安らぎと戒め

仏像と花と山と写真を楽しみます

韓国岳から山友の郷土・桜島を遠望

2016年12月07日 20時00分44秒 | 日記
 12月3日の土曜日午前5時過ぎ、ベッドでストレッチをしながら、ふと「韓国岳に行
こう」と考えた  11月11日に白鳥山~六観音御池を周回したときには桜島方面が
霧のため見えなかったので、体力補強を兼ねて韓国岳に遊びに行くことにした

 早朝のベッドで行うストレッチは、両手の指~耳~頭部~両足( 特に足首と指 )を
撫でたり、揉んだり、引っ張ったり、叩いたりする   その後下腹部の丹田に息を吸
い込むと意識しての腹式呼吸    腹式呼吸では、丹田に息を吸い込む時に内臓
も下腹部に引き下がる   次に、口を細めて息を20秒~30秒かけて吐き出すと、
内臓が引き上げられることにより内臓のマッサージが行われ、腹筋が収縮して硬く
なるので筋肉が鍛えられる   これは、両手をついて行う腹筋運動より楽な運動だ   

 何時からこのようなストレッチを始めたのか忘れたが、ストレッチの方法は最初の
頃から今日まで、追加した項目や一部変更(改良?)したものもある    また、そ
の日の体調などに応じて回数を増減することもある   決して無理はしないで、
気持ちが良い状態で終わることにしている

 ストレッチが終わると、起床してうがいをした後にコップ一杯の水を飲む   以前
はその後で生ロイヤルゼリーを食べていたが、3か月前から止めている   
 
 トイレを済ませると郷里の大分から取り寄せる「黒大蒜」を食べ、皮付きのリンゴ
を食べると、朝食になる    朝食は、先ず具沢山の味噌汁を食べ、次に玄米混
入のご飯と梅干し、ショウガの黒酢漬け、その他の漬物を食べる    朝食が終
わると、「 黒酢のお湯割り 」を呑んで朝の行事が終わる

 急な思いつきで韓国岳に行くことになったので、自宅を出るのが遅くなった
 11時前にえびの高原に着き、登山口近くの県道は駐車、停車、歩行も禁止され
ているので、500円を払って駐車場に車を停めた     駐車している車は5~6
台と少なかった

 登山口から2キロ~3キロ程鹿児島方面に下った自然保護官事務所の近くか
ら登山道に入り、のんびり、ゆっくり久しぶりの韓国岳登山を楽しんだ

 頂上手前から、山友の郷土・桜島の頂上付近が見えだしたが、今日も霧が深か
った   

 頂上からは、中岳~御鉢~高千穂峰が見えるが、中岳では今も小さな噴煙が出
ていた   報道によれば、先日御鉢からも噴煙が出たそうだ   霧島は火山だ

    2016年12月
                                        風

※ 写真はクリックすると拡大する
※ もう一度クリックすると更に拡大する写真もある


登山口に近い県道・小林えびの高原牧園線は、駐車・停車・歩行が禁止されている

有料駐車場に駐車している車は少なかった

登山届を出した人

四合目   標高 1,450m

五合目

五合目の案内板

六合目  標高 1,570m

七合目

八合目   標高 1,640m

遠くに桜島の頂上付近がかすかに見える

韓国岳では階段か岩場が多く、このような登山道は少ない

九合目

韓国岳頂上 1,700m

中岳~御鉢~高千穂峰

下山後に有料駐車場横の県道「小林えびの高原牧園線」から韓国岳を眺めた
                          p
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大銀杏と庭の花 | トップ | 行縢山の9合目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿