花好き・旅好き女性のセカンドライフ

通院しつつ、夏場半年間はガーデニングと家庭菜園で汗を流し、その合間に外国旅行を楽しむリタイヤ女性の生活日記

我が家に来てからの伯母の様子

2017年02月22日 | 高齢期の生活
先月の末に我が家に来たが、その頃は「歩行器」に掴らなければ歩けなかった。しかし、伯母の寝室とトイレは隣接しているものの、施設にはなかったドア、それも幅が広いドアが付いているので、出入りする際に開けたり締めたりするのが大変だった。
そこで4個の「足付き杖」を社会福祉協議会から借りて来た。
その杖を最初は恐ろしがったが、やがて慣れて、ドアの出入りが簡単になり、今では歩行器に頼らずとも歩けるようになった。

また夜、急にトイレに行きたくなったら困るので、初め「コンパクトトイレ」をベッドの傍に置き、それを使ってもらっていたが、「足つき杖」を使えるようになってからは夜もトイレに行けるようになった。そのため、私の朝の仕事の一つが軽減された。
その内また自分で行けなくなる時が来るとは思うが、とりあえず今の所は良かったと思っている。

さらに伯母は、自分の足の歩行機能がすっかり落ちていることに気づき、図書館から借りたストレッチの本を見て、自分でリハビリをするようになった。
97歳になっても向上心を失わずに努力する伯母には本当に感心させられている。

施設で塗り絵をしていたことを思い出し、100円ショップから買って来た。
施設ではただ自由に塗らせていただけだったらしいが、私のちょっとしたアドバイスを聞いて絵が立体的に見えるように塗る事ができるようになった。
幾つになっても努力しようとする伯母には、本当に頭が下がる。



写真は、伯母の部屋の窓辺に置いてある「シクラメン」と「アザレア」だ。
僅かずつ明るさを増して来た窓越しの陽光を受けて、綺麗に咲いている。

                 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「中部ベトナムの旅」(8) | トップ | 伯母と生活し始めて »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見習わねば! (ガチャピン)
2017-02-22 23:47:55
ソナタさん、こんばんは。
中部ベトナムの旅の旅行記、お疲れ様でした。
まだまだ知らない事ばかりで興味深く拝見しました。
今はまだ外国には行く機会はありませんが
またいつか…とソナタさんの記事に刺激されております。

伯母さまですが、四点式杖がきちんと使えてみえるようで良かったですね。歩行器より小回りが利くので室内では便利ですよね。
また、伯母さまは色鉛筆を何本か握った手で塗り絵を
押さえながら、反対の手で確りと色を塗ってみえますね。幾つかの事を同時に行うのは脳の活性化に
とても有効的です。リハビリの件といい、伯母さまは素晴らしいですね。やはりそばにいてちゃんと支えられているソナタさんの存在も大きいと思います。
幾つになっても人は努力出来るんだと、
改めて伯母さまに教えられた気がします。
私も見習いたいものです。
ガチャピンさんへ (ソナタ)
2017-02-23 08:23:46
お早うございます。
早速コメントを頂き、有難うございました。

ベトナムは社会主義国ですが、中部ではあまり感じませんでした。
貧しいながら懸命に働く人々に、戦後の日本を見る思いがしました。
時間ができたら、是非一度いらして下さいね。

写真を丁寧に見ていただき、伯母にエールを贈ってくださり、有難うございます。
先の事は分かりませんが、今の様子なら、私一人でも何とか介護をして行けそうです。
また、アドヴァイスをお願い致しますね。  
ソナタさんへ (アンジェラ)
2017-02-24 15:34:48
お久しぶりです🎵

97歳の伯母様は、しっかりとされていますね。
自分からリハビリしたり、ぬり絵の様子を拝見しても感心しています。

こちらはだいぶ春🌱🌷🌱めいてきました。
三寒四温でゆっくりと季節が変わりますね~✌

私はまあまあ元気にやってます。ソナタさんもご自愛くださいね~😊
アンジェラさんへ (ソナタ)
2017-02-24 16:40:22
こんにちは♪♪
ご無沙汰でした。

伯母は施設に1年半入所していましたが、入り口にトイレ(カーテン式)がついた狭い個室で大半を過していたので、すっかり足腰の筋肉がなくなりました。
栄養をつけて運動してもらって…と思っています。

今月初めと比べると、随分温かくなりましたね。
雪が溶ける3月末が待ち遠しいです。
お互いに春まで充電したい所ですね。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む