安らぎと戒め

仏像と花と山と写真を楽しみます

黒椿の蕾

2016年10月01日 09時43分34秒 | 日記
  
 先月20日の早朝、庭の黒椿に小さな蕾が付いているのを見つけた  黒椿は
この春先、先輩から頂いたので、早速電話で報告したところ、「 肥やしをやった
りするなどの世話をしなかったな 」とぶっきらぼうな声が飛び込んできた   

  1967年に就職した時の職場の先輩で、事務職の私と茶の指導技師だった
先輩とは今も時々山の帰りなどに立ち寄って休憩し、奥様から御馳走になって
おり、先輩からはその季節の珍しい花の苗などを頂くこともある  そんなときで
も、先輩は現役時代と同様に「宮崎弁」の中でもごく「厳しい」表現で話しかけて
くれるので、私は意識的に「 今のはなんちゅう意味ですか」と聞き返すこともある  
 奥様は、台所で忍び笑いをする

 「 お茶の木も今花が満開ですよ 」と余計なことを言うと、「 お茶は椿と同じじゃ
から、肥しをやるとズンズン伸びち、そんかわり花は咲かん 」と教えてくれた 
確かに、黒椿にも茶にも肥料(肥し)は施さなかったようだ   多分40年以上
前に先輩から手に入れて頂いた優良品種の茶ノ木でお茶を作る心算だったの
だが、その後仕事が忙しくなったこと等(?)で殆ど手入れはしなかった。それ
でも、今でも背丈は1m足らずだが、毎年綺麗な花を楽しませてくれている   
有り難い  

 お茶の花が好きだというグラウンドゴルフ仲間が欲しいと言うので先輩に話す
と、直ぐに苗を手に入れてくれた

 先輩の言葉だが、今後は時々椿とお茶に少しだけ肥しをやることにしようと考
えた  しかし、狭い庭に94歳で8年前に逝った母に頂いた花木や最初の職場
でお世話になった課長( 故人 )の記念品など沢山の花があるので、余り大きく
ならないようにしなければいけない

 黒椿の花が咲くのが楽しみだ

        2016年10月1日   
                                   風
   
※ 写真はクリックすると拡大する
※ もう一度クリックすると、更に拡大する写真もある


黒椿

白椿

藪椿















       p

    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧島連山 矢岳で見返り草鑑賞 | トップ | 白鳥山 ~ 六観音御池 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿