つぶやき............

パーカッショニストMasa(海沼正利)の『つぶやき...』
不定期でつぶやきます(^o^)。

日本の芸能

2016-10-01 | 日記
今日は「調草子 Kaori-ne」のライブだった。

日本民謡を我々流にアレンジして演奏するグループだ。

今期は「月映えの夜に」と題した作品を演奏している。

普段は別になんでもないが、

帰宅してからたまたまインターネットでチンドン屋の歴史の投稿を見て日本の文化の事でふと思った事があった。

私は大学に入る時に東京に出てきた。

わたしの住んでいたところでチンドン屋を見たことは無い。

能や歌舞伎や雅楽や民謡の演奏を見たことは無い。

あったのは、親戚が集まった時に(ほとんどがおじさんたちの呑み会の席)、

おじさんたちがそれぞれ好んで歌うものと、

地元のお祭りの時に歌われたり演奏したりするものだ。

その他はTVから聞こえてくるものだけだった。

だから、日本文化というものは(おそらく明治以降のものだろうが)、東京に出てきてから知る事になった。

ということは、私が勉強、研究している各国の音楽とさほど違わない。

私は日本人だけど、日本の芸能も勉強、研究して身につけているものだ。

私にとって日本の音楽文化は都会の文化で、決して身の回りにあるものではなかったし、勉強するものだった。

だからこそ、各国のものと同等のものとして理解していかれるのだろうと思うが.....。

どちらかと言うと西洋の味のついたものの方が身近だった。

だから、西洋のものが全くの異国のもの、という意識もあまり無い。

私にとって、日本のものも外国のものもそうかわらない。

日本人なんだから日本の文化をもっと大事に、と時々きくが、

日本の文化を大事にするためには日本の文化はなんなのか勉強する必要が私にはある。

日本文化を勉強しなければならない日本人の私。

私にとって、勉強しなければ得られないものというのはなんなのだろうか。

もちろん、日本に住んでいるのだから、多少の日本文化は血の中にある(はず....)。

でもそれは、日本文化というよりは、私の住んでいたところ文化。

人それぞれ住んでいる場所によって文化は違うのではないだろうか。

日本は狭い島国といわれるが、土地土地で全く違う魅力的な文化に出会う。

その土地が経てきた歴史がきっと違うからだろう。

結局、国というのは、ワリと無理にまとめた大きいくくりに過ぎないのかもしれない。

日本文化と同じように各国の文化を勉強していくと、同じ気持ちになる事がある。

この村を出ると、全く違う言葉を持った村にたどり着く。

国というのは、そんな多様性を持つ村の集合体なのだなあ。

話を戻すと、僕の中にチンドン屋の文化は全くない。

各国の音楽と同じように興味深く受け入れる芸能の一つなのだ。



   Masa...

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 影響力 | トップ | パソコンの向う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL