ダイニング・ウィズ・ワイン そむりえ亭

西心斎橋で料理とワインのお店。
06-6484-0530
sommelier-tei@woody.ocn.ne.jp

ローヌの白

2016-10-17 02:20:20 | ワインの事
どこの国や地方でも「この地方のワインはこうだ!」と言い切れるものではありません。

が、ブルゴーニュの「多くのワイン」のように品種が特定されていたりすると比較的に「ざっとこんな感じ」と言えたりします。

しかし、例えば南仏はローヌ地方のワインは多品種が使われることが多く、とりわけ白に関しては主品種がバラバラで個性も多様です。

マルサンヌやルーサンヌがメインのもの、グルナッシュブランが目立つもの、ヴィオニエが華やかに香るもの、クレーレットなどが・・・・

ですが共通項は酸がまろやかでアルコールは低くなく、という部分は否めません。

なにより熟してくるとマルサンヌやルーサンヌは芳ばしく豊かさが増してきますね。


私の中ではトリュフに合わせる筆頭のワインは、ローヌのルーサンヌ、マルサンヌの白なんです。

残念なことに市場には若いものが殆どですので普段は別のワインで代用することになります。


しかし、今月から暫くは白トリュフもあることですし、ローヌのそんなタイプを開けています。

「他にもトリュフに合うワインはあるぞ!」という声も聞こえてきますが、そこは一度お試しいただきたいと思います。
(ちょっと贅沢なワインです)

あ、今日は白トリュフは切らしています・・・・

19日以降にお試しください(笑)


           樋口誠
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた再度のスタッフ募集 | トップ | 今月後半の状況 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL