花好き・旅好き女性のセカンドライフ

通院しつつ、夏場半年間はガーデニングと家庭菜園で汗を流し、その合間に外国旅行を楽しむリタイヤ女性の生活日記

健康保険証の取り扱い方で病院でハプニングが

2017年03月12日 | 日記
2ヶ月ほど前に病院に行った時の事だ。
待ち合い室で会計の準備が終るのを待っていた時、数人いる受付担当者の方から聞こえて来た言葉は、「健康保険証のコピーをしないで欲しいと言う人がいるけれど、私達に一々書く暇はないから、そんな言い方する人はおかしい…」という内容を大声で話していた。
すると待ち合い室に居た数人が、「そんな人がいるんだ…」「俺はいつもコピーを了解しているけど…」など、口々に反応した。

10分程経つと機械で支払う私の会計準備ができた。
私は立ち上がると、先ず受付担当の所へ行き、問題の発言をした中年女性の前に立った。
「先程あなたが話していた事ですが、待ち合い室の大勢の方が聞いて、それぞれ反応していましたよ。」
「この病院が、コピーをしても良いかどうかを患者に聞くのは、したくない人がいるかも知れないし、また、したくない人がいてもそれに対応するという方針だからではないですか。あなたの発言は、この病院の方針に反しませんか。」
と言った。
彼女は直ぐに「すみませんでした。」と言った。

次いで私は、「健康保険証は個人情報の一つですから、例え病院がシッカリと管理していても、悪意のある人によって他に情報が流されないとは言い切れないでしょう。だから私の場合は、ここだけでなく銀行や郵便局などで求められても、コピーをしないようにお願いしていますよ。」と話した。
彼女はまた「済みませんでした。」と言った。

それで私は彼女の前から離れて機械の所に行き、会計を済ませて病院を出たのだった。
私の対応が良かったのかどうか、時々その時の事を思い出すのである。

                                  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浴室に介護用椅子を入れる | トップ | 伯母を眼科へ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
学習してくれたら・・・ (伊豆の花)
2017-03-13 09:21:25
おはよう・・・です

私自身は、「個人情報」については、あまり関心がなくて、特に、自衛はしていないのですが、ただ、「個人情報」を、多数扱う方には、関心がありますよ。
要は、扱い方に万全の責任を持つ事。
だから、個人情報を頂くときは、必ず了解を得る、集まった情報は漏えいしない、もし漏れた場合は、その責任をすべて取る・・・とかね。

時折、私も思う事がありますよ。
それは、公の場所で、結構、内輪で話すべき事柄を声高に話しているのに出合った時、ソナタさんのように、しっかり指摘できる人が少ないと思うのですね。
指摘された人は不愉快でしょうが、指摘した方も、穏やかな気持ちではいられませんよね。
ただ、そんな時、その人たちが、それをもって学習してくれたらそれで良し・・・と思う事にしています。
伊豆の花さんへ (ソナタ)
2017-03-13 20:40:40
今晩は!
早速コメントを頂き、有難うございました。
今回の記事は、伊豆の花さんに触発されて書きました。

私は個人情報が気になる方ですね。
郵便物や領収書など、住所や名前、電話番号などが書かれたものは、その部分を切り取って、さらに細かくしてから捨てるようにしています。
前にBSTVで、ある人の個人情報を割り出すために、その家のゴミ袋や郵便物などを調べる人がいると知ったからです。
怖いなと思います。
なので、日常できるだけ自衛に勤めています。

伊豆の花さんもそうだと思いますが、間違ったことを平気でされたら黙っていられない性質でして、自分でも後で反省する事があります。 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事