こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

せーの、キャッスル!キャッスル!~小机城

2016-11-12 07:51:49 | 「お城へ行こう!」

「中島卓偉のお城へ行こう!せーの、キャッスル!キャッスル!」(tvk)

毎週、録画して楽しみに観ています。

(⇒「せーの、キャッスル!キャッスル!」)

 

たいていは、城(跡)を目指して山道をひたすら登る、ハイキング映像ばかり。

これ、知らなければ、お城の番組だとは思えませんって。 笑。

 

というのも・・・・・・

 

(このあたりは農業都市でもある横浜らしい雰囲気。

日産スタジアムは、すぐ近く)

 

 

再建も含め、天守閣のそびえるお城はさておき、

城跡ならば、ニッポン全国、津々浦々、

あちこちに散らばっているんですよね。

 

明治の廃城令で、各藩に一城ずつあったお城は全て壊されたせいもありますが

それ以前、中世から戦国時代の城は

徳川幕府の一国一城令によって廃城に・・・

 

近世には既に城跡となっていた場所が、

現代、宅地化の波に押されながらも

とりあえず残されています。

 

夫がスタンプ集めにいそしむ「日本100名城」にも

こういった城跡が含まれておりまして・・・

私もいくつか周ってきました。

 

これが、なかなか難しいお題なんですよね~

な~んにもない、小高い丘を歩いている気にしかなれない・・・

しかも、私、登りが大の苦手なんですけどっ!?

 

なんだかなぁ・・・・・・

 

(かつての土塁は、今、竹林に・・・・)

 

 

そんなとき、卓偉さんと出会いました!

 

卓偉さんは、松本城のようなお城ではなく、

たいていは城(跡)の山道(けもの道?)を

お洒落なスニーカーで、ずんずん登っていきます。

 

いや、山道といっても、本当に長野の山へ、なんてこともありましたが、

八王子の滝山城や、横浜の茅ヶ崎城のように

先ほど触れた、住宅街が迫っている、城跡へもお出かけです。

 

以前の私なら、難しいお題のはずでした・・・

 

(空堀)

 

 

ところが・・・

 

この番組を観はじめ、卓偉さんと同行カメラマンによるおしゃべりを聴き、

時折テロップに流れる、解説を読んでるうちに・・・

私も、無性に城(跡)を歩きたくなってきました。

 

そっか~~、お城(跡)って、こんな風に歩くんだ~♫

 

(土橋)

 

 

・・・ということで、先週、手近なところでお城(跡)めぐりをしてきました。

 

本日の画像、横浜市港北区の小机城です。

卓偉さんのお出かけになった茅ヶ崎城は、以前出かけたことがあるので・・・

第三京浜を通るたびに気になっていた、こちらへ。

 

(二の丸。冒頭は本丸。どちらも断定はできないとのこと)

 

 

中世の城は、その歴史も含め、わからないことが多いのですが、

小机城も不明なことばかりです。

 

築城は、おそらく、このあたりが上杉家に支配されていた12世紀以降、

一時廃城になったものの、北条傘下に入り、再興。

豊臣秀吉の小田原征伐で北条氏が滅ぶと・・・小机城は再び廃城となりました。

 

小田原征伐が1590(天正18)年ってことは・・・

築城から完全な廃城まで約400年。

そこから現代までが、同じく400年でしょう・・・?

 

歴史の重みを感じます。

辺りの風景が変わっても、ずっとここに存在していたのだなぁと・・・・

 

(すぐ下は第三京浜、向こうに日産スタジアムが見える)

 

 

こういった歴史的な部分では、以前から楽しんでいたのですが・・・

最近は、城の縄張りにも興味が出てきています。

 

小机城では

「あ~、これが土橋だね!」「おお~っ、見事な土塁!」と、

声をあげてられるようになりました。

  

で、当時を「イマジン(想像)し、ニヤニヤ」しています♫

 

これ、全て卓偉さんのおかげです。

 

(第三京浜で分断された側にある「富士仙元」からは

富士山が見えたのだろう。塚が建立され、富士山信仰の名残と思われる)

 

 

今日の放送は、大和郡山城・・・

楽しみ、楽しみ・・・

 

・・・ということで

 

「せーの、キャッスル!キャッスル!」

 

 

 本日の画像はスマホで撮影したのですが

城跡って、写真にしても、なんだかわからないんですよね 笑。

(腕が悪いんだろ~~!サ~セン)

 

第三京浜に分断された雰囲気を出したかったのですが

うまく撮れていなくて、がっくりいています・・・

「イマジン」できない画像で、失礼いたしました。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 長崎、西坂で中浦ジュリアン... | トップ | 長崎、キリシタンの里・外海へ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
録画予約しました (hiroべ)
2016-11-12 14:44:05
そういえば、この番組は前にご紹介いただきましたね。
その時、tvkは東京じゃない、予約できるか?
などと思っただけで、そのまま忘れてしまいました。
この記事で、早速予約しました。
結果は来週ですが、tvk東京でも見れるんですかね。

楽しそうな番組ですよね。
つられて、同じ雰囲気を現場で味わうのも楽しそうです。
今は地方回りになっていますが、地形愛好家のタモリさんの
ブラタモリ、首都圏編はDVDに残っています。
あれも同じような番組で、あれを観ると、同じところを巡って
みたくなります。
次の首都圏散歩は、キャッスル!キャッスル!を観てになるかも
しれません。

↓の記事
26聖人の話題はバスガイドさんからもチラッと出ていました。
ぴあ乃さんのお話でよく分かりました。ありがとうございました。
次回の長崎旅行では専属ガイドでお願いしたいですね。
hiroべさま (ぴあ乃)
2016-11-12 21:49:38
ふふふ、ぜひ次の長崎へのご旅行では、ぜひ私設ガイドどしてご指名ください。
お安くしておきますよ~笑。
・・・ということで、前記事もお目通しいただき、どうもありがとうございます。
またボチボチ長崎、外海に移すつもりですが、おつきあいくださいませ。

うちでは東京mxテレビが観られますけれど・・・
以前は観ていた千葉テレビは観られなくなりました。
tvk、ご覧になれると良いですね。
卓偉さんの城あるき、肩の力が抜けていて良い感じです。
「ブラタモリ」は、タモリさんがちょっと苦手なので
観ていないのですが、チラ見した限りでは、
NHKの「趣味どき」のお城編に似ているかもしれません。
歴史マニアのお笑い・松村さんがお城めぐりをしていますが・・・
薀蓄ネタにつながっていくのがそんな気にさせます。
卓偉さんは、素人さんが本当にただ歩いているだけです 笑。
がっかりなさるかも~~その時はお許しを。
Unknown (こむぎ)
2016-11-12 22:11:09
ぴあ乃さんこんばんは^^
現存するお城ばかりでなく
城跡をめぐり
そこから見えてくるものを楽しめるなんて
深いな~(^^♪
少し前「趣味どきっ」というNH○の番組で
千田嘉博さんがお城について解説されているのを
時々見ていたのですが
とても興味をそそられました。
お城、城跡から見えてくるものを
たどりながら歩くのがいいですね。

ぴあ乃さんの画像から
当時の築城の工夫や戦略、苦労が伝わってきますよ~
こむぎさま (ぴあ乃)
2016-11-14 09:49:29
お返事が遅くなり失礼いたしました。

「趣味どきっ!」、夫が観ているので
隣りで観ていますが、千田先生の解説がわかりやすいですね。
そういえば、先生は大河「真田丸」の真田丸の城郭交渉もなさっていましたね♪
実は、この週末も城跡を歩いてきたのですが、
この番組で、しっかり予習復習をし、
さらに「真田丸」を観て、大変勉強になりました 笑。

歴史は大好きでしたが、近現代ばかりだったのに
今、我が人生で最大の戦国史モードが到来中です。
いろいろ知りたいことがたくさんあるって幸せなことです~♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。