こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

草間彌生展「我が永遠の魂」

2017-04-19 06:39:00 | ちょこっとお出かけ

前記事、国立新美術館(乃木坂)で

ミュシャ展の「スラブ叙事詩」を堪能した後は、

一階に下り、草間彌生展「我が永遠の魂」の鑑賞です。

 

う~ん・・・・・・

 

実は、「スラブ叙事詩」に夢中になり過ぎまして・・・

既にエネルギーを使い果たし・・・

アタクシ、虚脱状態・・・

 

 

なんと・・・

ミュシャの三分の一にも満たない時間で

鑑賞終了!

 

しかも、一番、印象に残ったのは、作品よりも

入り口に掲げられていた草間氏のメッセージ

「私は描くことで、日々闘っている。私の一生は闘いだ・・・」と言う・・・。

 

このすさまじい・・・鬼気迫るかのような生きざま、

とても、米寿のお方の言葉とは思えません・・・

 

入り口にいたときが

一番、私は集中していたとも言えます・・・?

 

 

私の印象ですが、

草間彌生展の方が、ミュシャ展より混んでいる気がしましたし、

グッズも売れているように見えました。

 

年齢層も若いんじゃないかなぁ・・・

やっぱり、現代アートは若い世代に

好まれるのかもしれません。

 

 

・・・ミュシャ展で既に魂の抜け殻と化したアタクシながら、

会場では、やたら、キョロキョロ・・・

つい、夫に声をかけてしまいました。

 

「染ちゃんがね・・・草間彌生展に行きたいって、

ブログに書いていらしたの・・・

もしかして、いらしていないかしら~

 

「は?彼は今月、舞台が、ないわけ?」

 

・・・・おおっと!

 

夫、鋭いじゃん。

今月、染ちゃんこと、市川染五郎丈は歌舞伎座にご出演中です。

いくらなんでも、この時間は・・・舞台の真っ最中でいらっしゃるはず!

 

あ~、残念・・・

 

 

染ちゃんが、草間ファンとおっしゃるのは、

ブログのご記事では2009年からでした。

松本では、松本市立美術館をご覧になったようです・・・

 

本当にお好きなのね♪

 

いやいや染ちゃんではなくて・・・草間氏のお話!

 

・・・松本・・・そうなんです。

 

草間彌生作品は、これからも、松本(市立美術館)で見れば良いじゃん、

そんな気持ちがあって、ついつい集中力を欠いてしまいました。

(お腹も空いていたし・・・・・・)

 

 

市川染五郎丈初め、草間ファンの皆様、

本日は、くだらない話で、申し訳ございませんでした・・・・・・

どうぞ、お許しを・・・・・・

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ミュシャ展「スラブ叙事詩」 | トップ | 「ミーハー」って死語ですか!? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。