花好き・旅好き女性のセカンドライフ

通院しつつ、夏場半年間はガーデニングと家庭菜園で汗を流し、その合間に外国旅行を楽しむリタイヤ女性の生活日記

白菜の苗を農園に植え付ける

2017年08月02日 | 家庭菜園・借り上げ農園
一昨日は一日中雨が降り、農園に行くのは止めていた。
昨日は雨が止み、朝から曇り空だったので、7月8日にポットに種を蒔いて育成した白菜の苗を移植しに行った。

借りている農園では、雨が降ると忽ち雑草が生えて背丈が高くなる。そのままにして置くと種ができて、来年はさらに生えた雑草の除草が大変になる。
それで、行くとまず除草作業からするようにしている。昨日もそれに30分以上かかった。

それからやっと苗の植え付け場所を作り、必要な堆肥、化成肥料などの元肥を40cm間隔に置く。
穴を開けて、そこに全部で30個の苗を植えて行った。
植えていたら日が照りだして暑い事。頭がくらくらして汗だくになった。ブヨに刺されない様に長袖の上着、首にタオル、農作業用の帽子と手袋、そして長靴を身に着けているからだ。それでも手袋の上から2箇所刺されてしまった。

「じゃが芋」が一気に枯れて来た。初めて2株掘って見たら、中くらいの大きさの芋になっていた。

 

ここまでの作業が2時間半で終わったので、最後に「ズッキーニ」4本を収穫。
また「手無し隠元豆」が沢山鞘を付けているが、まだ細かったので20本だけを初収穫した。数日後には沢山収穫できそうだった。
「キャベツ」の外側の葉が見事に虫に食べられて穴だらけだが、真ん中の球が少し大きくなって来たので追肥した。

               

「小豆」が順調に生育して、一斉に黄色い花が咲いていた。

 

枝豆にする大豆類も一気に育ち始めた。写真の大豆は晩生種だが、早生大豆には白い花が咲いていた。

          

白菜と同時期に家で育て、8月に植える「キャベツ」の苗が育って来ているので、3日後位には植えつけられると思う。
苗の植え付けや「じゃが芋」の収穫を済ませたら、「大根」の種蒔きだ。
まだ気温は高いが、暫くは農園の作業も忙しい日が続きそうなので、朝食を済ませ次第出かけ、少しずつ作業しようと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ふるさと納税」の私の上限... | トップ | ニンニクを収穫する »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やむなく・・・ (伊豆の花)
2017-08-02 10:09:54
こんにちわ~
台風の影響でしょうか、昨晩から雨が降っており、猛暑からは逃れて、気持ち的には、ほっと出来ますね。

そうなんですよね、雨が降ると草が伸びる・・・自然な事ですが、ちょっとため息も出てしまいます。

我家の草畑となっているところは、数本の果実木を植えただけ(友人が耕作を辞めた後)なので、それ程熱心に草取りはしませんが、やはり、グングンと伸びる草に、やむなく背中を押されてしまうのですね・・・雨が上がったら、ざっとでも、除草しようと考えていますよ。
伊豆の花さんへ (ソナタ)
2017-08-02 20:04:27
こんにちは♪♪
早速コメントを頂き、有難うございました。

野菜作りの場合は、追肥をする前にどうしても除草が必要なので仕方なくやります。
除草しなければ、雑草に肥料を与えることに成ってしまいますから。
でも自然農法では、適当に雑草を生やす場所を作るとそこに多種類の昆虫が住み着いて、ある種の害虫だけが繁殖するのを抑制するのだとか。
ソナタさんへ (アンジェラ)
2017-08-03 19:20:07
こんばんは~☆

 野菜作り・・・頑張っていますね~!

農園での様子が写真を通して伝わります。ソナタさんの頑張りが良く分かりますよ~!
雨が降ると、雑草の伸びが早いですね。
そして「ぶよ」・・・これにはホトホトまいっています!
かじられて掻くと、傷痕が凄い数です。時にはしこりや化膿することもあり(アレルギー有り)恐怖です。

でも止められない花育てと野菜育てです。

アンジェラさんへ (ソナタ)
2017-08-03 21:15:46
今晩は~!
早速コメントを頂き、有難うございました。

今年借りた農園は、雑草が凄いのですが面積が広いので、ついつい種を多く蒔いてしまっています。
豆類は保存ができるし、他は近所の数軒で食べてくれるので育てています。

私も虫に刺された傷だらけです。虫も必死なんですね。中には年に3回哺乳類の血を吸わないと生きられない虫もいるそうですよ。怖いですね。
でもまあ傷も農作業の勲章かも…数日かゆみも続きますがね。
顔をさされると困ることになるので、最近は手製のネットを被っています。これは登山をしていた時に作ったものです。

コメントを投稿

家庭菜園・借り上げ農園」カテゴリの最新記事