山と蘭と恋の華

山登りを楽しみながら、趣味で洋らんを育てています。
時々、恋の華の話を織り込みながらブログに綴って行きます。

夏の昆虫観察。

2017-07-17 06:45:42 | 日記
2017年7月17日(月)外の気温は既に25℃を超えています❗
昨夜は、とうとう熱帯夜になりました。
少し寝苦しい夜になりました。
エアコンの風が苦手なので扇風機をフル稼働しています。
今年の神奈川は本当に雨が降りません❗
雨が少ないでは無くて雨が降りません❗
そろそろ梅雨明けかな?
今年は、雨が降らないまま梅雨明けするのかな?
雨が降らないから蚊が居ませんね❗
今年は、一度も蚊に刺されていません。
と言う朝の一人言でした。
7月15日(土)と7月16日(日)は久し振りに連休になりました。
連休の二日間は一人で山登りに行って来ました。
二日間連続で過酷な夏の山登りに行って来ました。
暑かったぁー👀本当に暑かった❗
(土)は西丹沢の檜洞丸。
(日)は午前中は食料品等の買い物が有ったので近くの金時山。
山の風景写真等は特にありません。
1枚だけ。朝の西丹沢。

今日は、昆虫の写真と山野草の写真を載せて行きます。
ヤマユリの季節です。

セマダラコガネ。

エゾハルゼミ。
もの凄い騒音で大合唱していました。
心地よいセミの鳴き声とかでは無くて耳の鼓膜の中にピンポイントで入り込んで来る様なラウドネスな鳴き声です。

セアカツノカメムシ。

イワタバコも咲いていました。

夏の西丹沢は過酷の一言です。
汗をイッパイ流しました。
体の中の余分な塩分が全部抜けた感じです。👀
良い塩抜きになりました。(笑い)
此処からは金時山の写真です。
鮮やかな黄緑色のバッタ。
まだ成虫になる前です。

名前が不明の山野草。

ツチアケビ。

ラン科植物。腐生植物。
花はランそのものです。
デンドロビュームみたいな花です。



ミドリヒョウモン。
虎の尾の花にイッパイ集まっていました。





コマルハナバチ。

ふさふさな毛がイッパイ。



モンシロチョウ。

ウマノスズクサの種。

南国のフルーツみたいな形。
スターフルーツに似ている?

金時山の山頂。

新しく金太郎の斧のオブジェが出来ていました。
箱根仙石原から吹き上がって来る風が心地よい。

山登りの時に食べる物は、中間の味の食べ物が美味しい。
甘辛い食べ物。
あまじょっぱい食べ物。
甘酸っぱい食べ物。
飲み物は、お茶でもなくジュースでもなくコーヒーでもなく真水が一番飲みやすい。
味の付いた飲み物は下山してから飲むと格別に美味しく感じます。
僕はいつもコーラを飲みます。
今日は、此でおしま~ぃ👀
今日は海の日で祭日🎌
でも今日は仕事~👀
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘭の成長過程2017年(夏) | トップ | 7月の蘭とツバメの写真。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夏ですね~。 (カトレア)
2017-07-19 22:00:28
たくさん汗を流されて・・・
山登り楽しそうですね。新鮮な空気をたくさん吸ってきてまた明日からの仕事がんばろうと言うことでしょうか?
山百合 香りが届きそうです。
セミ 今年はどうしたことか?我が家の木には見当たりません。家の明かりで私が寝るまで泣いているのに・・・
朝方もカナカナと言う声で目が覚めていたのに・・・まだ一回も聞いていません。他の山にはいるのですが・・・
おはようございます。 (いけちゃん☆☆☆)
2017-07-20 04:59:48
カトレアさん。
おはようございます。
毎日蒸し暑い日が続きますね☀
暑中お見舞い申し上げます。

外は、白々と明るくなって来ました。
夜明も少し遅くなって来ました。
そして、セミの鳴き声も明るくなるに連れて賑やかになって行きます。
ニイニイゼミが賑やかに鳴いています。
明け方と夕方の薄暗い時間帯はヒグラシがカナカナカナーって鳴いています。

セミの鳴き声が聞こえてきませんか?
雨が少なくて気温が高いと鳴かないのかな?
背の低い木では鳴きませんね。
背の高い大きな木の方がセミが集まって来ます。

夏の山登りは過酷ですよー
何もかもが過酷です。
過酷の一言です。

まだまだ暑い日が続きますね
熱中症等に気を付けてお過ごしください
いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。