こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

ブログ、つらつら・・・

2017-03-21 07:37:52 | 日々のあれこれ

今日は、ブログ記念日でも何でもないのですが・・・

 

ただいま、年度末で、ただでさえ忙しいところ、

人が足りず、先月来、ほとんど出ずっぱりで働いています。

(さすがに、時間は短縮してもらっています)

 

そこへもってきて、岐阜の旅などへ出かけることになり、

身体が持つのかなぁ・・・と、内心不安でした。

 

案の定・・・

 

先週、金曜の帰り道、

やっと三連休と安心したせいか・・・

どっと・・・疲れが出て、動けなくなってしまいました。

 

やっとの思いで、家にたどり着き

なんとか復調・・・、日曜には父の墓参りには出かけられたものの

昨日は、また・・・ただただ、どんより・・・

 

もともと花粉症だったのですが、もはやもう、花粉症だか風邪だか

どちらなのかすら、わからない状況です。

今日は、医者に寄ってから出勤することにしました。

 

 

じゃあさぁ・・・

ブログを休めばいいじゃん。

 

私もそう思うんです。

ホント、バカ・・・

 

他人様には呆れられるかもしれませんが、

たったこの程度を書くだけで、実はものすごく時間がかかっています。

 

特に、歴史や文学が絡んでくると、

きちんとウラをとらないと気がすみませんで・・・

 

活字となった資料、あるいは自治体など公的機関のHPを

確認してからアップするので

なおさら時間がかかるのです。

 

その割には、誤字脱字やちょっとしたミスが多いので、

お恥ずかしい限り・・・(;^_^A

 

 

なんで、ここまでするのかなぁ・・・

この時間、かなり貴重なのに・・・

さすがに、今のように忙しくなると、我がことながら、呆れるばかり・・・。

 

 

 

ブログの書き手には、二通りあるような気がします。

自ら発信したいタイプと、

自分の備忘録のためのタイプ。

 

私は、間違いなく後者です。

 

向田邦子さんが『父の詫び状』(文春文庫)の

エッセイを書き始めたのは、

大病を患い、「遺書」のような気持ちからだったと、後におっしゃっています。

 

若い頃から、向田さんが大好きで、

エッセイにいたっては、ふとした瞬間に、

一文や場面が浮かんでくるほど、読み込んできました。

 

自分が大病し、体調が落ち着いて、ブログを始めてからは

畏れ多いことながら、向田さんの「遺書」であるエッセイと

我がブログを重ねていたところがあります。

 

 

最近、気づきました。

ちょっと変わってきたなぁと・・・

 

「遺書」ではなく、「手紙」。

未来の私へ宛てて、綴っているような気がするのです。

 

・・・あのね、このとき、ここに行ったの。

で、これに感動しちゃってねェ・・・

・・・この小説のここ、泣いたわぁ・・・

 

・・・私は、とっても幸せ。

だからね、未来のワタシは、その幸せの記憶を、たくさん抱えているんだよ

だから、きっと、頑張れるよ~!

 

・・・・・・そんな気持ちでいるのです。

 

この想いが、「未来のワタシ」にではなく、

もしかしたら、一人残るかもしれない夫宛てだとしたら?

ね、「遺書」な感じになっちゃいますよね。

 

 

ブログを続けることも、さんざん迷いました。

結局、続けると決めたのは、旅や本の記憶を

未来のワタシに伝えたいからに、他なりません。

 

こんな風に考えられるようになったのは、

私が今、自分の未来を、信じられているから・・・

元気の証・・・ありがたいことです。

 

 

そして・・・もうひとつ・・できうるなら、私のブログをきっかけに

本を読んでくれる人が、一人でもいらしたらいいな・・・

そんな気持ちもあります。

 

ま、これは、今の場合、ちょっと置いといて・・・

 

 

それなら・・・

ブログにする必要ないんじゃない・・・?

日記帳につづれば良いこと・・・そうも考えました。

 

ブログなら、半永久的に残すことができますよね。

けれども、日記帳は、災害に見舞われた時

失ってしまうこともあるでしょう?

 

だから、ブログ。

 

もちろん、コメントをいただくことで

自分にはなかったご意見や考え方に、はっとさせられ・・・

良い刺激をいただいております。

 

ブログを公開する以上、

まるでご反応がなかったら、さすがに哀しいですもんね。

 

そんなひとりよがりのブログに

日々、お付き合いくださる皆様に、

心から感謝を・・・

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

今、体調が悪いこともあり、

ちょっと心が弱くなっているようです。

 

本当は、関ヶ原や、夫と夢中になっている戦国史のことを綴りたくて・・・

いつもだったら、そうすることが気分転換になって、元気が出るのに・・・

時間的にも、精神的にも、今朝は、ちょっと厳しい。

 

・・・ということで、弱音、吐きました。

 

こんなグチグチにまで、おつきあいいただき、

本当に申し訳ございません。

 

コメントのお気遣いは、ご遠慮しますね。

 

明日は、きっと元気!

 

 冒頭は春蘭。

毎年、母の庭で楽しみにしています。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 関ヶ原を歩く・前篇 | トップ | ぼた餅で実感したのは・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。