ダイニング・ウィズ・ワイン そむりえ亭

西心斎橋で料理とワインのお店。
06-6484-0530
sommelier-tei@woody.ocn.ne.jp

予約方法も様変わりしました。

2017年03月07日 01時47分43秒 | サービス
その昔は予約というと電話か、若しくは手紙だった時代もあります。

そのうち電話が主流になって、そこにメールが食い込んできます。

Faxというのもありましたね。

勿論、店のタイプにもよりますが・・・・


そこにネット予約システムが登場し、ホテルなどは割と早くから導入していたようです。

そむりえ亭のような「お馴染みさん」の多いところではそぐわないと思っていますので、導入する予定はありません。

少数派ですが、ブログなどへのコメント欄でも、時折ですが予約を頂くことはあります。

ここ数年の間でSNSがツールとして台頭してきました。

最初はツイッター。

追いかけるようにフェイスブック。

最近ではインスタグラムでの予約が増えているように聞きます。


そむりえ亭の場合はツイッターでの予約は減り、インスタグラムは始めたばかりですし私が写真をあまり撮りませんので当分の間は増えないでしょう。

で、今多いののはフェイスブックのメッセンジャーでの予約です。

この長所は「いつでもスマホで確認できる」「PCでも見れる」ことにあります。

メールの場合はPCを開いている「営業時間外」しか確認できないことです。しかも店にいる時間に限ります。

2,3日の余裕がある場合は「確かなツール」と思いますが、明日とか今日とかいう場合はお勧めしません。

FBメッセンジャーだと「通知」もありますし、営業時間までなら当日でも確かです。

場合によっては営業時間内でも見ることはありますが、忙しいと「しばし見れない」ということはありますが、ま、概ねOK。

翌日の予約なら早めに対処できることは間違いありません。

インスタグラムを使ってらっしゃる店も同様でしょうね。



さて、では電話はどうか?というと急ぎの場合は絶対有利です。

また「好き嫌い」「アレルギー」などの特記事項の細かなニュアンスをその場で確認できるのと、返事が即答できるという点では右に出るものはありません。


他にはカード会社のデスクから、とか、ホテルのコンシェルジュから、というのもありますが、そむりえ亭では稀ですし、ご本人が電話できない人、という認識になりますのでお断りしています。


上記の話はそむりえ亭での事象です。


しかし、私の二十歳頃から比べると、すごい変遷です。

今後も変わっているのでしょうねぇ・・・


兎にも角にも、そむりえ亭へのご予約は

急がないならメール。

急ぎ、或いは細かな打ち合わせが必要なら電話。ただし長い話になる場合は営業時間外でお願いします。

その中間がFBメッセンジャー。

そこそこ急ぎでも対応できますし、文章として確認しやすいですね。

私的には、コレが一番有難いと思っています。

どうぞフェイスブック=FBに登録してお友達申請をお願いいたします。

あ、時折お店に直接来られてのご予約もありますが、営業時間外なら対応しやすいですね。



あと予約人数と違う数でお越しになる方が稀にいらっしゃいますが、どうぞ直前でも結構ですので一報(これは電話で)頂ければ幸いです。

一人増えただけでもお席がない、ということもありますし、減ったことで他のお客様をご案内出来ることもあるのです。

勿論、料理の無駄もコントロールできるのです・・・


予約は大事ですし、私達も予定が立てやすいものです。

飛び込みで来られた方をお断りすのは気が引けますしねえ・・・


ちなみに今日は半分の埋まり具合です。

FBなら出勤時間(14時に店に入ります)まででも間に合いますよ!

お待ちしています。


           樋口誠

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なかなか楽しい営業でした。 | トップ | まだまだ、まだまだスタッフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サービス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL