こころの星旅。

ワークショップ「星の曼荼羅」7月の開催は7/10(日)、28日(木)です☆

【ご案内】7/10 ホロスコープ&曼荼羅アートWS 「星の曼荼羅」

2016-06-26 | ワークショップのご案内

 

ホロスコープ&曼荼羅アート ワークショップ
「星の曼荼羅」


ホロスコープは心を映しだした天球図、
曼荼羅アートは自分の本質を知る内観アートです。
あなたが生まれた瞬間の惑星の配置(ホロスコープ)を
曼荼羅アートに刻みこみ、宇宙のなかの「わたし」を感じてみませんか?
あなただけの特別な星の曼荼羅をつくりましょう☆


曼荼羅アート   心*花( kokohana)
http://s.ameblo.jp/ohisama212/

ホロスコープ    愛 ai 
http://blog.goo.ne.jp/sometimewhere/

はじめにホロスコープについてお話いたします。
星の曼荼羅はコースターサイズ、
あらかじめ周りは出来上がった状態なので
パステルが初めての方も絵が苦手な方も気軽に描いていただけます。
中央部分にお好きな色を入れて頂きお花(地球)を描きます。
ホロスコープをもとにスワロフスキーで惑星を飾りましょう♪
 

     
 

日時 7月10日(日)13:00~15:00 

場 所:ひだまり
北九州市小倉南区上葛原1丁目9-9
ロイヤルグリーンハイツ208号 (サンリブシティ小倉向かい側)

料金 3,200円
お申込み・お問い合わせ:090-9582-9663
Kunimura.atoriesora@gmail.com

※ホロスコープを作成致しますので、お申し込みの際に出生年月日、
お分かりでしたら出生時間もあわせてお知らせください。

定期的に開催しています。
今後の開催予定日は7月28日(木)です。
よろしくお願いいたします☆  

 
Comment

夕焼空

2016-06-25 | 


 

 

Comment

E.T.

2016-06-24 | 映画

懐かしい映画をふたたび。

 
 
 

 

自転車が宙に浮いて太陽や月を横切るシーンの
驚きと喜びはあの頃とまったく変わらない!
E.T.の優しい眼差しに心やられちゃいます。
恐れや不安から未知の存在を攻撃する大人たち、
そして、好奇心や愛情から近づいていく子どもたち。
わたしたちは自分の内側で感じている世界を生きている、
そのことを教えてくれているように思いました。
永遠の名作です。

Comment

6/20 満月 Full Moon

2016-06-20 | 星暦

6月20日  20時02分  満月@射手座

Comment

プラハの天文時計

2016-06-17 | 

チェコへ旅した時の思い出写真をいただきました。
プラハの旧市街広場にある天文時計です。
素敵〜いますぐ翔んでいきたい


 

 

Comment

6/12 WSありがとうございました☆

2016-06-13 | ワークショップのご案内

6/12 ホロスコープ&曼荼羅アートワークショップに
ご参加いただき、ありがとうございました。
新たに個性豊かな星の曼荼羅が誕生しました☆



天球の中心にある地球に"わたし"を彩色したり、
人生のメインテーマとなる太陽から深い変容エネルギーを司る冥王星まで、
生まれた時の星を12星座に自ら配置することで、
ホロスコープが固有の魅力で輝きはじめます。



今回は「多面的なあらゆる自分を享受する」と星のメッセージ。
できあがった星の曼荼羅もキラキラと輝いていました♪


次回の開催予定は6月22日(水)です。

http://blog.goo.ne.jp/sometimewhere/e/bef044d88f829ca1f258b818553eaa31
よろしくお願いします

Comment

【ご案内】星カフェ☆こころの星旅。お話会@アトリエsora

2016-06-11 | ワークショップのご案内

毎年恒例となりましたアトリエsoraさんでの星カフェお話会。
今回は星や宇宙や心について、当日のアンテナにあわせて進めていきます。
みなさんと楽しく豊かな時間をご一緒できますように。
ご参加を心よりお待ちしております☆



~星カフェ☆こころの星旅。お話会~

遙か昔から、天空に輝く星々とわたしたちの心には
深いつながりがあると考えられてきました。
今回の星カフェでは、ホロスコープ(誕生時の天球図)を中心に、
星座や、星や、宇宙についてお話します。
ホロスコープがはじめての方も大歓迎です♪
一緒に、こころの星旅にでかけましょう

 


日 時:7月7日(木)13:30~15:00
場 所:アトリエSora 下曽根店
           福岡県北九州市小倉南区下曽根1-7-2-2F
           http://ameblo.jp/atoriesora/

受講料:3,200円(ケーキセット付)
申込み:093-472-8566
s.atoriesora@gmail.com までよろしくお願いいたします。
ご予約の際は「星カフェ」とご記入ください。

Comment

体感する地球儀・天球儀展 @ BnF×DNPミュージアムラボ

2016-06-08 | 



BnFフランス国立図書館 × DNP大日本印刷による
地球儀・天球儀3Dデジタル化プロジェクト

ということで、
歴史的に貴重な地球儀・天球儀の展示に加えて
関連展示作品の3D画像を回転・拡大したり、
天球儀のヴァーチャル体験など先端技術による体験型展覧会でした。
前期と後期にわかれていて、いまは後期。
前期ではフェルメールの名作「地理学者」と「天文学者」に
描かれた地球儀や天球儀が展示されていたそうです。
一番魅力的だったのは、18世紀に存在した天球儀の中心に入り込んで、
足元から天空まで360度ぐるりと星座を観察することができるヴァーチャル体験。
まるで、あの頃の自分とつながったみたい。
素直に「すごい!」のひと言、無邪気に興奮しました


フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展
前期 2016.2.16 ~ 5.22 後期 2016.6.3 ~ 9.4
DNP五反田ビル http://museum lab.jp/bnf
*観賞無料、予約制です。

Comment

風(双子座)の新月に

2016-06-05 | 

流れる雲を越えて空旅へ。

Comments (2)

6/5 新月 New Moon

2016-06-05 | 星暦

6月5日 12時00分 新月@双子座

Comment

2016 June

2016-05-31 | 星暦

6月 5日  新月 双子座
6月13日 水星 双子座~
6月14日 海王星 魚座(逆行開始)
6月18日 金星 蟹座~
6月20日 満月 山羊座
6月21日 太陽 蟹座~
6月30日 水星 蟹座~
6月30日 火星 蠍座(逆行終了)

Comment

ミュシャ展 アール・ヌーボーの華

2016-05-25 | 



長崎県美術館で開催中のミュシャ展へ。

 一番のお目当はもちろん「黄道十二宮」
美しい女神の周りに12星座(黄道十二宮)のマークが描かれている作品です。
 
ミュシャの作品ではよく目にする星の形、
ふわっと柔らかい雰囲気だなぁと思っていました。
よく観ると、ほぼ6芒星なんですね。
ごく稀に5芒星もみかけますが、それでも4、12と偶数が多い。
 
奇数は男性性、偶数は女性性を象徴しているので、
あえて偶数を選んでいるのかなぁと思ったり。
 
どうなんだろう?
ミュシャにお尋ねしたい気分になりました
 
 
 
 
 
ミュシャ展 アール・ヌーボーの華   
2016年04月02日(土) ~ 2016年05月29日(日)
長崎県美術館   http://www.nagasaki-museum.jp/


Comment

5/21 WSありがとうございました☆

2016-05-23 | ワークショップのご案内

5/21 ホロスコープ&曼荼羅アートワークショップに
ご参加いただき、ありがとうございました。
新たに個性豊かな星の曼荼羅が誕生しました☆


 

今回は佐賀や直方、遠方からご参加いただきました。
偶然にも太陽がおなじ星座、ほかの惑星にも似ている要素が多々あり、
お互いに『そうそう!わかります~!』と共感なさっていました。
星の曼荼羅を通して心が解放されいく様子が伝わってきて、嬉しかったです

 

 

次回の開催予定は6月12日(土)、6月22日(水)です。
よろしくお願いします☆

Comment

5/22 満月 Full Moon

2016-05-20 | 星暦

5月22日  6時14分  満月@射手座

Comment

9次元からきた男 @ 日本科学未来館

2016-05-18 | 



日本科学未来館で上映中の3Dプログラム
「9次元から来た男」を観てきました。
「理論物理学者が見ている究極の景色を、
最新の科学データと仮説をもとに映像化」した作品。

ストーリーの基盤となる"超弦理論"については
難しくて理解できていませんが、
多次元やパラレルワールドについては"わかる!"
という心境だったので充分に楽しみました。

この世は過去、現在、未来の直線方向ではなく、
すべてが同時に存在している、としたら!?
ワクワクする~





日本科学未来館

~9次元からきた男~
素粒子の世界から最果ての宇宙まで、次元を超えた旅が今、始まる。

https://www.miraikan.jst.go.jp/sp/9dimensions/

Comments (2)