花好き・旅好き女性のセカンドライフ

通院しつつ、夏場半年間はガーデニングと家庭菜園で汗を流し、その合間に外国旅行を楽しむリタイヤ女性の生活日記

「アイルランドとスコットランドの旅」(10)

2017年05月15日 | 海外旅行「北ヨーロッパ」
≪「スコットランド」観光≫(3)

③「スコッチウイスキー蒸留所」見学
「ピトロッホリー」という町でスコッチウイスキー蒸留所に立ちより、1時間工場を見学したり試飲したりした。売店で購入する機会もあった。



見学後2時間東南へ走り、「エジンバラ」の郊外のホテルに投宿した。

       
 

8日目は、1995年に世界遺産に指定された「エジンバラ」の市内観光だった。
私は5年前の6月に友人とイギリスツアーに参加した時、起点の「エジンバラ」で市内観光があったので、今回は2回目。そのためかとても懐かしい感じがした。
前回来た町を更に地図で確認して臨んだので、今回は一層地理的な様子が分かって良かった。

先ずイギリス王室のエジンバラの宮殿である「ホーリルード宮殿」に行った。
元々この建物は、1128年スコットランド王デビット一世が建てた寺院だったが、15世紀からスコットランド国王夫妻の住居として使われるようになり、現在はエリザベス女王が夏に滞在する宮殿となっている。
16世紀のスコットランド女王メアリーが、諸侯の反発を買い幽閉された宮殿でもある。女王滞在中以外は一般に公開されている。
門の外から写真を写したが、逆光で上手く行かなかった。

その後バスは、宮殿から伸びる「エジンバラ城」まで続く道路「ロイヤルマイル」を通り、「エジンバラ城」に行った。

④「エジンバラ城」
今回のガイドの説明は、あっさりとした説明だった。
「エジンバラ」とは、ゲール語で「斜面に建つ要塞」の意味で、6世紀に生まれた要塞都市だ。
しかし、13世紀の末からイングランドと戦い続けたが、ついに1707年イングランドに統一された「スコットランド」。「エジンバラ城」にはその歴史が刻まれている。



    



         





今回は、かって牢だった所の展示も見た。冷たい石の牢獄が想像できた。

 

                

午後は自由行動だった。私は「エジンバラ城」のすぐ下にある「美術館」(無料)に入った。ここも2回目だ。
残りの時間はツアーガイドに教えられた近くのスーパーで、お土産の紅茶や干し果物、チョコレートなどを買う時間に当てた。
残り時間は、少し疲れたので「美術館」前の公園のベンチで集合時間迄休憩した。

9日目は、「エジンバラ空港」を11;25に発って「ロンドン」に向かい、「ロンドン空港」発15;45のブリティッシュ航空で成田空港に帰国した。成田には予定通り10日目の4月28日午前11;25に到着した。ロンドンからの所用時間は、11時間40分だった。
午後の飛行機で成田から千歳空港に戻り、無事に帰宅した。

今回の旅は「アイルランド」「北アイルランド」「スコットランド」の歴史と大自然に触れる事ができた貴重な旅となった。    
                            (完  成)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アイルランドとスコットラ... | トップ | 咲き誇るチューリップとプリムラ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「足るを知る」ならば・・・ (伊豆の花)
2017-05-15 10:26:12
こんにちわ

「アイルランド」「北アイルランド」「スコットランド」と、皆、イギリスのお仲間みたいな考えでしたが、お陰様で、勉強させて貰いました。

其々、民族的には違うのでしょうか?宗教が違うという事で分割したのでしょうか?

世界中で、宗教の違いで争っている所が、ありますよね。
元来、宗教というのが何故に存在するか、その宗旨は何なのか、人は貧しいから縋るのか・・・常に、重く心に残る事柄です。

昨晩のTV番組で、「米国の繁栄は永遠では無い、それは歴史が証明している」と言った趣旨だったと思います。
其々の民族が「足るを知る」を受け入れられたら、少しは、住みやすくなりはしないか・・・今回の旅の足跡を追いながら、そんな思いに駆られています。
伊豆の花さんへ (ソナタ)
2017-05-15 13:29:09
こんにちは~♪♪
早速コメントを頂き、有難うございました。
当地は今日も風が強く、気温が低くて寒いですが、伊豆は暖かいのでしょうね。

旅日記を読んで頂き、感謝に耐えません。
ところで生半可な勉強しかしていませんが、キリスト教がアイルランド島に伝えられてから、旧教と新教の対立が激しく、旧教派は長い間、迫害と弾圧を受けて来たらしいです。
日本人は多神教なので他の宗教の神も割合許容しますが、イスラム教やキリスト教の様な一神教は己の神しか認めないため、激しく対立してしまうんですね。
その点、信じては居ませんが日本が仏教国で良かったと思っています。

かって広範囲に勢力を拡大し繁栄を誇った「ローマ帝国」も滅びたんですから、永遠はどこにもないのかも知れないですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む