもらい少し興味がわきました。



アマゾンのレビューでも真っ向から否定する方と、録音も非常にクリアでミュンシュやバーンスタインほど熱気がないから聞きやすいとする方がいるようですが、かりに若者の演奏するブラームスに熱気がないとすると、それには少し疑問です。







なかなかですよ (仙丈)
2005-10-08 18:45:34
望岳人さん



コメントありがたうです。

千秋の?ブラ1、バーンスタインやミュンシュと比較しては分が惡いです。

やはり巨匠とは勝負になりません。

でも若々しい演奏だとは思ひました。

熱氣にも缺けるところはないと思ひました。

ただ、記事にも書きましたが、どうも弦の響きが薄い感じがしました。

あとは、音の出だしがやや不明瞭なのが氣になるところです。

とはいへ、さういふところがあるにしても、彈き飛ばすやうな雜なところがなく、なかなかな好ましい演奏だと思ひました。

ハジメマシテ (マーク)
2005-10-08 22:56:16
トラックバックありがとうございます。

時々拝見していたサイトからTBもらえるとは光栄です。



このCD、意外と批判的な人がいるんだなとやや驚いています。技術的なことはよくわかりませんが、ネタとして捕らえれば十分楽しめると思いますが。第2弾、第3弾も期待していますし。
期待 (仙丈)
2005-10-08 23:17:00
マークさん



コメントありがたうです。

あ、時々覗いて下さつてゐるのですか?

ありがたうございます!

これからも是非、ご贔屓に~(笑)



千秋指揮R☆Sオケ、覆面企畫であること自體がひつかかる人もいらつしやるやうです。

でも、それは、演奏者が怒ることであつて、聽く方が怒るのは筋が違ふやうにも思へます。



私は、かういふ遊び心の横溢した企畫は大好きです。

第2彈は是非シベリウス2番でお願ひしたいところです。

これまた好きな曲ですので!



はじめまして (Nao)
2005-10-10 01:22:10
TBありがとうございました。



仙丈さんもコメントしてらっしゃる方も詳しくて、

Blogに載せたことちょっと恥ずかしくなってしまいましたっ!

でも、読ませていただいて、もっとじっくり聴いてみたくなりました。

ありがとうございます。

ありがたうです (仙丈)
2005-10-10 01:28:46
Naoさん



コメントどうもありがたうです!

なんのなんの、私は全然詳しくないですよ~

ただ自分の感想を書いてゐるだけなんです。

專門的な知識は皆無です。

早い話が、オアタマジャクシは讀めません(笑)



千秋の?ブラームス、是非お聽きになつてみて下さい。

花の色は移りにけりな、、、 (fever_1976)
2005-10-16 23:32:12
TBありがとうございます!

ブログ覗かせていただきました、びっくり!

旧字やら旧仮名遣いの嵐!!

ちょっと懐かしくなりました@笑

なんちゃって国文科卒だったりするんで。



私もラプソディー・イン・ブルー聴きたいですね~♪あぁ、でも映像も欲しいかも@笑

國文 (仙丈)
2005-10-17 00:17:39
fever 1976さん



私も國文專攻だつたりします。

でも、講義には殆ど出てゐませんでしたが(笑)

卒論は三島でした。

當時、近・現代を卒論にするヤツは殆どゐませんで、異端視されてゐました。



それはさてをき・・・

音大時代の面々が懷かしいですね。

パリに遊びに來て欲しいです。

峰クンとか眞澄ちやんとか!



Unknown (ラグ)
2005-10-17 12:37:24
初めまして。それから、あんなネジの緩い記事にTBありがとうございます。

ココは内容が濃いですね。TBさせて頂きました。

千秋&R☆Sオケ企画、面白いです。

私は今回、イマイチのれなかっただけに、是非とも第二弾が聴きたいデス。

ラプソディーインブルー、いいですよね。正直なところ、ブラームスよりこっちが聴きたかったりして…(汗)

千秋&R☆Sオケ企画、次回があることを切に願います♪
ラプソディー・イン・ブルー (仙丈)
2005-10-17 18:36:53
ラグさん



コメントありがたうございます。

千秋&R☆Sオケの企畫案、ラプソディー・イン・ブルー大贊成です。

出來たら、のだめマングースのピアニカで!(笑)

マングースの演奏シーンの寫眞附きで!!

是非やつて欲しいデス!



伊那 (YK)
2005-10-24 01:07:04
仙丈さん、ご無沙汰致しております。大阪で夢Ⅱでご一緒し、今は仙丈岳が見える伊那で仕事しているKです。仙丈さんがこれほどのクラシックファン、ましてLBのファンとは当時は知らず、また、のだめも読んでいらっしゃるとは…奇遇です。ここ伊那の地には伊那フィルというオケが活動されているのですが、これが「のだめプロジェクト」なるもので、著者了解のもと、ブラ1を12月に奏るのですよ!!、当然楽しみに行くつもりですが…と残心しておいて、また。関西分会でお会いできるのを楽しみにしています。
おひさしぶり~ (仙丈)
2005-10-24 08:11:13
Kさん



おひさしぶり~!

仙丈を日々眺められる職場とは、私などには羨ましい限りです。

Kさんも「のだめ」ファンだつたのですね?

嬉しいなあ!

伊那フィルのブラ1、樂しみですね。

「のだめプロジェクト」つて各地で展開してゐるやうです。

仙臺と、あと思ひだせませんが1ヵ所、他の人のブログで話題になつてゐました。

關西分科會でのおめもじを樂しみにしてゐます!



遅ればせながら・・・ (Miho)
2005-10-27 14:06:41
初めまして。 TBありがとうございました。大変遅ればせながら、お邪魔しにきました~。お詳しいのですね。千秋指揮R☆Sオケはamazonでちょっとネガティブな評価があったので敬遠しちゃったのですが・・・。ちょっと聴いてみたくなりました(^-^)
R☆Sオケ (仙丈)
2005-10-27 20:22:51
Mihoさん



コメントありがたうございます!

ラフマニノフのピアノ協奏曲は屆きました?

いい曲ですよね~

冒頭から惹きつけられてしまひます。



R☆Sオケのブラームス、私はなかなかだと思ひました。

もちろん、比較する相手がバーンスタインとかミュンシュとかだと分が惡いですけどね(笑)

千秋指揮だと思ふとますます良く思へてしまひます(笑)





Unknown (kao)
2006-04-03 00:16:31
お礼が遅れまして申し訳ありません!



ブログ、はじめてなのでご容赦下さい。



遅ればせながらトラックバックありがとうございました。



私もクラシックが好きです。いいですよね。

またお勧めがあれば教えてください。

こちらこそ~ (仙丈)
2006-04-03 00:18:45
kaoさん



コメントありがたうございます。

クラシック音樂は懷が深いですね~

また時々お立ち寄り下さいまし。

こちらこそヨロシクです~!



はじめまして! (christmasrose)
2006-04-13 20:09:41
ラフマニノフのこの曲は、大好きで、周期的に

無性に聴きたくなる曲のひとつで・・・

他にも私の好きな曲がたくさん並んでいて♪

共感してしまいコメントさせて戴きました。

知らない曲もあったり

井上靖さんの氷壁に魅せられていて

氷壁つながりで訪問させて戴いて

勉強になりました!

ありがとうございました☆









氷壁つながり (仙丈)
2006-04-13 21:56:45
christmasroseさん



コメントどうもありがたうございます。

「氷壁」は私の愛讀書です。

これまでに何囘讀み返したか覺えてゐないくらゐです。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は、ロマンティックな曲ですよね~

私は伊藤みどりさんの笑顏を思ひだします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
のだめカンタービレ CDブック (クラシック真剣勝負!)
リヒャルト・シュトラウスの「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の演奏は面白い! リヒャルト・シュトラウス自身が指揮したウィーン・フィルの古い録音だが、有名な冒頭のソロホルンが音をとちっている!!!  ドファソ ソ♯~ラ♪ ドファソ ソ♯~ラ♪
のだめカンタービレ~千秋真一&R☆Sオケの「ブラ1」を聴きました (伊達でございます!)
話題の「のだめカンタービレ」企画盤、千秋真一&R☆S(ライジングスター)オーケストラのブラームス「交響曲第1番」を聴きました。
千秋真一&R☆Sオーケストラ (あをねこの妄想倉庫)
これまた買ってしまいました。デビューCD。 まあこちらのお目当ては、ボーナストラ
千秋真一/間違い探し (おやぢの部屋2)
DVORAK Symphony No.8 千秋真一/ R☆Sオーケストラ キングレコード/KICC-555 今回は、ちょっと趣向を変えて「禁断あばんちゅうる」からのコピーです。この間ご紹介した千秋の「間違い探し」、そろそろネットでもいろいろ出てきている
ブラームスなめんじゃないですヨ (c)ミルヒー (音楽の時間。)
なめてました。 てゆか、まともに聴いたことなかったし(汗) ブラームスというと、小学校の音楽の時間。辺りに、何か聴かされたような。 そう、聴か“されて”しまうような、そんな存在だったですよブラームス。 思わず遠い目で西の空を見つめてしまうような、その程度
千秋真一デビューアルバム 『ブラームス: 交響曲第1番』 (if you say so...)
「きたきた~!すっげーよ!このオケ!!」 「すンげーカッコいー!オレも入りてー」(『のだめ』8巻P28) 真澄ちゃん、黒木くん、清良たん、大活躍です。 あと佐久間学(笑)。 ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ とはいえ、僕自身、ブラームスの1番てあんま.
CD「千秋真一指揮R☆Sオーケストラ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
とうとう発売されましたわよ、我らは(?)千秋様のデビューCDが
千秋真一 / 川畠成道 (RAGTIME)
千秋真一指揮のR☆SオーケストラのCD、やっと聴いた。 なんか、普通……。 つか、ちょっとつまんなかったかなー。 私ってば、ナニを期待してたかナゾだけど、何とか一通り聴けたことに驚きを隠せない状態。 何故つまんなかったかというと、曲がイマイチすきじゃない。 ブラー
のだめカンタービレ (NOUNOULOGUE)
ものすごく意外~と言われることが多いのですが、クラシック結構好きなんです。 制作中や寝る前なんかによく聴いているのですが、誰々の、とか何番、とかはさっぱり。初心者状態のままだけど、まぁいっか、楽しめれば~。という感じだったのです。 ところが!はまりやすい
千秋真一、アルバム5万枚突破!! (りずむかん - ネタネタ日記)
ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ 千秋真一指揮、R☆S(ライジングスター)オーケストラのデビューCDがなんと、5万枚も売れてるんだとか。 ちなみに、普通のクラシックCDの売れ行きはというと 「クラシック人気と言っても、CDは二千-三千枚出れば
架空の指揮者『千秋真一』CD5万枚 (mono-monologue)
今、日本で最も人気がある指揮者と言えば、カラヤンでも小沢征爾でもない。欧州デビュ
のだめカンタビーレ (引越しブログ-blog)
最近『のだめ』が流行っているらしい… 昨日車のラジオで小耳にはさんだのでちょっと調べてみた。 おとうさんのためのなんとか講座ではないけれど… 二ノ宮知子著。現時雑誌「Kiss」に連載中の少女マンガ。第14巻まで発売中。 「のだめ」とは主人公、野田 恵のあだ名
練習しないで上達する導入期のピアノ指導 (楽譜を極める)
ピアノ指導歴が浅く手探りの状態なので、経験豊かな呉先生のレッスン風景を拝見でき、子供の指導方法に悩みいきづまる時には何度か読み返したりしています。今後のレッスンに参考になり、オススメしたい本です!!とても参考になりました。早速レッスンに適用しています。...
FREE (楽譜の厳選紹介)
楽譜画面が切り替わります。しばらくお待ち下さい。※切り替わらない場合はブラウザの「戻るボタン」でお戻り下さい。このページからは注文できません。SUBARU「SUBARU・軽」CMソング・本の環境・ サラ・ブライトマン~オペラ座の
世界の名曲を弾いてみよう (楽譜を極める)
練習しない娘が練習するようになるかしら…と思い、みなさんのレビューを読んで、購入しました。この方の考え方がとてもよかったです。楽しくピアノを弾いてみたかった私には、ぴったりの本でした。本当の初心者におすすめです。テレビでやっているのを見て、ずっと欲しい...
KANピアノ・ソロ・アルバム (楽譜を極める)
出版社:ケイ・エム・ピーサイズ:単行本ページ数:157p発行年月:2006年10月この商品の関連ジャンルです。 ・本> 楽譜> 全般・・良かったなり・・・楽器・ 約束の、あの場所で。・62011204思い出の楽譜・ファーストキスの感想・小渕健太郎大好き!・岩盤浴 効果 コ...