ダイニング・ウィズ・ワイン そむりえ亭

西心斎橋で料理とワインのお店。
06-6484-0530
sommelier-tei@woody.ocn.ne.jp

日記

2016-08-26 23:40:49 | 日記
昨日のお休み。

久しぶりに「充実」?していました。

昼ご飯を頂いた後、母を美容院に連れて行きます。3か月ぶりくらいでしょうか?


その隙にあるお祝いの会の仕込みの相談に会場に足を運び・・・

少しの買い物も済ませ・・・


家に帰って少し休憩していると美容院から「お母さん、今終わりそうです」との電話を貰って迎えに行き・・・・


次は1月に越してきて以来買っていなかった母の服を「色々」買いに・・・・

いやあ、レディースの買い物なんて史上初めてですので緊張しましたが、安心してください。「ユニクロ」です(笑)


で、その後は夕食。

イタリアンでたらふく、でも母の飲み過ぎに注意しながら・・・・


という母につきっきりの休日。

普段は仕事に出ると12時間は「放置」状態になりますから、その贖いになったかどうかは判りませんが、まあ、息子としては「充実」で片づけたいと思います。

次はそういう日がいつになるのか判りません。


ともかく、今日からしっかり働いて備えたいと思います。


            樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2点、ご連絡

2016-08-26 02:41:23 | ニュース
先日告知していました2点につき、リマインドを込めてご案内させて頂きます。


9月15日(木)のフォリウム.ワインメーカーズディナー。

  19名募集のうち15席が埋まりました。

  残り5席ありますので、奮ってご参加ください。


2:僭越ながら私が帯文を書かせて頂いた「テロワール―波動」(文芸社)

  9月からの発売ですが、アマゾンでの予約販売は既に始まっているようです。


  皆様の「ポチッ)をお願いいたします。


あ、3つ目のご連絡

  今日26日はお休みを頂戴しています。
  考えてみたら金曜のお休みは滅多にしていないかもしれませんので、何人かのお客様のお問い合わせにお断りをしてしまいました。
  申し訳ありませんでした。


  ということで、今日は母を美容室に連れて行ったり、服(母のです)を買いに行ったりと慣れないことで時間を使います。
  

  頑張ります!!


             樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなワインもあるんです。

2016-08-25 02:23:23 | ワインの事

カリフォルニアのクライン社のワインです。
その中のカシミヤはローヌ系のムールヴェードル種をメインにした美味しいワイン。

ってことは、今日の投稿で言いたい事ではありません。


裏ラベルを見ると………

リボンの絵が見えますね。
「ピンクリボン」=乳ガン撲滅キャンペーンの象徴です。
以前は南アフリカのワインにも見つけましたし、他にもあるようです。

私もちょこちょことチャリティ的なイベントをして「何か出来ないかな?」と思ってますが、上記のワインに関しては先月の5人のソムリエの「チャリティコラボディナー」でも使いました。

しかし有り難いことにこれらのワインはワイナリーが既に生産本数分のチャリティを拠出してラベル表記の権利を得ていますから、我々は楽しむだけですね。

ワイナリーが継続的にこれを販売、いや制作する為には「飲んで楽しむ」に尽きます。

勿論、美味しくなくてはなりません。
でも、ご安心を❗

美味しいんです🎵


ワイナリーがこう言うラベルを着けるからには「自信作」で打ってでています

あ、私、チャリティ屋ではありません。
でも同じ労力で「何か出来る」ならアリかなぁ、と思ってます。

このワイン、今月来月は開けいます❗
お試し下さいまし🎵

樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松茸

2016-08-24 01:32:14 | ちょっと休憩
いや、これは店の話ではありません(笑)


たまたま母と行ったスーパーでタイミングよく目の前にあったので買ったのです。


で、昨晩の晩御飯用に肉と野菜とともに鍋で焚いたのですが・・・・・


深夜、自宅に帰って改めて鍋を温めてみると、鼻腔をくすぐる「いい香り」


まさに「マッタケ」です。「マツタケ」ではないんです。

「マッタケ」

皆さんのお感じの「マッタケ」と私の感じる「マッタケ」は同じではないかもしれませんが、

「菌類、胞子類」の香りは「飛ばして逃がす」は厳禁です。


しかし、間違いないのは「秋の香り」が身近にやってきた、ということです。



「マッタケ」とともに世界の鼻腔を刺激するのはトリュフ。

これも間もなく「強烈な」白トリュフが牙をむきますね。
全ては天候次第。

日本を襲う台風も困りますが、トリュフの根が上がりませんように・・・・・



                     樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココのところ・・・・

2016-08-23 02:07:09 | ニュース
ヒマと忙しさを繰り返しています。

昨日は「ややヒマ」と「まあまあ」の中間でしたが

今日23日は団体様の貸し切りのご予約を頂いていますので一般営業はせずに閉店とさせて頂きます

それに引き換え明日24日はヒマな予感、翌25日は多忙の予約状況。

決して毎日忙しい訳ではありませんが、どうしても多忙日にお断りした日が拡散されるのですね。


26日はお休みを頂きますがそれ以降は今のところ控えめの状況です。

店主としては給料日の後の月末がヒマでは困りますので皆様のお電話をお待ちしています!


それにしても大阪は台風に嫌われてますね。

東日本の皆様には申し訳なく思います。


今日も天気でありますように・・・


          樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

便利な中の不便

2016-08-21 23:17:12 | ちょっと休憩
昔は予約というと電話。

その昔は手紙。

今はと言うとメールもツイッターやFB。

店によってはオンライン予約。


便利になりました。


しかし便利な中の不便がありまして・・・・


例えば携帯からのメールに返信すると「デリバリーできません」と返ってくるというのがあります。

PCからの着信を拒否設定にされているのだろうと思います。


或いはPCメールでも何が「キーワード」になっているのか判りませんが「迷惑メール」に入ってしまったり(これは先方からのメールのみならず、私からの発信も、です)します。

またFBのメッセージも友達になっていない場合、見ることが出来ずに終わることもあるわけです。


大事な予約の事ですので胸が痛みますが、設定に関しては「それなりの事情」もありますから難しいところです。

「この予約は急ぐし大事やし」って場合は、どうぞお電話でお願いいたします。

特に「今日の今日」と言った場合は電話に限りますよ!!


どうぞ宜しくお願いいたします!

         
          樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は年に一度の・・・・・

2016-08-21 02:06:08 | スケジュール
(一社)日本ソムリエ協会の「呼称資格認定試験」の1次試験の日です。

今年も沢山の人が受験されます。

そむりえ亭の鹿子木君も、そのうちの一人です。


今年からソムリエ呼称の受験資格に以前はワインアドバイザーと言われたワインショップやインポーターなどの流通の方も含まれるようになり、同時に就業期間も3年に短縮されました。

と言うことは受験者が増えて然るべし。


いずれにせよ、ワインを含む種類の啓蒙と知識の底上げ、或いは扱いの向上などの為の試験ですから、存分に勉強して前に進んでいただきたいと思います。

とはいえ、試験は今日ですから受験者の方々は

「落ち着いて」

「問題をしっかり読み」

「出来る問題を先に済ませ」

「マークシートの位置を間違えず」

「鉛筆の消し痕を綺麗にこすり」(笑)

「このブログを見た居る人は『見んでええから早よ寝て』」



中には「あんな試験なんて・・・」という方もいらっしゃいます。

が、私は自身では役に立ったと思っていますし、後日に「あ、なるほど!!」となるはずです。

それには受かってからの持続的な勉強が不可欠なんですが・・・


兎にも角にも応援してますよ!!


           樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節の体感

2016-08-20 02:37:49 | サービス
以前にも触れましたが、私の場合はワインクーラーの氷の溶け具合で季節を体感しています。

真夏の最盛期は大きな氷も22時を過ぎて23時を周る頃には小さくなって、溶けた水を捨て新しい氷を追加、ってことになりますが、ここ数日は最高気温は変わらないけれども、夜遅くの湿度が低いんでしょうね、氷が結構残っているのです。

もう少ししたら、スタンバイする氷の大きさや量を調整しないと「冷え過ぎ」になってしまいますし、赤ワインを入れているセラーの温度も1度上げて備えます。

勿論、エアコンの温度も微調整。

来週終盤には雨とともに最高気温も31度まで下がる予報ですので、うっかりすると寒く感じるかもです。

こういう「季節の体感」を自分なりに持っていると風邪も引きにくいと思いますし、味覚も「次の季節の味」を敏感に求めるようになるようです。


残念なことに昨年までの通勤経路で聞こえた虫の音が、今の通勤自転車では公園などを通りませんので、母との散歩で感じるしかありません。


皆さんはどんな事象で季節を感じているのでしょうか?

それぞれの持ち場で季節を大切に感じたいですね。


          樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おやつ

2016-08-19 02:36:45 | ちょっと休憩
私の習慣のなかに「おやつ」というものはありません。

お客様や取引先などからのお土産があれば頂きますが、自分で買って、ってことは皆無です。


いや「皆無でした」と書き換えなければなりません。

1月末から母と暮らし始めての変化です。

母は「甘いものを少し食べたい」と言うのです。

時間に関係なく・・・・


当然、買うのは私の役目ですので切らさないように常に2種くらいの「お菓子」があるようにしています。

で、母としては「自分だけ食べているのは嫌」なようでして、仕方なく私も頬張るわけです。


なるべく母が甘いものを食べている間は私は煎餅などにすのですが、一口食べだすとヤメラレナイ、トマラナイ、です(笑)


どうぞ私が太りませんよう、お祈りください・・


               樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今は昔

2016-08-18 01:56:05 | ちょっと休憩
昨日も今日も深夜は帰るなりオリンピックに釘づけです。


そんな中で「はっ」と気づいたこと、いや、思い出したことは・・・・

昔はなかった種目。


例えばサッカー、レスリング、マラソン、柔道、重量挙げ・・・・

他にもあるかもしれませんが、これらは少なくても私の少年時代は男子しかなかった種目です。


それが今では人気を分け合う競技に成長しています。

むしろ「牽引している」といってもいいかもしれませんね。


中には「それでもやってみれば男子の方が強いから意味がない」などと言う人もいるでしょうが、それを言うなら体重別でやっている競技の軽い級の人は重い人に勝てないのですから、柔道3連覇した野村選手は「無意味」と言わねばなりません。


私のよく書くことですが「女子は凄い」ということ。

いや私が女性に受けようとして書いているのではないのです。


しかし知る限りでは、いまだに「男尊女卑」があって「各所各所に適正があって、それは男女それぞれに持ち場がある」と言うことを判ろうとしない人が多いのが残念なのです。


少なくてもスポーツでの女子種目の進出は目を見張ります。

私の職業での女性の活躍と能力も素晴らしい。



さて、あと数日。

彼女らの活躍を応援し、飲食でも女子の進出を応援したいと思います。


                樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまたま、ですが「泣き虫愛ちゃん」

2016-08-17 01:56:41 | ちょっと休憩
オリンピック期間に限らず、大きなスポーツの大会の中継等を見ていると「泣いちゃったぁ」と言う人は少なくないはずです。

いい年をした私も例にもれず、毎日のように涙しています。


彼ら彼女らに感動しているのも確かですが、自分の不甲斐なさや怠慢さに泣いているのかもしれません。


それは有名無名に関係なく、「この舞台に来るまでの血の滲むような努力」や「国民やマスコミからの【重い期待】を受けとめている姿」に自分を対比してしまうのかもしれませんね。


その代表格が福原愛ちゃんなのかな?と思います。

3歳のころからマスコミに取り上げられ25年。

ずう~~~~~っと彼女の姿を見てきたものです。

その彼女のこの2日間の心境やいかに・・・

「全部私が悪い」「迷惑をかけっぱなし」「足を引っ張った」

誰もそんな事を思っていないでしょうし、シングルスでの躍進は石川佳純ちゃんや伊藤美誠ちゃんの背中を押したに違いありません。


他の選手も素晴らしいし、他のスポーツ種目の選手も同じように頑張っていますが、先程見た福原愛ちゃんの姿といったら・・・・・


良いものを見せて頂いて「ありがとうございます!!」


私たちの仕事では中々そういう「涙を誘うサービス」は難しい。

いや「お涙頂戴」なサービスはあるかもしれませんが、その過程はオリンピック選手に敵うはずもありません。


少なくても「泣いてもらうことを目標」にしては本末転倒です。


リラックスして席を楽しんでいただく。

お腹を満たしていただく。

ワインで少し「後押し」をしていただく。


それくらいです。

そんな日常に心のリセットをしてくれるオリンピック。

もう少し楽しませてください。



               樋口誠

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり・・・・

2016-08-16 03:09:56 | ちょっと休憩
お盆ですね!!

昨日は早い時間から中盤にかけて丁度一回転分の予約を頂いていましたが、遅い時間に3組のお客様に2次会使いでお越し頂きました。

お蔭様で賑やかな営業です。

今日も同じような展開になりそうです。


さて明日17日もボチボチと埋まってきまして、23日は貸し切り、25日も沢山の予約です。

この時期の特徴は「大人数が多い」ってことです。

お盆ですから、久しぶりに会う仲間やご家族が多く、組数が少なくても埋まってしまいがちです。

しかも他のお店が(有難いことに・・)休んでくれているから、普段はヒマなそむりえ亭もターゲットとして使って頂ける訳です。

どうぞ、その辺を御理解いただき、お早めにお電話を頂けますように・・・


それでは皆様、いいお盆をお過ごしください。


             樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピックの最中ですが・・・・

2016-08-15 00:30:23 | 日記
先程までリオオリンピックの女子マラソンを見ていました。

選手皆さんの頑張りには頭が下がる思いで拝見していました。


で、日付が変わって「8月15日」

終戦記念日です。

忘れるわけにはいかない日です。



やられたら、やりかえすって事が大変な犠牲を生み出しました。

亡くなっていくのは何の責任もない、罪もない人々です。

全てが破壊されて、愛おしい家族が消えるのですね。


オリンピックも開催できない時代もあったのです。


平和に「ニッポン頑張れ!」と言っていられるのは平和がなせる業です。


今日は平和を祈りながら「いつものサービス」を心がけたいと思います。



PS:クレジットカードの機械が一昨日に「逝って」しまいました。
   復旧は明日以降になりそうです。
   ご利用の方は申し訳ありませんが、キャッシュをお持ちいただけると助かります。
   ご容赦くださいまし・・・・・



            樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず・・・

2016-08-14 02:47:04 | 日記
鴨長明さんはいいことをいいます。


「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」

そむりえ亭は8周年を迎え、9年目に入りました。

多くの方にご来店頂き感謝に耐えません。

「お祝いはいりません」と書きましたのに沢山の頂きものをしまして心苦しい次第です。



しかし、周年という区切りや8年目とか9年目とか言いながらも時は止まらずに常に形を変えながら、平等に過ぎていくわけです。


ついつい区切りの時に感傷的になったり、天狗に成ったり、何か達成感のようなものを感じたりしがちですが、そこは冷静に捉え、同じように前を向き、昨日と違う日を迎えなければなりません。


普段、まともに本を読まない私が先人の名言を取り上げるのも気持ち悪いことですね。


今日は周年後の初休みです。

体調を整え、8月後半=同時に盆を過ぎ秋の到来に備えます。



さて、近々のうちの予約状況です。

15日(月):ほぼ一回転の予約を頂いています。遅めの時間=21時頃に空き始めると思います。

16日(火):半分位の空きがあります。

17日(水):同じく半分くらいの空きです。

以降はまだまだ空きがあります。

ただし・・・・

21日、26日はお休み

23日は団体様の貸し切りです。

例年、お盆は日が近づくにつれ埋まってきます。

お早目のお電話、或いはメールやFBでのメッセージでご連絡をお願いいたします。



また昨日お知らせいたしましたが・・・

来月15日(木)にニュージーランドの「フォリウムヴィンヤード ワインメーカーズディナー」の開催です

どうぞご参加いただけますようにお願い申し上げます。


同じのようで同じでなく、違っているようで同じ時間。

これからも楽しみたいと思います。


            樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月15日ワインメーカーズディナーです。

2016-08-13 00:36:00 | ニュース
そむりえ亭にも各国から様々なワインメーカーにお越しいただき「ワインメーカーズディナー」なるものを開催させていただいています。

今年は早くも秋真っ盛りにお話を頂きました。

でも「秋真っ盛りにワインメーカーって来れるの?」と思いますよねえ・・

実は南半球はニュージーランドの方なんです。

「フォリウムヴィンヤード」

ソ―ヴィニヨンブランで名を馳せるアソコです。

2010年にこのワイナリーを起こしたのは日本人の岡田岳樹さん。

まだ若い人ですが立派な経歴の中でフォリウムで素晴らしいワインを造ります。

白はソーヴィニヨンブラン

赤はピノノワール

それぞれスタンダードとリザーヴを仕込み、私の感覚では「ニュージーランドらしくなく、しかしニュージーランドらしい」ワインだと思っています。

通常の会と違い通訳を挟まない日本人ならではのお話を堪能頂けるものと思います。

何度かお会いしていますが素敵な方ですよ‼



日時:9月15日(木) 19時~

会費:お一人様12,000円(税込)

内容:乾杯のシャンパンと岡田さんのフォリウムワイン4種を坂本君の料理で楽しみます。

ご予約:お電話06-6484-0530で樋口をお呼びいただくか、メール sommelier-tei@woody.ocn.ne.jp

若しくはFBメッセージにてお願いいたします。

締め切り:定員19名にて締め切ります。


どうぞ宜しくお願いいたします。


             樋口誠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加